静岡県熱海市といえば、海水浴や温泉が人気の観光スポット。今回は、熱海市の観光名所のおすすめを一気に30カ所ご紹介いたします!

この記事の目次

熱海城

歴史・城郭ファン必見!観光のために築城された天守閣


昭和34年(1959)に築城された「熱海城」。

熱海の海と街を一望できる、名勝地「錦ヶ浦」の上に建てられた観光用のお城です。


しかし、戦国時代に名を馳せた小田原北条氏の名将たちも、水軍の根拠地として築城を考えていたのだとか。歴史の流れが違っていれば、同じ場所・同じ容姿の本物のお城が建っていたかもしれません。


優雅な佇まいの「桃山様式」を建築様式として採用。外装5層、内部9階の高層ビルに匹敵する高さを誇り、最上部には360度パノラマ展望の天守閣があります。城内には、甲冑防具や刀剣を展示している「武家文化資料館」、国内のお城について解説されている「日本城郭資料館」があり、歴史やお城が好きな方は必見の内容です。


毎年3月〜4月には約200本の桜が開花する名所としても有名。

同じ敷地内の別館には「熱海トリックアート迷宮館」もあるので、1日を通して楽しめますよ。

28aacd53bdb636c2

熱海城


住所

静岡県熱海市曽我山1993


お問い合わせ

0557-81-6206


営業時間

9:00~17:00


定休日

無休


利用料金

・大人:1,000円

・小中学生:500円

・4〜6歳:350円

※各種割引チケット・セットチケットあり


アクセス

電車: 

JR東海道線「熱海駅」よりタクシーで約10分


バス:

①伊東・網代方面、多賀車庫行「錦ヶ浦下車」徒歩10分

②熱海港行、後楽園行 ロープウェイ乗り換え「頂上駅」徒歩3分


車: 

①東京方面から「錦ヶ浦トンネル」出て、すぐ左折

②伊東・下田方面から「国道135号線」より「錦ヶ浦トンネル手前」を右折


駐車場

有り 

約250台(1回500円)


ウェブサイト

http://www.atamijyo.com/

熱海梅園

国内最速を誇る梅の名所であり、国内最遅を誇る紅葉の名所

JR「来宮駅」から500mほど歩いた場所にある「熱海梅園」。

明治19年に開園された歴史の長い梅園で、シーズンになると多くの見物客が訪れます。


夏は涼しく、冬は暖かい気候の熱海市。花々が見頃を迎える時期が若干異なるのが特徴的です。通常、梅の開花時期は2〜3月頃ですが、熱海梅園では年末頃にはちらほらと咲き始めます。そのため、「日本一早咲きの梅」としても有名。樹齢100年以上の古木を含めた、約60種類、約450本の梅を配置。毎年1月中旬〜3月中旬には「熱海梅園まつり」、6月上旬〜中旬には「ほたる鑑賞の夕べ」も開催されます。淡い彩りと芳醇な梅の香りに包まれながら、園内をゆっくりと歩いてみませんか。

7975013b497d1cad

また「熱海梅園」は、12月上旬に紅葉が見頃を迎えることから「日本一遅い紅葉」の名所としても知られています。

0135ecd09e5be759

熱海梅園


住所

静岡県熱海市梅園町1169-1


お問い合わせ

0557-86-6218


営業時間

9:00~17:00


定休日

無休


利用料金

無料(梅まつり期間中のみ有料)


アクセス

電車: 

JR東海道線「来宮駅」より徒歩約10分


バス:

JR東海道線「熱海駅」から「相の原団地」行きバス「梅園」下車 約15分


車: 

①西湘バイパス「石橋IC」から約40分

②東名高速道路「沼津IC」から東駿河湾環状道路「大場函南IC」、県道11号線経由で約45分


駐車場

有り 

イベント開催時のみ(100台 300円)


