初夏から見頃を迎えてくる蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)。どちらも同じ水生の植物ですが、おおまかな違いを2つ挙げると、蓮の花は水面から茎をのばし高いところで咲き、睡蓮は水面近くで花を咲かせること。また、蓮の葉には切れ込みはありませんが、睡蓮の葉には切れ込みがあります。

そんな蓮と睡蓮、種類にもよりますが、見頃の時間帯はともに朝~午前中が多いです。今回は、気持ちのいい初夏~夏の朝に見に行けそうな、関西の蓮や睡蓮の名所・見頃のおすすめを5つご紹介します!

この記事の目次

【滋賀】草津市立水生植物公園みずの森の蓮・睡蓮

睡蓮の種類は100種類以上、オニバスに子供が乗れるイベントも

滋賀県草津市の「草津市立水生植物公園みずの森」は、琵琶湖に面した植物園。睡蓮の種類は100種類以上あり、夏の見頃には蓮、睡蓮、パラグアイオニバスなどが園内を彩る名所です。


また、8月下旬~9月上旬にかけてはパラグアイオニバス試乗会の子供向け試乗会(30kgまで)も行われており、家族連れにもおすすめです。


ほか、屋内施設の「ロータス館」では熱帯の睡蓮を中心に国内外の水生植物を集めており、草津市立水生植物公園みずの森では1年中花が楽しめます。

56c95eb6c0864b86

見頃の時期

  • 蓮:6月下旬~8月下旬
  • 睡蓮:6月~7月

【蓮・睡蓮のイベント】

パラグアイオニバス試乗会

例年8月の下旬~9月初旬の土日の午前中(詳細は公式サイトで要確認)


【蓮・睡蓮のイベント料金】

無料(入園料は別途必要)


【開園時間】

  • 7月中旬~8月中旬:7:00~17:00(最終入園 16:30)(アトリウムは16:30まで)
  • 11月~2月:9:30~16:00(最終入園 15:30)(アトリウムは15:30まで)
  • 上記以外の通常期間:9:00~17:00(最終入園 16:30)(アトリウムは16:30まで)

【休園日】

  • 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日が休園日)
  • 12月28日~1月4日

【入園料】

大人 300円、高校生・大学生 250円、小中学生 150円、未就学児無料


【アクセス】

電車:

JR「草津駅」西口から近江鉄道バス「琵琶湖博物館」行き乗車、「みずの森」下車。(約25分)

車:

名神高速道路「栗東IC」「瀬田西IC」「草津田上IC」から約30~40分


【URL】

http://www.seibu-la.co.jp/mizunomori/


【奈良】喜光寺の蓮

8世紀に建てられた寺の境内に80種の蓮の花

奈良県奈良市にある「喜光寺」は、養老5年(721年)に土地の寄進を受けた行基菩薩が翌年に建てた、非常に歴史のあるお寺です。蓮の花は1995年から境内で育て始め、現在は約80種250鉢まで増え、蓮の名所になりました。


喜光寺の蓮の開花時期は6月中旬〜8月上旬で、見頃の時期になると白やピンクの蓮の花が開きます。夏の朝の涼しさを感じつつ静寂の境内の中で癒されながら散策するのがおすすめです。

A84517f3bb8d9870

見頃の時期

開花時期:6月中旬~8月上旬


【拝観時間】

  • 通常:9:00~16:00
  • 蓮の開花時期の7月中の土日・祝日:7:00~16:30

※最終受付は16:00


【拝観料】

大人 500円、子供(小中学生) 300円


【住所】

 奈良県奈良市菅原町508


【アクセス】

電車:

近鉄橿原線「尼ヶ辻駅」から徒歩で約10分


【URL】

http://www.kikouji.com/


【京都】三室戸寺の蓮

本堂前は100種・250鉢の色とりどりの蓮が咲き誇る「蓮の寺」

京都府宇治市の「三室戸寺」は、西国観音霊場十番の札所で、本山修験宗の別格本山。四季おりおりの花も見られるので、「花の寺」とも言われており、6月に見頃を迎える「あじさい園」もおすすめです。


