梅雨は雨の日が続き毎日ジメジメとして、どうしても外出しづらい時季。でも、梅雨時期に見ごろを迎えるお花もあります。その中の一つが花菖蒲。花菖蒲の魅力は、その凛とした美しさ。
ここでは、北海道・東北地方でその美しさを楽しめる花菖蒲の名所・見頃を5つご紹介します!

この記事の目次

【岩手】毛越寺

平安時代の優美さに惹かれながら見る3万株の花菖蒲は絶景

0d5f3c01a3939f79

岩手県の平泉町にある「毛越寺(もうつうじ)」は、国の特別史跡と特別名勝に指定された、平安時代の優美な浄土庭園を持つ名所。この毛越寺の花菖蒲園では、300種・3万株の花菖蒲が咲き誇ります。


見頃の時期には、紫、白、黄色と色鮮やかに咲き乱れ、緑の濃い浄土庭園とのコントラストは、写真撮影にもおすすめです。

F7b8c38ba5e2c5f6

見頃の時期

6月中旬~6月下旬


【花菖蒲のイベント】

あやめ祭り

例年6月下旬~7月上旬


【拝観時間】

8:30~17:00(11月5日~3月4日は16:30まで)


【拝観料金】

大人 500円、高校生 300円、小中学生 100円


【住所】

岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58


【アクセス】

電車:

JR「平泉駅」から徒歩で約7分

車:

東北自動車道「平泉前沢IC」から約10分


【URL】

http://www.motsuji.or.jp/

【北海道】八紘学園花菖蒲園

期間限定公開の花菖蒲園は、緩やかな丘に10万本が咲き誇る撮影スポット

札幌市豊平区の「八紘学園花菖蒲園」は、見頃の毎年7月上旬から下旬にかけて2週間ほど有料で一般に公開される、知る人ぞ知る花菖蒲の名所。


450種・10万本もの花菖蒲が約2haの緩やかな丘に広がり、また1列ごとに異なる種類を植栽しているため、色のグラデーションも美しく写真撮影もおすすめです。また、八紘学園花菖蒲園の開園中は、学生の育てた花苗の直売もあります。

6da7ddf6ab9cb057

見頃の時期

7月上旬~7月下旬


【開園期間】

例年7月上旬~7月中旬


【開園時間】

8:30~17:30


【料金】

大人 400円、小学生 100円、シーズン券 500円


【住所】

北海道札幌市豊平区月寒東3条11丁目3


【アクセス】

電車:

札幌市営地下鉄東豊線「福住駅」から徒歩で約10分


【URL】

http://www.hakkougakuen.ac.jp/overview/gaiyoo/gakubu/kaki/hanashobu/


【福島】御殿場公園

歴代の会津藩主一家の行楽地だった公園で3万6,000株の花菖蒲

福島県喜多方市の「御殿場公園」は、歴代の会津藩主一家の行楽地でした。今では春は桜、初夏は60種・3万6,000株の花菖蒲、秋は紅葉と四季を通じて名所となっています。


見頃の時期に合わせ、6月15日から6月30日にかけて花しょうぶ祭りが開催され、御殿場公園は多くの方で賑わいます。

0d0a18e3efbb2657

見頃の時期

6月中旬~6月下旬


【花菖蒲のイベント】

花しょうぶ祭り

例年6月15日~6月30日


【料金】

入園無料


【住所】

福島県喜多方市塩川町御殿場4丁目17


【アクセス】

電車:

JR磐越西線「塩川駅」から徒歩で約10分

車:

磐越自動車道「会津若松IC」から約20分


【URL】

http://www.city.kitakata.fukushima.jp/soshiki/sangyo-s/6166.html


【山形】長井あやめ公園

市民により100年以上愛されている花菖蒲は日本でも有数の園

山形県長井市にある「長井あやめ公園」は、日本でも有数のあやめ園。明治時代に始まり、各時代の市民がこのあやめ園を大切にし守り続けてきた結果、今では500種・100万本の花菖蒲が咲き誇る名所に。


「長井のあやめ」として全国で知られ、見頃の時期には全国から観光客が長井あやめ公園を訪れるようになっているおすすめのスポットです。

91785789937ebfa6

見頃の時期

6月中旬~7月上旬


【花菖蒲のイベント】

長井あやめまつり

例年6月中旬~7月上旬 (一部夜間営業日あり)


【花菖蒲のイベント料金】

大人 500円、小人 200円


【住所】

山形県長井市横町5番


【アクセス】

電車:

山形鉄道フラワー長井線「あやめ公園駅」から徒歩で約2分

車:

山形自動車道「山形蔵王IC」から約60分

【宮城】多賀城跡あやめ園

650種・300万本ものあやめ・花菖蒲・かきつばたが咲き誇る

宮城県多賀城市の多賀城跡にある「多賀城跡あやめ園」。面積約21,000平方mの敷地に、約650種・300万本ものあやめ、花菖蒲、かきつばたが咲き誇る、宮城県屈指の名所です。


例年の見頃の時期となる6月中旬頃から7月上旬にかけては、「多賀城跡あやめまつり」も開催。多賀城跡あやめ園が、宮城の初夏の訪れを教えてくれ、まつりでは一部期間ライトアップもありおすすめです。

37f5cb139b949ac7

見頃の時期

6月中旬~7月上旬


【花菖蒲のイベント】

多賀城跡あやめまつり

例年6月中旬~6月下旬


【料金】

入園無料


【アクセス】

電車: 

①JR東北本線「国府多賀城駅」から徒歩で約5分 

②JR仙石線「多賀城駅」からタクシーまたはユーアイバス多賀城東部線で約10分 

車: 

三陸自動車道「多賀城IC」から約15分


【URL】

https://www.city.tagajo.miyagi.jp/kanko/shiseki/kanko/ayamematsuri/ayamematuri2018.html

いかがでしたか?

今回は北海道・東北にある花菖蒲の名所・見頃を5つご紹介しました。

梅雨どきは何かと家にこもりがちですが、見頃になったらぜひ外に出て、足を延ばせるエリアで北海道・東北の花菖蒲の名所までお出かけしてみたいところ。こちらを参考に花菖蒲を存分に満喫してください!