山手線の中ではやや存在感が薄い五反田ですが、ツウ好みのおもしろいスポットがたくさんあります。また、駅前は雑多な印象ですが、実はこの街、山のほうに行けば、古くからの高級住宅街があるのです。

それから、五反田といえは外せないのがTOC(東京卸売センター)。地下3階、地上13階建てのビルの中にはさまざまな商業施設や展示ホールなどが入っています。駅からちょっと離れていますが、服や雑貨などのお得な掘り出し物に出合えるかも!?

この記事の目次

五反田ふれあい水辺広場・さくらテラス五反田

「五反田ふれあい水辺広場」は、東五反田2丁目の再開発のときに整備された気持ちのいい公園。隣接する「さくらてらす五反田」は、カフェやギャラリーなどが入った施設で、どちらも目黒川のほとりという好立地です。

 

「さくらてらす五反田」に入店するイタリアンレストラン「EL TRES(エル・トレス)」は子連れのファミリー客も多く、アットホームな雰囲気の中で食事が楽しめます。ギャラリーではさまざまワークショップやイベント・展示が行われているので、事前に情報をチェックしておでかけしてみては?


7c18687ec4fe0c32

ねむの木の庭

「ねむの木の庭」は、皇后美智子様のご実家、旧正田邸の跡地に造られた公園です。「ねむの木」の名は、美智子様が高校生時代に作詞した「ねむの木の子守歌」という作品にちなみます。

 

園内には、イギリスのディクソン社が美智子様に献呈したバラ「プリンセス・ミチコ」のほか、ゆかりの木や花が多数植えられ、四季折々の表情を見せてくれます。「プリンセス・ミチコ」の見ごろは毎年5月初旬ごろ、ねむの木は、6~7月です。

65e815a871546d95

池田山公園

「池田山公園」は、江戸時代の旧岡山池田藩の下屋敷を整備して造った公園です。湧き水をたたえた池を中心にした緑豊かな庭園ですが、ただ美しさを眺めるだけでなく、園内を歩いて回りながら鑑賞できるという楽しみがあります。こういう形式の庭園を「回遊式庭園」と呼び、江戸の大名庭園にはよく見られるスタイルです。

 

池には石造りの橋が架かり、雪見灯籠も置かれ、いい風情。優雅に泳ぐ鯉も環境がいいのか巨大化して、元気に泳ぎまわっています。

C0dd96475d6b0b9e

五反田TOCビル

五反田駅からちょっと離れていますが、五反田のランドマークはいつの時代も「TOC」。正式名称は「東京卸売センター」という通り、卸売・問屋・小売・メーカーなどが入店し、さまざまな商品の卸売りが行われるところ。基本的には業者専用施設ですが、3月・6月・9月・12月の年4回開催する大セール「徳の市」には誰でも参加可!

                                                 

また、地下の飲食店街がレトロでいい感じなのです。古くからある喫茶店も魅力ですが、埼玉県民のソウルフード「山田うどん」も出店し、山田うどんファンを沸かせています。

6d616f86895082e8

五反田文化センター

図書館や音楽ホールのある、なんの変哲もなさそうな区の施設ですが、「五反田文化センター」がすごいのは、プラネタリウムがあること。建物の5階がプラネタリウムとなっており、1969年オープンと歴史は長いのに、360度の映像が映せる全天デジタルシステムを完備。リアルな星空を体験できると好評です。

入場料は大人200円と超リーズナブル。3歳以下は無料です。

※実施日時を確認してからお出かけください。

2852c173c073b233