葵区、駿河区、清水区の3つから構成される「静岡県 静岡市」。豊富な自然と温厚な気候に恵まれ、緩やかな時間が流れています。同時に、徳川家康が元服し、晩年を過ごした地として、名所や史跡が多く点在していることでも知られる場所です。歴史や文化を再発見できたり、海岸沿いから富士山を臨めたり、魅力的なスポットがたくさん!今回は、そんな静岡県静岡市の名所を5箇所ピックアップしてご紹介します!

この記事の目次

久能山東照宮

日光東照宮よりも古い、徳川家康が最初に祀られた国宝建造物

静岡市の久能山東照宮は、境内にある14棟全てが国宝または重要文化財に指定されています。徳川家康を祀った最初の神社としても有名な久能山東照宮。二代将軍秀忠の命を受けて建築され、当時では最高峰の建築技術である「権現造り様式」で建てられています。


鮮やかな彩色が施された楼門や社殿は豪華堅牢な佇まい。本殿・石ノ間・拝殿で構築される社殿を造営したのは、江戸時代を代表する大工頭「中井正清(なかいまさきよ)」。二条城、伏見城、知恩院を手がけた名大工で、久能山東照宮は彼が最後に建築した傑作ともいわれています。


また、境内にある「久能山東照宮博物館」では、約2千点にも及ぶ神宝や奉納物が収蔵。徳川家歴代将軍の武器・武具・遺品なども残されています。展示物は随時入れ替えられるので、歴史好きな方なら定期的に通いたいスポットです。


境内を参拝したあとは、山頂から臨める駿河湾の絶景をお楽しみください。徳川家康も同じ景色を眺めていたかと思うと、歴史のロマンを感じずにはいられません。

A4ead8c239f3764c

お問い合わせ

054-237-2438


営業時間

・4~9月 9:00~17:00

・10~3月 9:00~16:00 


定休日

年中無休


利用料金

・小学生200円、中学生200円、高校生以上500円 

・久能東照宮博物館との共通券 大人800円、小人300円 

・25名様以上団体料金あり


アクセス

バス: 

JR「静岡駅」から日本平山頂まで日本平線約40分 

山頂より日本平ロープウェイで約5分


車: 

東名「静岡IC」または「清水IC」から日本平山頂まで約40分


駐車場

有り 

無料200台


ウェブサイト

http://www.toshogu.or.jp/

静岡浅間神社

2,000年前から鎮座していた、3社の総称

静岡市葵区にある「静岡浅間神社」。初見の方は勘違いすることが多いのですが、実は、静岡浅間神社は「神部神社」「大歳御祖神社」「浅間神社」の3つの社の総称です。


3社は造られた年代が異なり、最も古いのが神部神社。約2,100年前に造営されたと考えられており、平安時代には現在の静岡県にあたる「駿河国」の総社になっていたそうです。2番目に古いのが大歳御祖神社。約1,700年前に造られ、静岡市の地主神として親しまれています。そして、最後が浅間神社。後醍醐天皇の直接の命により、神部神社の隣に造られました。


徳川家とのゆかりも深い静岡浅間神社。14歳のときに家康が元服した場所であり、武田氏を攻略した折に壮麗な社殿を再建した場所でもあります。社殿の上に社殿が乗っている「浅間造り」が特徴的です。

426fcc7949f8de0c
45db83c196344be4
40108b9c78a96893

お問い合わせ

054-245-1820


営業時間

6:00~18:00 


定休日

年中無休


利用料金

無料


アクセス

バス:

JR「静岡駅」から9番線「安部線または美和大谷線」8分


車: 

①新東名「新静岡IC」から約15分 

②東名「静岡IC」から約20分


駐車場

有り 

80台


ウェブサイト

http://www.shizuokasengen.net/

駿府城公園

駿河城跡に造られた、四季の移ろいを感じられる憩いの場

日本の歴史公園100選にも選ばれた「駿府城公園」。徳川家康が1585年から築城を始め、1610年に完成させ、晩年を過ごしたと考えられている「駿府城」の歴史跡を利用して造られています。


本丸・二の丸の跡地を整備したのが始まりですが、もともとは「駿府公園」という名前でした。しかし、1989年には巽櫓(たつみやぐら)、1996年には東御門が復元され、城跡としての整備を推進。2012年に現在の駿府城公園に改名されました。


