鍾乳洞は長い年月をかけて出来上がった天然の造形美を楽しめ、ちょっとした冒険気分を味わえる癒しスポット。ひんやりとした鍾乳洞は夏のお出かけ、観光にもおすすめ。東京にある鍾乳洞から、日本三大鍾乳洞まで、美しくて話題の鍾乳洞を5つご紹介します。

1 東京 日原鍾乳洞
2 岩手 龍泉洞
3 福島 あぶくま洞
4 岐阜 飛騨大鍾乳洞
5 岡山 満奇洞

この記事の目次

【東京】日原鍾乳洞

都内から近い!奥多摩にある人気の鍾乳洞


規模は埼玉県秩父市の「瀧谷洞」と並び関東で最大級の日原鍾乳洞。東京都西多摩郡奥多摩町の日原鍾乳洞は、かつては山岳信仰で栄え、現在も東京の人気観光地として毎年多くの人が訪れます。洞内巡りの所要時間は約40分、つらら状に垂れ下がる鍾乳石は200年以上の年月をかけて現在の姿になります。

※瀧谷洞は現在公開されていません。

0abe43f3c9d7e7b5

数々の石柱が乱立する様子はまるで別世界。年間を通して11℃前後の日原鍾乳洞内は、ひんやりとしていて夏のお出かけにぴったり。平日はJR青梅線「奥多摩駅」から路線バスでおよそ30分「日原鍾乳洞」下車後、徒歩5分です。東京都内からのアクセスが良いのも人気の理由です。

3ccd592fcb93e0ac

日原鍾乳洞

【場所】東京都西多摩郡奥多摩町日原1052


【営業期間】

1月4日~12月29日(年末年始休業12月30日~1月3日)

【営業時間】

・4月1日〜11月30日 8:00〜17:00

・12月1日〜3月31日 8:30~16:30


【入場料金】

・大人(高校生含む)700円

・中人(中学生)500円

・小人(小学生)400円


【アクセス】

①バス

・平日 日原鍾乳洞行終点下車、徒歩約5分

・休日 東日原行終点下車、徒歩約25分

②車

・中央高速「八王子IC」から約90分

・奥多摩駅前交差点から約20分


【駐車場】

・鍾乳洞入口付近駐車場(台数が少ないため混雑する恐れがあります)

・臨時駐車場等 鍾乳洞から2km


【駐車場整理整備費】

・土日・祝日・ゴールデンウィーク・8月中

・夏季 混雑時等交通整理員配置時 有料 3時間まで500円


【HP】

http://www.nippara.com/nippara/syounyuudou/syounyuudou.html


【岩手県】龍泉洞

日本三大鍾乳洞の1つ!透明度の高い地底湖は必見


日本三大鍾乳洞の一つとされ、洞内のコウモリと共に国の天然記念物に指定されている岩手県下閉群岩泉町の龍泉洞。

現在も調査が継続中で、未知の部分もまだまだ多く、総延長は5,000m以上ではないかと言われています。龍泉洞の8つの地底湖のうち3つが公開されており、世界有数の透明度を誇る地底湖は目の覚めるような美しさです。洞窟の外も整備されており、観光中も快適に過ごすことができます。

E26b1ce62de1b583

龍泉洞

【場所】岩手県下閉群岩泉町岩泉字神成1番地1

【営業時間】

・10月〜4月 8:30〜17:00

・5月〜9月 8:30〜18:00


【入場料金】

・大人1,000円

・小・中学生500円


【アクセス】

・車

岩泉町へのアクセス 盛岡から国道455号で約100分

・電車、バス

盛岡までのアクセス 東京から東北新幹線で約150分

岩泉まで 盛岡からJRバスで約110分


【駐車場】

・第一駐車場80台(龍泉洞から約400m)

・第二駐車場47台(龍泉洞から70m)

・新洞科学館前20台(龍泉洞から100m)

・大三駐車場295台(龍泉洞から500m)


【HP】http://www.iwate-ryusendo.jp/

【福島県】あぶくま洞

探検コースで冒険気分を味わえる!


およそ8,000万年という歳月をかけて創られた造形美は圧巻。福島県田村市滝根町のあぶくま洞は、全長600mの洞内を約40分かけて進んで行きます。洞内最大のホール「滝根御殿」、日本の鍾乳洞で初めて舞台演出用の調光システムが導入された「月の世界」など見どころがいっぱい。あぶくま洞で、もっと冒険気分を味わいたい!という人は、追加料金を支払うことで入場できる探検コースもおすすめです。狭いところをかがんだり、丸太の橋ごや飛び石を渡ったりして進んで行くので、大人もワクワクすること間違いなしです。

Db2f36db0facb61a

また、あぶくま洞の「入水鍾乳洞」では本格的な洞窟探検(ケイビング)が味わえます。

コースによっては、ほとんど手が加えられていない洞内を、10℃の冷たい水に膝まで浸かり、懐中電灯やろうそくの灯りを頼りに、鍾乳洞の隙間をくぐったり、よつんばいになりながら進んでいきます。