ウェブサイト

https://www.ataminews.gr.jp/spot/105/

來宮神社

樹齢2,000年「大楠」に願いを込めるパワースポット

全国四十四社のキノミヤジンジャの総社である「來宮神社(きのみやじんじゃ)」。平安時代の初期、征夷大将軍・坂上田村麻呂が戦の勝利を祈願したことでも有名な神社です。


境内の中で一番注目を集めるのが御神木「大楠」。樹齢2,000年以上、周囲24mにもなる巨大な楠で、国の天然記念物にも指定されています。1周する毎に寿命が1年のびる、誰にも話していない願い事を念じながら1周すれば願い事が叶う。そのような逸話が残されており、多くの観光客で賑わっています。


そのほか、縁結び、禁酒、商売繁盛などのご利益もある來宮神社。

熱海梅園からほど近い場所にあるので、両方を巡ってみるのもおすすめですよ。

5b744614d6a8fa22

來宮神社


住所

静岡県熱海市西山町 43-1


お問い合わせ

0557-82-2241


営業時間

9:00~17:00


定休日

無休


アクセス

電車: 

①JR東海道線「来宮駅」より徒歩約5分

②JR東海道線「熱海駅」より徒歩約18分


バス:

JR東海道線「熱海駅」から十国峠行または西山循環に乗車「來宮神社」前で下車


車: 

①西湘バイパス「石橋IC」から約40分

②東名高速道路「沼津IC」から東駿河湾環状道路「大場函南IC」、県道11号線経由で約45分


駐車場

有り 


ウェブサイト

http://kinomiya.or.jp/top/top.html

熱海サンビーチ

東洋のナポリ、日本のハワイとも称される熱海のシンボル!

熱海に点在する名所をご紹介してきましたが、それでも「海」は外せませんよね。相模湾の穏やかな海、ヤシ並木が続くビーチ、そして背後に立ち並ぶ宿泊施設は、まるで海外の高級リゾートにいるかのよう。「熱海サザンビーチ」は、東洋のナポリ、日本のハワイとも称されるほどの観光名所なのです。


夏場は家族連れや若者が多く訪れる海水浴場として人気!綺麗な砂浜、静かな波が打ち寄せる人工ビーチでは様々なマリンスポーツも活発ですし、シーズンには「ウォーターパーク」が設置され、大人から子供まで大盛り上がり。夜間には、照明デザイナー・石井幹子氏が監修した日本初のビーチライトアップが幻想的な空間を作り出します。

1ce103cb5c0e944c

また、熱海サザンビーチの名物といえば、通年で開催される「熱海海上花火大会」。山々に包まれるように囲まれた地形を活かし、花火の音を反響させることで、壮大な迫力を生み出しています。フィナーレに披露される「大空中ナイアガラ」の光景は、一生忘れることのない熱海の思い出となりますよ。

C7785eaf151ddb10

熱海サンビーチ


住所

静岡県熱海市東海岸町15 熱海サンビーチ


お問い合わせ

0557-86-6218


営業時間

海水浴期間 :7月8日〜8月27日


アクセス

電車: 

JR東海道線熱海駅より徒歩で約15分


車: 

東名高速道路「厚木IC」から小田原厚木道路、国道135号経由で約60分


駐車場

有り 

約300台(8時間まで30分ごとに100円)


ウェブサイト

http://www.ataminews.gr.jp/spot/119

アタミロープウェイ

国内最短の空中散歩!熱海市街と太平洋を望む


熱海の絶景を眺めたいなら、「アタミロープウェイ」の利用がおすすめ。バス停「熱海後楽園」を降りたらすぐ。「山麓駅」から「八幡山駅」まで、日本一短い約3分間の空中散歩です。

8dcfe5bb7850742e

ロープウェイを降りたら、展望台に向かってみましょう。熱海の市街と大海原を一望でき、とても爽快な気分に。天気の良い日には、房総半島や三浦三崎、新島、伊豆大島も望めます。また、夕日が沈む時間には水平線に太陽が沈む姿、夜には百万ドルの夜景を眺められますよ。


そのほか、願い事を書いた絵馬を掲げる「あいじょう岬」や大人の娯楽施設「熱海秘宝館」など、ユニークなスポットも。先にご紹介した「熱海城」も歩いて行くことができます。

7c1700b343c4e24b

アタミロープウェイ


住所

静岡県熱海市和田浜南町8-15


お問い合わせ

0557-81-5800


営業時間

①営業時間

上り始発:9:30

上り最終:17:00

下り最終:17:30

②定休日

無し(強風等悪天日、メンテナンス休業あり)