6月下旬~8月上旬頃には蓮園が開園。三室戸寺の本堂前は100種・250鉢の色とりどりの蓮が咲き誇り、その光景はさながら極楽浄土のようで「蓮の寺」とも言われる名所です。

9e19ca464bcf80b8

見頃の時期

6月下旬~8月上旬


【蓮園の開園期間】

6月下旬~8月上旬 8:30~16:30


【拝観時間】

  • 4月1日~10月31日:8:30~16:30
  • 11月1日~3月31日:8:30~16:00

【拝観料】

  • 平常:大人 500円、小人 300円
  • あじさい園開園期間中:大人 800円、小人 400円
  • あじさいライトアップ:大人 800円、小人 400円

【アクセス】

電車:

京阪電車「三室戸駅」から徒歩約15分

車:

京滋バイパス「宇治東IC」から約3分


【URL】

http://www.mimurotoji.com/

【大阪】万博記念公園の蓮・睡蓮

早朝からの蓮の見学と蓮の葉を使ってお酒を飲むイベントがおすすめ

F16dc39fcdc96150

1970年開催の「日本万国博覧会」の跡地に整備された、総面積約260haの公園の「万博記念公園」。園内にある日本庭園の「はす池」では26種・1,200株の蓮が咲き、睡蓮も日本庭園の「はす池」と自然文化園の「水車茶屋」で見られる名所になります。


特に蓮が見頃を迎える時期の6月下旬~7月中旬にかけては、早朝から蓮の開花を見る「観蓮会(かんれんかい)」が催されます。


また同期間に開催される、穴を開けた蓮の葉を持ち上げてお酒を注いで長い茎の先から飲む「象鼻杯(ぞうびはい)とハス酒の試飲会」というイベントもおすすめです。

6a8ddaf37228bd61

見頃の時期

  • 蓮:7月上旬~8月下旬
  • 睡蓮:5月中旬~7月下旬

【蓮・睡蓮のイベント】

  1. 観蓮会
  2. 象鼻杯とハス酒の試飲会

例年6月下旬~7月中旬


【蓮・睡蓮のイベント時間】

  1. 開門時間が6:00に
  2. 開催日の6:00から先着順(象鼻杯300名、ハス酒100名)

【蓮・睡蓮のイベント料金】

  • 1、2とも日本庭園・自然文化園共通の入園料は必要
  • 2の試飲会は無料

【通常の開園時間】

9:30~17:00(入園は16:30まで)


【休園日】

  • 毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は翌木曜日)
  • 4月1日からゴールデンウィークまで、10月1日から11月30日までの間は無休。

※園内各施設の休業日については万博記念公園公式サイトで確認


【料金】

日本庭園・自然文化園共通

  • 大人:250円
  • 小中学生:70円

【URL】

http://www.expo70-park.jp/event/14385/

【京都】勧修寺の蓮・睡蓮

蓮と錦鯉やカルガモとの共演が楽しめる

京都市山科区にある「勧修寺(かじゅうじ)」は、醍醐天皇が母藤原胤子の菩提を弔うために創建。


名勝「氷池園」にある氷室池では見頃には蓮と睡蓮の花が咲き、時折水面近くに姿を見せる錦鯉やカルガモとの共演が楽しめる名所です。また、勧修寺は春の桜、秋の紅葉もおすすめです。

B8e60417341ca0ff

見頃の時期

  • 蓮:7月中旬~8月下旬
  • 睡蓮:5月中旬~6月下旬

【拝観時間】

9:00~16:30(受付終了16:00)


【拝観料】

庭園 400円


【アクセス】

電車: 

地下鉄東西線「小野駅」から徒歩で約6分

いかがでしたか?

今回は関西の蓮(ハス)・睡蓮(スイレン)の名所や見頃を5つご紹介しました。

暑いと何かと家で冷房にあたりがちですが、朝のまだ涼しいうちに外に出て、足を延ばせるエリアで関西の蓮や睡蓮の名所までお出かけしてみたいところ。こちらを参考に蓮・睡蓮を存分に満喫してください!