咲き始めてから徐々に色が変化していく様子から、あじさいの花言葉は「移り気」、別名は「七変化」あるいは「八変化」と呼ばれます。次々と色が変化する要因は土壌の酸性度で、酸性なら青、アルカリ性なら赤になると言われています。
今回は、雨の日であっても傘をさして日帰りでも見に行って損のない九州のあじさいスポット5つをご紹介します!

この記事の目次

【長崎】おしどりの池

湖面と空とあじさいと緑の4色のコラボレーション

「おしどりの池」は長崎県雲仙市にある周囲2.7kmの人口湖。初夏には10,000本のあじさいが咲き、天気の良い日には湖面が美しいエメラルドグリーンに染まり、まさに絶景。

池の周辺は遊歩道になっているので、ウォーキングで散策しながらあじさいと緑と湖面と空による4色のコラボレーションを楽しんでみてはいかがでしょうか?雲仙温泉も近く、宿泊もおすすめの名所です。

Eaed1e1a39a6609d

【見頃の時期】

6月上旬~7月上旬


【あじさいの数】

約10,000本


【住所】

長崎県雲仙市小浜町雲仙


【アクセス】

電車: 

JR「諌早駅」からバスで約80分


【宮崎】桃源郷岬

日向灘を見下ろしながら200万本のあじさいを眺める絶景!

907f998f2f64f6bd

「桃源郷岬」は、宮崎県東臼杵郡門川町の遠見半島にあるあじさい園。東京ドーム4つ分の広さを持ち、見頃の時期には18,000株・200万本ものあじさいが咲き乱れます。あじさいの絶景スポットとして、県内外から多くの観光客が訪れる名所になっています。

30f5294cc82b13fc

見頃の時期

5月下旬~6月下旬


【あじさいの数】

2,000,000本


【営業日】

  • あじさいの時期:5月下旬~6月末
  • 桃の時期:3月中旬~4月上旬

【営業時間】

9:00~17:00


【料金】

  • あじさいの時期:600円(中学生以上)
  • 桃の時期:500円(中学生以上)

【住所】

宮崎県東臼杵郡 門川町庵川


【アクセス】

電車: 

JR日豊本線「門川駅」から車で約10分

車:

国道10号・門川町加草交差点から県道224号に入り約20分


【URL】

http://www.tougenkyo.jp/index.html


【鹿児島】東雲の里 あじさい園

10万本のあじさいが山に沿って咲き乱れる日本最大級のあじさい園

F618904f82e33a0c

「東雲(しののめ)の里あじさい郷」は、鹿児島県出水市にある、山の起伏をそのまま生かして遊歩道まで整備した50,000坪の大庭園。毎年6月中旬ごろには、160種・100,000本のあじさいが見頃を迎える、日本最大級のあじさいの名所です。


また、陶芸家である園主の作品を展示したギャラリーのほか、食事やお茶ができる茶屋もあり、日常の忙しさを忘れあじさいを眺めながらゆったりと過ごすことができる空間です。

32dc9bebebdb4298

【見頃の時期】

6月上旬~6月下旬


【あじさいの数】

100,000本以上


【営業期間】

6月上旬~6月下旬


【営業時間】

9:00~17:00


【料金】

中学生以上500円


【住所】

鹿児島県出水市上大川内2881


【アクセス】

電車: 

JR・肥薩おれんじ鉄道「出水駅」からタクシーで約25分

車:

①南九州自動車道「葦北IC」から出水方面に約40km

②九州縦貫自動車道「人吉IC」から大口・出水方面に約40km


【URL】

http://www.nippon-no-ajisai.net/index.html


【佐賀】大聖寺

1,300年以上の歴史のお寺は別名「あじさい寺」

A8e05b46254e0a94

佐賀県武雄市北方町の杉岳山の標高350mにある「大聖寺(だいしょうじ)」は日本三大不動尊のひとつ。和銅2年(709年)に行基が開基したもので、不動明王と脇立二童子を安置しています。


大聖寺は別名「あじさい寺」と呼ばれ、毎年6月上旬から7月上旬にかけて、境内一面に約40種・約5,000株の色とりどりのあじさいが咲き誇り、また毎年6月上旬から6月下旬までは「あじさいまつり」も催される、あじさいの名所になっています。

84f10159b527eb85

【見頃の時期】

6月上旬~7月上旬


【あじさいの数】

約5,000株


【あじさいのイベント】

あじさいまつり

例年6月上旬~7月上旬 9:00~18:00


【料金】

美化協力金:大人(中学生以上)200円、小人100円


【住所】

佐賀県武雄市北方町大字大崎6694


【アクセス】

電車: 

JR佐世保線「武雄温泉駅」からタクシーで約20分

車:

長崎自動車道「武雄北方IC」から伊万里方面へ15分


【URL】

http://www.takeo-kk.net/sightseeing/001289.php


【福岡】千光寺

栄西がひらいた禅院で約7,000株のあじさいが咲き誇る

福岡県久留米市の「千光寺」は、栄西がひらいた禅院で、毎年6月ごろから約7,000株のあじさいが咲き誇ることからこちらも「あじさい寺」として親しまれているあじさいの名所です。

あじさい祭りも開催され、色鮮やかなあじさいを祭りの中で堪能することができます。

27873501e8bd96c7

【見頃の時期】

6月上旬~7月上旬


【あじさいの数】

約7,000株


【あじさいのイベント】

あじさい祭り

例年6月上旬~7月上旬 8:00~18:00


【あじさいのイベント料金】

高校生以上 300円、小中学生 100円


【住所】

福岡県久留米市山本町豊田2287


【アクセス】

電車: 

JR鹿児島本線・西鉄天神大牟田線「久留米駅」から西鉄バス25番等利用「山本コミュニティセンター前」又は「柳坂」下車、徒歩で約10分


【URL】

http://www.kurume-hotomeki.jp/event/?mode=detail&id=400000000400


いかがでしたか?

今回は、九州各地にあるあじさいの名所の中から5つご紹介しました。あじさい越しに、梅雨の時季だからこそ出会える幻想的な景色を見て、日常をほんの少しだけ忘れてみませんか。今回の記事を参考に訪れてみてくださいね!