あぶくま洞

【住所】福島県田村市滝根町菅谷字東釜山1番地


【営業期間】年中無休

【営業時間】

・4/1~6/20 8:30~17:00

・6/21~9/30 8:30~17:30

・10/1~11/20 8:30~17:00

・11/21~3/13 8:30~16:30

・3/14~3/31 8:30~17:00 

※探検コースは営業終了1時間30分前までの受付となります。


【入場料金】

①入場料

・大人(高校生以上)1,200円

・中人(中学生)800円

・小人(小学生)600円

②探検コース

一般料金に追加 (団体割引なし)200円


【アクセス】

①車

・東北自動車道「郡山JCT」から磐越自動車道「小野IC」から約15分

・常磐自動車道「いわきJCT」から磐越自動車道「小野IC」から約15分

②電車

・JR東北新幹線「郡山駅」から磐越東線へ乗り換え「神俣駅」下車、タクシーで約5分

・JR常磐線「いわき駅」から磐越東線へ乗り換え「神俣駅」下車、タクシーで約5分


【駐車場】乗用車700台(無料)


【HP】http://abukumado.com/


入水鍾乳洞

【住所】福島県田村市滝根町菅谷字大六89-3

【営業期間】年中無休

【営業時間】

各コース・時期によって受付終了時間が異なります。

詳細につきましてはお問合わせください。

・3/1~11/30 8:30~17:00

・12/1~2/28 8:30~16:30


【入場料金】

①Aコース

・大人(高校生以上)550円

・小人(小・中学生)450円

②Bコース

・大人(高校生以上)700円

・小人(小・中学生)500円

③Cコース

・大人(案内は一回あたり5名まで)要予約 4,600円

・障がい者割引(Aコースのみ、1人当り)200円引


【アクセス】JR磐越東線「菅谷駅」からタクシーで約5分


【駐車場】有り80台(無料)


【HP】http://abukumado.com/

【岐阜県】飛騨大鍾乳洞

洞内以外も充実の観光スポット!


標高900m、観光鍾乳洞としては日本一高い場所に位置する岐阜県高山市の飛騨大鍾乳洞。洞内の平均気温は12℃と、真夏にもってこいの観光スポットです。洞内巡り以外の楽しみも充実しており、家族連れやカップルで楽しめるのもポイント。ペットを連れての観覧も可能です。コケの繁殖を防ぐための赤や青のライトが幻想的に洞内を照らす「竜宮の夜景」や、「愛深スポット」と呼ばれる地下トンネルなど、みどころ多数の観光名所です。

8f6aa99d34d1b52e

飛騨大鍾乳洞

【場所】岐阜県高山市丹生川町日面1147

【営業時間】

・4月〜10月 8:00~17:00(閉館17:30)

・11月〜3月 9:00~16:00(閉館16:30)

【入場料金】

・大人(高校以上)1,100円

・小人(小・中学生)550円

・飛騨大鍾乳洞・大橋コレクション館共通


【アクセス】

JR東海高山本線「高山駅」から濃飛バス30分「鍾乳洞口下車」送迎バス3分


【駐車場】バス20台、普通車300台(無料)

【URL】http://www.syonyudo.com/


【岡山県】満奇洞

様々な造形の鍾乳石が揃う観光スポット


映画のロケに使われ有名となった岡山県新見市の「満奇洞」。洞名は、昭和初期にここを訪れた歌人・与謝野晶子が「奇趣に満ちた洞」と激賞したところから名付けられたといわれています。全長約450mの洞内を約30分かけて巡ります。満奇洞内の「つらら石」や「カーテン」と呼ばれる板状の鍾乳石など様々な造形美とLEDによるライトアップが見る人を楽しませます。ファンタジックな雰囲気を醸し出す朱色の架け橋は絶好の写真スポット。恋人やご家族で楽しめる鍾乳洞です。

Ea8ad0beb56b6bca

満奇洞

【場所】岡山県新見市豊永赤馬2276-2

【営業時間】

①営業時間 8:30〜17:00(入洞は16:30まで)

②定休日 無休


【入洞料】

・高校生以上1,000円

・中学生800円

・小人500円


【アクセス】

①電車

JR伯備線「井倉駅」から「満奇洞」行きバスで約40分、終点下車

②車

中国自動車道「北房IC」から車で約20分


【駐車場】あり


【HP】https://www.city.niimi.okayama.jp/kanko/spot/spot_detail/index/3.html


いかがでしたか

LEDによるライトアップや、様々な形の鍾乳石など迫力満載の景観が人気の鍾乳洞。非日常と冒険気分を味わえるから、カップルや家族でのお出かけも盛り上がること間違いなしです。ひんやりとした夏のおすすめ観光スポットです。