梅雨時期に楽しむ花と言えばあじさい、そして関東のあじさいの名所といえば真っ先に思い浮かぶのが鎌倉ですよね。
あじさいの名所、実は鎌倉の中でもけっこう数が多いのですが、そんな中、たくさんの観光客が訪れる名所がある一方、混雑を避けてじっくりとあじさいを楽しめる名所もあるのです。

今回は、鎌倉のあじさいの名所の中でも比較的混雑を避けられる、「穴場」ともいえるあじさいの名所・見頃のおすすめ5つをご紹介します。

この記事の目次

本覚寺

商売の御利益が有名な「日朝さま」はあじさいが端正に花を開く名所

15世紀に開山した「本覚寺(ほんがくじ)」。JR鎌倉駅から東に歩いて5分ほどのこの寺は、二代目の住職が日朝上人(にっちょうしょうにん)だったことから、市民からは「日朝さま」という名で親しまれている寺です。


この本覚寺、鎌倉髄一の商売繁盛の御利益があり、正月の初えびす(三が日)と本えびす(1月10日)には全国からの多くの参拝客で賑わいます。

本覚寺があじさいの名所として紹介されることは多くないのですが、本堂の近くに5株ほどのあじさいが端正に花を咲かせ、ゆったりとあじさいを楽しむことができます。

274068fbd8206da5

見頃の時期

6月上旬~6月下旬


【拝観時間】

(寺事務 9:00~16:00)


【拝観料】

志納


【住所】

神奈川県鎌倉市小町1-12-12


【アクセス】

電車: 

JR「鎌倉駅」から徒歩で約5分


報国寺

幻想的な竹林が醸し出す雰囲気の中に咲くあじさい

鎌倉駅からバスで約7分、14世紀に足利尊氏の二代前にあたる足利家時が開いたのが「報国寺」。その魅力は何といってもその美しい竹林です。その幻想的な雰囲気には息を飲み、外国人観光客にも人気の名所です。

6dd0632bdb8b27af

報国寺に咲くあじさいの数自体は決して多くありませんが、美しく整えられた竹林とともに、風情ある報国寺の雰囲気をそのままに、静かに花を開いているのが見どころです。

B21ad2741679f013

【見頃の時期】

6月上旬~6月下旬


【拝観時間】

9:00~16:00(抹茶の受付は15:30まで)

※12月29日~1月3日は拝観休止


【拝観料】

  • 200円
  • 抹茶(干菓子付) 500円

【アクセス】

電車: 

JR「鎌倉駅」からバスで約7分


【URL】

http://www.houkokuji.or.jp/index.html

妙本寺

日蓮宗最古の寺院に散りばめられたかのように咲くあじさい

JR鎌倉駅から東に歩いて9分ほど。本覚寺を過ぎたあたりにあるのが「妙本寺(みょうほんじ)」。日蓮上人を開山として13世紀に創建され、池上本願寺、身延山久遠寺とならぶ、日蓮宗最古の寺院になります。


本堂の前や、梵鐘へ続く階段の両側、二天門の前など、広々とした妙本寺境内の各所に散りばめられたようにあじさいが花を咲かせます。

古刹のややひっそりとした雰囲気の中咲く様子は、すっかり周囲に溶け込んでいるかのようです。

1468c495f6e18a9b

【見頃の時期】

6月下旬~7月上旬


【拝観時間】

寺務所9:00~17:00


【拝観料】

志納


【アクセス】

電車: 

JR「鎌倉駅」から徒歩で約9分


【URL】

http://www.houkokuji.or.jp/index.html


海蔵寺

源氏山の北側にある「花の寺」の初夏に咲き誇るあじさい

鎌倉駅から北へ徒歩約20分のところ、源氏山の北側にある「海蔵寺(かいぞうじ)」は、四季折々の花が何かしらいつも見頃を迎えているとして花の寺とも数えられる名所です。

早春の時期なら見事な枝垂れ梅が咲き、春から夏にかけては手入れの良く行き届いた庭園に菖蒲、参道沿いにあじさいなどが咲き誇ります。

また、秋になると紅葉も美しく、海蔵寺はまさにどの時期に訪れても何かしらの自然を楽しむことができます。

E97f8ac496a4d4d4

【見頃の時期】

6月上旬~6月下旬


【拝観時間】

9:30~16:00


【拝観料】

志納


【アクセス】

電車: 

JR「鎌倉駅」から徒歩で約20分

鎌倉宮

明治天皇創建の神社の本堂の前後にあじさいが咲き並ぶ

鎌倉駅から北東に約30分ほど歩いたところにある神社が「鎌倉宮(かまくらぐう)」。白い鳥居が特徴的なこの神社は、鎌倉幕府の打倒に尽力した護良親王を祀るために明治天皇がこの地に創建した神社です。


道の途中にある鶴岡八幡宮に比べれば小さな神社ですが、鎌倉宮の鳥居から本殿までの間と、拝観料を払って入る宝物殿エリアのどちらにも凛とした空気に合うあじさいが咲き並びます。

91f31f43cd048bb2

【見頃の時期】

6月上旬~6月下旬


【拝観時間】

9:00~16:30(12月~1月は16:00まで)


【拝観料】

(宝物殿)300円


【アクセス】

電車: 

JR「鎌倉駅」から徒歩で約30分

いかがでしたか?

今回は関東のあじさいの名所の鎌倉の中でも、二大有名スポット「北鎌倉」「長谷」からは外れているエリアに絞って名所や見頃のおすすめを5つご紹介しました。

定番の北鎌倉や長谷以外のエリアにも、多くのあじさいの名所があるんですね!豪快にあじさいが咲き乱れるわけではないですが、混雑度が比較的低めで静かに咲くあじさいを楽しめることができるため、おすすめです。


梅雨のジメジメした季節はついつい屋内で過ごしてしまいがちですが、北鎌倉や長谷以外の鎌倉のあじさいの名所も訪れてみてください!