静岡県といって思いつくのは、一に富士山、二にお茶と言っても、過言ではないはずです。なんといっても、静岡県は、お茶の国内生産日本一です。緑茶の歴史を辿れば、日本に入ってきたのは平安時代のことだとも言われています。緑茶、抹茶、ほうじ茶、玄米茶、紅茶と、同じお茶でもいろんな楽しみ方があります。今、そんなお茶の楽しみ方が、密かに進化し続けています。

この記事の目次

ななや 静岡抹茶SWEETS FACTORY

創業は、明治40年にさかのぼる、丸七製茶さんが運営する茶寮です。

お茶の販売はもちろんのこと、抹茶の焼き菓子や生菓子もありますが、ここに訪れる人の多くは、ジェラートがお目当てです。ただ、ジェラートとひとえに言っても、こちらのお店ではなんと14種類のお味があります。どれにしようか、悩んでしまうこと間違いないです。

844dd08b10a60ad5

老舗の雰囲気です。

真っ白なのれんをくぐれば、煎ったお茶のいい香りが漂っています。

B81183e77c2ddaac

抹茶だけで、7種類もあります。

抹茶の濃さで段階がわかれており、甘いタイプから、すっきりしたタイプまで。

12fd7fac7c303277

カップとコーンがあり、ジェラートもシングルかダブルから選べます。

ショーケースの前で、みなさん悩みに悩んでいました。

D1e35235d6d4b33b

店員さんのエプロンが!

ジェラート食べた後には、舌がこれだけミドリ色になるほど、濃いのよ、ということでしょうね!

ジェラートに期待が高まります。

Af10d296e0fb6b7b

こちらは、玄米茶(左)とほうじ茶(右)!

玄米茶は、お茶の味そのままのおせんべいの香ばしい味わいです。

ほうじ茶は、食べやすくて後味ひきます。

64ccb1de40117bfc

ネーミングに惹かれて「世界一濃い抹茶プレミアムNo,7」をチョイスしました!

もう1つは、新茶です。

6e32ce694f6dbb4d

いざ!口の中へ!

一言でいえば、抹茶より抹茶の味。

濃厚ですが後味もべたつかず、夏にもぴったりです。

口の中のイメージは、エプロンと同じでした。

F2216b62230706b9

MARUZEN Tea Roastery(マルゼン ティー ロースタリー)

ガラス張りの外観で、モダンな雰囲気があるこちらのお店では、店名の通り、焙煎温度別(6種類)のお茶のジェラートが楽しめます!

そして、こちらのお店で焙煎されたお茶を飲むこともできます。

2階にはイートインのスペースがあるので、ご家族ともお友達と立ち寄っても楽しいはずです。

6c9d75c7f81ca8ef

Mの文字の左となりにある◯(マル)は、焙煎の温度を表す単位「°C」にある、◯をイメージしているのですね。

F99ef20a3b04cf27

焙煎温度は「0°C、80°C、100°C、130°C、160°C、200°C」にわかれていました。

温度が高くなるごとに、香ばしくなってくるそうです。

0°Cが抹茶、80°Cは玉露、180°C以上はほうじ茶、でした。

Db7861b69d88e4b3

コーンを頼むと、カップに入れてくれます!

このまるまるとした姿が、なんとも可愛い。

6e41bf1e381609ce

ついつい、雰囲気を変えて、写真を撮りたくなってしまうほどです!

661017f3176663b3

追加アイテムに、モナカがありました。

モナカの香ばしさを失わせないために、自身のタイミングで乗せることができます。

6a31fca557a68a71

こちらは珍しい、玄米茶ラテ。

ほんわか甘い抹茶のラテですが、おせんべの香ばしさも一緒にやってきます。

疲れた時にも、おすすめのお茶でした。

8db62d9453505130

san grams 静岡店(サングラム)

静岡県の生産社別のお茶が飲める、珍しいお店です。(購入することもできます!)

選んだお茶を目の前で入れてくれるのも、こちらのお店の特徴です。

そして、お茶のジェラートも楽しめます。

31910d0d3e284980

生産社のラベルが貼られた大きな缶が、店内に並べられています。

どのラベルもおしゃれで可愛い!

3f4e5bcfcd622b7f

抹茶、新茶、ほうじ茶と、季節の果物のジャラートが用意されています。

23dc93e7433af08f

濃厚ですがさっぱりとした、爽やかなお味でした。

グラスと並べてみるたら、サングラムのロゴと同じ色!

2be8e300c4f7bd12

こちらのお店で玉露をいただいたあと、茶がらにわさび醬油をつけてお召し上がりください、と勧められました。

これは、驚きました!

インパクト大です。

D56b298489a62034

chuan(チュアン)

静岡駅から徒歩10分ほどのところにある、かき氷のお店です。

定番の抹茶から、季節限定のイチゴやメロン、桃といった果物を使ったかき氷まで、メニューは盛りだくさんです。

ラムレーズンや、ピスタチオなどの変わりダネも気になります。

7effda180f6b1714

ほうじ茶ミルク金時をいただきました。

C5c443eac4a2b269

ほうじ茶にミルクってイメージしにくいですが、ほうじ茶のスイーツやほうじ茶ラテを知る者にとっては、出会ったら選択したくなっちゃうお味なのです!


Fceaea0837342297

ふわふわの氷に、ほうじ茶ミルクと小豆のマッチングがたまらない!

甘いものが苦手の方にもおすすめです。

E6cfa8d046f0a948

CHA10(チャトウ)

新静岡駅から徒歩2分のところにある、まるでバーのようなオシャレな外観のお茶屋さんです。

有機栽培されたお茶っぱから、お抹茶はもちろんのこと、抹茶ラテ、チャイとバリエーションゆたかに提供してくれます。

29dd128f9b1ee34f

パッとみただけでは、お茶やさんだとは思わないようなオシャレな外観です。

034c18800cab95b3

シャンパングラスでのむ、抹茶ラテ!

アテは、お砂糖でコーティングされたカシューナッツ。

なんてオシャレなのでしょうか。

D1cfa96bc917bca8

スイーツからちょっと、よりみち!

chagama(チャガマ)

新静岡駅より徒歩10分ほどの閑静な住宅街に突然現れる、お茶屋さん。

物販がメインですが、いろんなお茶のテイスティングをさせてくれます。

こちらのオススメは、ジェラートでもなく、抹茶ケーキでも、抹茶ラテでもなく、なんとお茶のエスプレッソなのです!

4cd42c2628469aeb

お茶屋さんのイメージからかけ離れた外観でした。

Aa8d14e3a73bd349

そして、店内は黒を基調とした、モダンな造りです!

597cb4805d1f1904

お砂糖がついてくる、ほうじ茶のエスプレッソ。

喉がキュっとしまるような、大人な味わいでした。

Cdcde69028f705b4

静岡の進化系・お茶スイーツ!

普段、湯のみやペットボトルで飲んでいるお茶が、可愛く美味しく進化したスイーツがたくさんの静岡でした。

そしてお店も、オシャレで写真映えがして、女子会やデートでも行きたくなっちゃうお店ばかりです。お店の方の想いが、お茶を進化させる原動力なのでしょう。

今後、更に注目されてきそうな、静岡のお茶スーツでした!


静岡を訪れたなら、ぜひ”よりみち”してくださいネ。