初夏から見頃を迎えてくる蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)。どちらも同じ水生の植物ですが、おおまかな違いを2つ挙げると、蓮の花は水面から茎をのばし高いところで咲き、睡蓮は水面近くで花を咲かせること。また、蓮の葉には切れ込みはありませんが、睡蓮の葉には切れ込みがあります。

そんな蓮と睡蓮、種類にもよりますが、見頃の時間帯はともに朝~午前中が多いです。今回は、気持ちのいい初夏~夏の朝に見に行けそうな、東海地方の蓮や睡蓮の名所・見頃のおすすめを5つご紹介します!

この記事の目次

【静岡】浜名湖ガーデンパークの睡蓮

クロード・モネがフランスに造った庭を再現

静岡県浜松市の「浜名湖ガーデンパーク」は、2004年に開催された「浜名湖花博」の会場となり、以降も地元の人々や観光客が沢山訪れる、浜名湖周辺の人気スポット。


園内の「花の美術館」は、印象派の画家クロード・モネが、フランス・ジヴェルニーに造った庭を、モネ生前当時の姿を模したものとして、2004年に開催された浜名湖花博のときに造られたものです。


この「花の美術館」の「水の庭」は、睡蓮の浮かぶ池を中心に、シダレヤナギや竹林など日本らしい木や草花が広がる静かで落ち着いた庭園。池には太鼓橋も架かり日本的な情緒を醸し出しています。池の睡蓮は、高知県の北川村「モネの庭」マルモッタンの睡蓮から株分けしたものです。

Dee38225984fb13c

【見頃の時期】

6月~9月


【開園時間】

  • 7月1日~8月31日:8:30〜18:00
  • 上記以外の期間:8:30〜17:00

【休園日】

12月29日~1月3日

※「花の美術館」は毎週火曜日の午後休園(庭園の維持管理のため)


【料金】

入園無料


【アクセス】

電車:

JR「弁天島駅」からタクシーで約10分

車:

①東名高速道路「浜松西IC」から約25分 はまゆう大橋(有料道路)経由

②東名高速道路「浜松西IC」から約30分 浜松環状線、志都呂(一般道路)経由

③浜名バイパス「坪井IC」から約15分

④浜名バイパス「新居弁天IC」から約15分


【URL】

http://www.hamanako-gardenpark.jp/index.html

【岐阜】モネの池の睡蓮

SNSで爆発的に話題になった、透明度の高い池で泳ぐ鯉とともに咲く蓮

岐阜県関市板取にある、名もない池。透明度が高い湧き水に咲く水連がとても美しく、まるでクロード・モネの絵画に出てくる池のようだとして、通称「モネの池」と呼ばれる名所になりました。モネの池に錦鯉が泳いでいるのも、また情緒があります。


この池は関市の根道神社という小さな神社にあり、SNS・クチコミなどを中心に爆発的に話題になりました。今では多くの人がその美しい池を一目見ようと、連日訪れています。初夏の睡蓮の花が咲く時期は、さらに絶景になるので、一度は訪れてみたいスポットです。

1a8cdca844e7f126

【見頃の時期】

6月上旬頃~7月下旬頃


【開園時間】

常時開園


【料金】

観覧無料


【アクセス】

バス:

JR岐阜駅からバス「岐阜板取線」で「洞戸栗原車庫」へ。「板取ふれあいバス」に乗り「白谷あじさい園」で下車、150m

車:

東海北陸自動車道「美濃IC」から約40分


【愛知】東山動植物園の睡蓮

岐阜県・白川郷から移築した「合掌造りの家」前の池で咲く

名古屋市の「東山動植物園」は、丘陵地を利用して昭和12年(1937年)に造園された動植物園。その植物園では、現在約7,000種もの植物が展示され、その他にも国指定重要文化財の「温室」や、世界遺産にもなった岐阜県・白川郷から移築した「合掌造りの家」などもあります。