合わせて訪れていただきたいのが「紅葉山庭園」です。4つの庭で構成されたユニークな庭園。「里の庭」では梅林や花菖蒲などの四季折々の草花を愛でることができ、「海の庭」では城ヶ崎や七滝、石廊崎といった伊豆を代表する海の名勝を再現。「山の庭」にある山道のような小径を進めば滝と出会え、「山里の庭」にある富士山を模した山の中腹からは展望台として庭全体を見渡せます。

5ce6995428364f2f

お問い合わせ

054-221-1121


定休日

年中無休


利用料金

無料


アクセス

電車: 

JR「静岡駅」から徒歩で約15分


バス: 

JR「静岡駅」から駿府浪漫バスで約15分(東御門降車)


車: 

東名「静岡IC」から約17分


駐車場

無し


ウェブサイト

http://sumpu-castlepark.com/

宇津ノ谷

平安時代以来からの難所、歴史の囁きが聞こえる場所

静岡市駿河区、丸子と旧岡部町の間にある「宇津ノ谷」。

平安時代より難所と呼ばれた「宇津ノ谷峠」の中腹にある集落で、旅人の疲れを癒す休憩所として栄えていました。現在は国の史跡としても登録されています。


見所は、「明治・大正・昭和・平成」の各時代に造られ、各時代の名前が付いた4本のトンネル。特に明治トンネルは赤レンガ造りで、国の登録有形文化財のひとつです。トンネルのなかを歩くこともできるので、歴史の風情を存分に感じられるでしょう。


歴史繋がりでいえば、宇津ノ谷の集落も昔ながらの風景が残っています。かつて豊臣秀吉が陣羽織を与えた逸話が残る御羽織屋や明治天皇の御休憩所跡も現存しており、味わい深さを感じられるはずです。


ちなみに、旧東海道の峠越えの道は整備されており、今でも歩くことができます。竹林が奏でる笹の音色に耳を澄ませながら、数百年前の旅人が行き交う足跡を想像してみてはいかがでしょうか。

E2dde31f20e81067

アクセス

バス: 

JR「静岡駅」から中部国道線バス30分「宇津ノ谷入り口」下車、徒歩10分


車: 

東名「静岡IC」から約30分


駐車場

無し

三保の松原

駿河湾の海岸線から贅沢に臨む、松・海・富士山の絶景

静岡市清水区に面した駿河湾。ぽんっと突き出た三保半島の海岸沿いでは、約7kmに渡って松原が広がっています。約5万4千本のクロマツが生い茂る光景は圧巻の一言。「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」に登録されています。


海岸線に沿って遊歩道が整備。サイクリングロードとしても有名なスポットで、松、海、そして富士山を贅沢に感じながら自転車を爽快に走らせることができます。また、年間を通して釣りを楽しめる場所でもあり、シロギス、ハゼ、アオリイカ、カワハギなどが釣れます。松原と富士山を臨みながら、ゆっくりと釣りの時間を楽しめますよ。


そのほか、三保の松原の近くには「御穂神社」があります。 創建年代は判明していませんが、江戸時代初期には徳川家の庇護を受けていました。天女が羽衣をかけたという伝説が残る「羽衣の松」から続く参道を抜け、参拝してはいかがでしょうか。

C8ac284377845f70

お問い合わせ

054-334-0828


営業時間

8:00~17:00 


定休日

年中無休


利用料金

無料


アクセス

バス: 

JR「清水駅」から「東海大学三保水族館」行きバスで約24分「三保松原」入り口下車、徒歩5分


車: 

東名清水ICから車で30分


駐車場

有り 

普通車200台まで、大型車20台まで


ウェブサイト

https://www.visit-shizuoka.com/spots/detail.php?kanko=336

いかがでしたか?

今回は、静岡県静岡市のスポットを5箇所ご紹介しました。

徳川家康ゆかりの名所・史跡が多いなか、海と山に囲まれた、静岡ならではの自然美を堪能できる場所も点在しています。数日程度では周りきれないほど、数多くの名所がある静岡市。歴史や物語を学んだ上で訪ねれば、より深く魅力を堪能できますよ!