利用料金

大人(中学生以上):片道400円、往復600円

小人(4才以上~小学生):片道300円、往復400円


アクセス

電車:

JR「熱海駅」より路線バス「後楽園行き」で約10分 下車、徒歩0分。


車:

①東名高速道路「厚木IC」より約2時間

②東名高速道路「沼津IC」より約1時間


駐車場

有り


ウェブサイト

http://www.atami-ropeway.jp/index.html

姫の沢公園

約800種類の草花が出迎える、日本の都市公園100選のひとつ


日本の都市公園100選に指定されている「姫の沢公園」。山の斜面に大きく広がる公園で、熱海の自然を感じながらゆっくり散歩できます。

Cd3e21e390b695b0

園内には、四季折々の草花がたくさん! 春には桜やツツジ、夏には睡蓮や紫陽花、秋にはカエデやケヤキの紅葉、冬にはサザンカやノズイセンなど、約800種類が四季の移ろいを感じさせてくれます。


また、子どもたちにはアスレチックが人気! 約3.5kmのコースが2つ用意されており、冒険気分を味わえます。なかなかスリリングなので、大人も運動がてら楽しめますよ。野鳥の声に耳を傾けながら、心くつろぐひと時を過ごしてはいかがでしょうか。

91bf2be526b2ac0b

姫の沢公園


住所

静岡県熱海市伊豆山1164−1 姫の沢公園


お問い合わせ

0557-83-5301


営業時間

①営業時間 8:30〜17:30 

②定休日 無休


利用料金

無料


アクセス

バス: 

JR「熱海駅」から「元箱根方面」行き(約25分)「姫の沢公園」下車、徒歩で1分


車: 

小田原厚木道路「小田原西IC」から約27km


駐車場

有り(無料) 


ウェブサイト

http://atami-kousha.com/park

親水公園・ムーンテラス

地中海のリゾート地をイメージした恋人の聖地


熱海サザンビーチから南へと続く「親水公園・ムーンテラス」。熱海市は、北イタリアのサンレモ市と姉妹都市。また、地形と街並みが似通っていることから、地中海のリゾート地をイメージしながら造られています。


例えば、「スカイデッキ」は南欧・コートダジュール、「レインボーデッキ」は北イタリア・サンレモ・リヴェラ海岸をイメージ。石造り、レンガ造りがより一層の雰囲気をつくりだします。


夜間にはライトアップが施され、デートコースに最適。公園内にあるムーンテラスは「恋人の聖地」にも認定されています。美しく輝くさざ波の音色を聞きながら、南国さながらのビーチ散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。旅館街からも近いので、食後にふらりと訪ねるのもおすすめです。

D516e61e47231b0c

親水公園・ムーンテラス(夜景)


住所

静岡県熱海市渚町地先


お問い合わせ

0557-86-6218 (熱海市都市整備課公園緑地室)


アクセス

電車:

JR「熱海駅」より徒歩約15分


車:

東名高速道路「厚木IC」より約1時間


駐車場

有り


ウェブサイト

https://www.ataminews.gr.jp/spot/121/

起雲閣

海の三大別荘に数えられる、可憐な近代建築


大正8(1919)年に建てられた「起雲閣(きうんかく)」。非公開の岩崎別荘、姿を消した住友別荘に並ぶ、「熱海の三大別荘」に数えられる歴史建築物です。


昭和22(1947)年には、別荘から旅館としてオープン。山本有三、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治、舟橋聖一、武田泰淳など、名だたる文豪たちに愛されていました。

E754b051bfed735c

現在は、熱海市の歴史と文化を発信する拠点のひとつとして一般公開。四季折々の表情を見せる豊かな庭園、日本家屋の装いをそのままに残す本館(和館)、大正ロマンを感じさせる洋館など、随所に美しさが宿ります。