この合掌造りの家は昭和31年に移設された貴重な建物で、家の中を一部観覧することもできます。そして、その白川郷から移築した合掌造りの家の前にある「奥池」の水面に広がっているのが、睡蓮になります。合掌造りの家と池に広がる蓮が、とても情緒ある風景になります。

0e26876d00b4ce52

【見頃の時期】

6月~8月


【開園時間】

9:00~16:50(入園は16:30まで)


【休園日】

  • 月曜日(ただし月曜日が国民の祝日または振替休日の場合は直後の平日に休園)
  • 12/29~1/1

【料金】

  • 大人(高校生以上):500円
  • 中学生以下:無料
  • 名古屋市在住の65歳以上:100円

【アクセス】

電車:

①地下鉄東山線「東山公園駅」3番出口から徒歩で約3分

②地下鉄東山線「星ヶ丘駅」6番出口から徒歩で約7分

※植物園は「星ヶ丘駅」が便利です

車:

①東名高速道路「名古屋IC」より県道60号線を西へ約15分

②名二環(東名阪)「上社IC」または「上社南IC」から県道60号線を西へ約10分

③名古屋高速「四谷」出口より一般道を東へ約10分


【URL】

http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/


【三重】金剛證寺の睡蓮

空海ゆかりの古寺の池の水面を睡蓮が覆いつくす

三重県伊勢市の朝熊岳(あさまだけ)の山頂にある空海ゆかりの古刹が「金剛證寺(こんごうしょうじ)」。伊勢神宮の鬼門を守る寺としても有名です。寺の創建は欽明時代の御代(6世紀後半)、暁台上人によって開かれたと伝えられています。


伊勢神宮の鬼門を守る寺としても有名で、「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と伊勢音頭の一節にも唄われ、伊勢神宮へお参りする人々はこのお寺にも参詣するのが習わしでした。


ここ金剛證寺の連間の池では、6月下旬から8月の見頃を迎えると、数百もの睡蓮が水面を覆う名所になります。

D8be86862445c4bb

【見頃の時期】

6月上旬~8月


【営業時間】

境内自由(本堂は9:00〜16:00)


【料金】

境内無料


【アクセス】

電車:

近鉄鳥羽線「五十鈴川駅」から車で約20分

車:

伊勢自動車道「伊勢西IC」より約5分で「伊勢志摩スカイライン」伊勢料金所。伊勢料金所から約15分。


【愛知】森川花はす田の蓮

広々とした湿地に広がる蓮田に赤やピンク、白の蓮が咲き競う

全国でも有数のレンコン産地である愛知県の愛西市は、豊かな水と肥沃な土壌の恩恵を受け、街には美しい自然があふれています。花ハスの栽培も盛んで、広々とした湿地に広がる蓮田は、息を飲むほどの美しさです。夏の見頃になると赤やピンク、白といった花を咲かせ、可憐な姿を競い合う名所になります。


中でも「森川花はす田」では、たくさんの方に楽しんでいただくために、花ハスの観賞田とあわせて緑地帯の整備も行っています。さらに年に一度、文化協会の主催で、開花時期に合わせて「蓮見の会」が開催され、お茶会や写生大会なども催されます。

960d0cc3f2e01267

【見頃の時期】

6月下旬~8月上旬まで開花、見頃は7月中


【蓮のイベント】

蓮見会(はすみかい)

例年最盛期の7月第2か第3の週末に開催


【料金】

入園無料


【住所】

愛知県愛西市森川町井桁西27番地


【アクセス】

電車:

名鉄西尾線「佐屋」駅から徒歩30分

車:

東名阪自動車道「弥富IC」から約10分


いかがでしたか?

今回は北海道・東北の蓮(ハス)・睡蓮(スイレン)の名所や見頃を5つご紹介しました。

暑いと何かと家で冷房にあたりがちですが、朝のまだ涼しいうちに外に出て、足を延ばせるエリアで東海地方の蓮や睡蓮の名所までお出かけしてみたいところ。こちらを参考に蓮・睡蓮を存分に満喫してください!