歴史的価値の高さから、熱海市指定の有形文化財にも登録。温泉や絶景、海水浴を楽しんだあとは、起雲閣で大正時代へタイムスリップしてみてはいかがでしょうか。

Eec4eb1631dd5f6f

起雲閣


住所

静岡県熱海市昭和町4−2 起雲閣


お問い合わせ

0557-86-3101


営業時間

①開館時間 9:00〜17:00 

②休館 水曜(祝日の場合は開館)・年末


利用料金

・小学生以下 無料 

・中高生 300円 

・大人 510円


アクセス

電車: 

JR「熱海駅」から徒歩で約20分 


バス: 

JR「熱海駅」から「相の原方面」行きまたは「起雲閣循環バス」(約10分)「起雲閣前」下車


駐車場

有り (37台)


ウェブサイト

https://www.ataminews.gr.jp/spot/114/

日金山ハイキング(石仏の道)

様々な表情を浮かべる石仏を拝みながら山歩き


熱海と湯河原をつなぐハイキングコース「日金山ハイキング(石仏の道)」。大自然に囲まれながら、熱海の山を存分に味わえるコースです。


石仏の道と呼ばれるのは、200年以上前の歴史に由来します。当時の名主だった今井半太夫が亡くなり、熱海に縁があった人たちが子息の菩提を弔うために石仏を寄進。「熱海・泉方面」から「日金山東光寺」までの道のりに一丁ずつ置かれています。

3942de9151fb9461

所要時間は、約2時間15分。ハイキングコースでは、エンマ大王の石像をはじめ、表情が異なるいろんな石仏が点在しています。ゴールに当たる十国峠からは、富士山も望めますよ。

日金山ハイキング(石仏の道)


住所

静岡県熱海市泉高区


お問い合わせ

0557-85-2222(熱海観光協会)


アクセス

電車:

JR「湯河原駅」からバスで約15分「落合橋」下車、徒歩で日金山ハイキングコース登山口へ


駐車場

無し


ウェブサイト

https://www.ataminews.gr.jp/spot/312/

初島

首都圏から一番近い離島!


初島は首都圏から一番近い離島・リゾートアイランドとして知られています。伊豆半島東部相模湾の海上にあり、年間を通じて気候は温暖。熱海と伊東から高速船が出ており、東京から約2時間足らずで到着します。

B77ad4dbd728a511

島の周囲は約4kmほどで、大きすぎず小さすぎず、泊まりがけで満喫するのにちょうどいい広さ。グルメ、リゾート、花、海、歴史など、アクティビティ豊かで楽しみ方は盛りだくさんです。 海鮮丼に島Cafe、アスレチックやダイビング、キャンプ、露天風呂、南国の花、海中展望船、リゾートホテルと見どころは枚挙にいとまがなく、カップルでもファミリーでも楽しめるスポットが揃っています。


中でも、島の5分の1ほどの面積を占める「初島アイランドリゾート」は「島」をテーマとしたリゾート複合施設。何百種類もの南国植物が楽しめる「アジアンガーデン R-Asia」やハーネス使用で樹の上を渡る自然体験施設「SARUTOBI」など、たっぷりバカンス気分が味わえますよ。

676545ea25359c97

初島


住所

静岡県熱海市初島


アクセス

※各アクセスで「熱海港」へ行き、そこからフェリーで30分


電車: 

JR東海道新幹線「熱海駅」から「熱海港」へタクシーで10分


バス :

JR東海道新幹線「熱海駅」からバス乗り場7番線、熱海港・後楽園行き「熱海港」下車10分


車 :

①東名高速道路「厚木IC」から小田原厚木道路・真鶴新道・熱海ビーチライン・国道135号経由約60分 

②東名高速道路「沼津IC」から国道1号・国道136号・熱函道路経由60分 


ウェブサイト

http://www.hatsushima.jp/

アカオハーブ&ローズガーデン

まるで絵画のよう!バラとハーブに囲まれた花の楽園


太平洋を望む高台に位置し、約600種4,000株ものバラが園内を彩るアカオハーブ&ローズガーデン。東京ドーム13個分の壮大な敷地には日本庭園やイングリッシュガーデンなど14のガーデンがあり、海や山を背景にデザインされています。


バラのベストシーズンは5月から6月ですが、4月には10万球のチューリップ、秋にはラベンダーセージなどの秋のハーブや100種類のダリアと一年を通して楽しめます。また、1月中旬にはあたみ桜が開花。一足早い春の訪れを感じることができます。さらにこの時期は菜の花の見ごろでもあるほか、梅が最盛期を迎え、鮮やかな彩りを園内に加えます。


また、2017年には敷地内にカフェ「COEDA HOUSE」がオープン。青い空と海を背景に佇む全方位ガラス張りの建物は、日本を代表する建築家の隈研吾氏によって設計されました。建物の中心となる柱の部分には樹齢800年を超えるアラスカヒノキが積み重ねられ、まるで大きな一本の幹のよう。木のぬくもりあふれる空間で、海を眺めながらほっと一息ついてはいかがでしょうか。

アカオハーブ&ローズガーデン


住所

静岡県熱海市上多賀1027-8


営業時間

9:00~17:00(最終入園16:00迄・レストランは20:00迄営業) 


定休日

12月・1月の毎週火曜日 

※12/29〜1/3は営業


料金

通常

・大人 1,000円 

・小人 500円 

5月15日~6月10日

・大人 1,200円 

・小人 600円


アクセス

電車: 

JR「熱海駅」から東海バス「網代方面」行き「アカオハーブ&ローズガーデン」下車すぐ


ウェブサイト

http://www.i-akao.com/garden/

お宮の松

明治の三大メロドラマ「金色夜叉」の舞台となった場所


熱海は昔から数々の名作の舞台として知られ、多くの文豪たちが名作を執筆してきました。中でも熱海を有名にしたのは明治時代の小説家、尾崎紅葉の「金色夜叉(こんじきやしゃ)」。主人公の貫一が許嫁のお宮を資産家に奪われた復讐で高利貸しとなる物語で、明治30年から読売新聞に連載し、空前のベストセラーとなりました。


物語の中でも特に有名なのが、寛一とお宮の別れの場面。その舞台となったと言われる場所が、熱海市東海岸町の国道135号線沿いにある松です。もともと「羽衣の松」と呼ばれていましたが、1919年に紅葉の弟子の小栗風葉により金色夜叉の句碑が建立されたことから、お宮の松と呼ばれるようになりました。お宮を貫一が蹴り飛ばすシーンを再現した「貫一・お宮の像」と共に、観光写真スポットとして多くの人が訪れます。

9cdb0c5e58a1cda3

お宮の松


住所

静岡県熱海市東海岸町


アクセス

電車: 

JR「熱海駅」から徒歩で約15分 

バス: 

JR「熱海駅」から「熱海港方面」行き(約5分)「お宮の松」下車


ウェブサイト

https://www.ataminews.gr.jp/spot/113/

錦ヶ浦

断崖絶壁と輝く海!熱海随一の景勝地


伊豆の玄関、魚見崎の南から約1キロメートルに及び断崖が続く名勝、錦ヶ浦。荒波が刻んだ奇岩が並び、海上には初島や大島が浮かびます。錦ヶ浦の名前の由来は、京の「錦織」。太陽が昇る時、光が浦にそそいで眩しい五色の光となって輝く様子から名付けられました。


樹齢800年とも1000年とも言われる伝説の松「五竜松」や、馬の背中に似ていることからその名がついた巨石「馬の背」、厄除けの「胎内くぐり」の洞穴など、見どころがたくさん。源頼朝、加藤清正などの歴史的人物に由来する伝説なども残されています。


また、錦ヶ浦の上に広がる錦崎庭園はおすすめビューポイントの一つ。錦ヶ浦一帯を一望でき、足下に広がる岩礁と波音はまさに圧巻!断崖絶壁の絶景を堪能しましょう。

0fb006354e87c8c1

錦ヶ浦


住所

静岡県熱海市熱海1993−250


アクセス

バス: 

JR「熱海駅」から「網代方面」行き(約15分)「錦ヶ浦」下車


ウェブサイト

https://www.ataminews.gr.jp/spot/132/

伊豆山神社

源頼朝と北条政子ゆかりのパワースポット


相模灘を望一望に望む、海抜170メートルほどの地点に位置する伊豆山神社。全国各地に点在する伊豆山神社や伊豆神社などの起源となった、事実上の総本社格にあたる神社で、伊豆の地名の発祥地でもあります。


また、伊豆山神社は源頼朝と北条政子が結ばれた場所であることから、縁結びの神社としても有名。境内には頼朝と政子が愛を語らったと言われる「頼朝・政子腰掛け石」があるほか、「男女の仲が裂けない、願いごとが叶う」と伝わるご神木の梛(なぎ)の木などがあり、縁結びや恋愛成就を願う参拝客から人気を集めています。


伊豆山神社の参拝は、本殿とその周辺の境内社を訪れるのが一般的ですが、実は本殿からさらに山道を登り、本宮まで行ってこそが本当の参拝と言われています。本殿から本宮社へは、遥拝所、白山神社、結明神本社を経て約1時間の道のり。ちょっとしたハイキング気分で、ゆっくりと山道をのぼりながら参拝をするのもおすすめです。 

D08def799f5c1b86

伊豆山神社


住所

静岡県熱海市伊豆山708-1


アクセス

バス: 

JR「熱海駅」から「七尾団地方面」行き(約10分)「伊豆山神社前」下車


ウェブサイト

https://www.ataminews.gr.jp/spot/110/

双柿舎

坪内逍遙が晩年を過ごした住居


多くの文豪たちが居を構え、名作を執筆した熱海。シェークスピアの翻訳家としても有名な明治の文豪、坪内逍遙も、明治45年から亡くなるまでの23年間、熱海に居住していました。当初の約9年間は荒宿(現在の銀座町)に住んでいましたが、閑静だった荒宿が騒がしくなり、執筆活動に専念できなくなったことから、水口町に新しく建てたのが「双柿舎(そうししゃ)」。逍遙は大正9年から昭和10年に亡くなるまでの15年間をこの双柿舎で過ごしました。


双柿舎の名前の由来は、樹齢300余年と言われる柿の大樹が2本あったことから。建物は逍遥自身によって設計され、木造2階建てが2棟と、鉄筋コンクリート3層建ての書屋からなります。邸内には、塔の形の書庫や筆塚があり、また、会津八一の筆による門の扁額なども見どころとなっています。

B2d678c198445b68

双柿舎


住所

静岡県熱海市水口町11-17


アクセス

電車: 

JR「熱海駅」からタクシーで約10分 

バス: 

JR「熱海駅」から「相の原方面」行き(約10分)「来宮駅前」下車、徒歩約5分


ウェブサイト

https://www.ataminews.gr.jp/spot/122/

今宮神社

源頼朝の伝説で知られる、願いの叶う神社


古くより心願成就の宮として崇敬を集めてきた、今宮神社。「事代主神」と「大国主神」を御祭神とし、親しみをこめて「えびすさん」、「だいこくさん」と呼ばれています。歴史は古く、今から1700年以上も前、仁徳天皇の御世と伝えられています。 


また、今宮神社は源頼朝の伝説でも有名。頼朝が伊豆に流されていた頃、熱海の山中に迷い込んだ際に大楠の下にあった社に祈ったという伝説が残ります。その後、無事に追手から逃れ平家を滅ぼし源氏を再興させたため、今宮神社は願い事のかなう宮として知られるようになりました。


毎年10月19日、20日には例大祭が開催され、お神輿のパレードや稚児奉納舞などが行われます。

Fb9816663e8bed6d

今宮神社


住所

静岡県熱海市桜町3-29


アクセス

バス: 

JR「熱海駅」から「紅葉ガ丘方面」行き(約15分)「小嵐」下車、徒歩約3分


ウェブサイト

https://www.ataminews.gr.jp/spot/111/

いかがでしたか?

今回は、静岡県熱海市の観光名所をご紹介しました。

観光のために築城された天守閣、日本で一番遅く咲く梅の名所、巨大な御神木に願いを込める神社など、バリエーション豊かなスポットが点在。温泉、海水浴、マリンスポーツで有名な熱海市の印象が改められたのではないでしょうか。東京方面から新幹線で約50分とアクセス面も便利!夏場だけでなく、1年を通して、熱海の魅力を感じに訪れてみませんか。