歌舞伎町や新宿2丁目など歓楽街のイメージも強い新宿。でも、美しい庭園や景色のきれいな場所、おしゃれなカフェなどといった観光・名所も数多くあるんです。今回はその中からロコナビおすすめの観光スポットをピックアップしてご紹介します!

この記事の目次

東京都庁

地上202メートルの高さから東京のまちを一望


東京都の行政機関を司る東京都庁は、新宿区西新宿にあります。都庁ビルの設計は有名建築家の丹下健三氏が手がけたことでも有名ですが、都議会議事堂や展望室など、無料で見学できるのは知っていますか?実は東京都庁はお金をかけないで楽しめる、穴場観光スポットとなっています。


東京都庁の第1庁舎と第2庁舎をつなぐ渡り廊下を渡ると、都議会議事堂があります。都議会議事堂は都議会本会議中でなければ、誰でも予約の必要なく見学が可能です。また、都議会議事堂にはTOKYO都庁議事堂レストランという施設があり、一般観光客でも自由に利用できます。名前だけ聞くと敷居が高そうですが、激安居酒屋のようなリーズナブルな値段設定で気軽に足を運べそうです。


都庁観光の一番のおすすめは、45階にある「都庁展望室」。地上202メートルの高さから東京のまちを一望できます。高層階の展望室というと東京タワーや六本木ヒルズなど有料の場所も多いですが、都庁展望室は無料で利用することができます。展望室フロアーにはカフェやレストランが常設されているので、素敵な景色とともにゆっくりと食事も楽しんでみてはいかがでしょうか?

5bbbacb9fd2c0e9f

東京都庁


住所

東京都新宿区西新宿2丁目8-1


営業時間

・南展望室 9:30~17:30 

・北展望室 9:30~23:00(入室締切 22:30) 


定休日

・南展望室 第1及び第3火曜日、年末年始 

・北展望室 第2及び第4月曜日、年末年始 


料金

無料


アクセス

電車: 

①都営大江戸線「都庁前駅」直結

②JR「新宿駅」から徒歩で約11分


バス: 

都営バスまたは京王バス「都庁第一本庁舎」下車


駐車場

あり

VR ZONE SHINJUKU

国内最大級のVR施設で迫力のアクティビティを楽しもう


最先端のVR技術がアクテビティで体験できる、VRエンターテイメント施設「VR ZONE SHINJUKU」は2017年7月、新宿区歌舞伎町にオープンしました。2階建ての大きな建物の中では、13種類のVRアクティビティと3種類の一般アクティビティを楽しむことができます。 


VR ZONE SHINJUKUでは、スリル満点のアクティビティが盛りだくさん。ドラゴンボールで一番有名な必殺技かめはめ波を体験できる「ドラゴンボール VR 秘伝かめはめ波」、世界中で人気のマリオカートの世界に入ってレースが体験できる「マリオカート アーケードグランプリ VR」、エヴァンゲリオンに自ら搭乗して使徒を殲滅する「エヴァンゲリオン VR The 魂の座」などの人気VRアクティビティはもちろんですが、VR以外のアクティビティも見逃せません。本物の巨大風船を使用する「巨大風船爆発ルーム パニックキューブ」や、高さ7mから垂直落下する「ナイアガラドロップ」など、絶叫必至の内容になっています。

 

また、施設内にはカフェ&ダイナー「GLAMPER’S」があり、食事や休憩をすることができます。フォトジェニックな本格フードを楽しむことができますよ。デートに、友達とのお出かけに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

VR ZONE SHINJUKU


住所

東京都新宿区歌舞伎町1丁目29−1


営業時間

10:00~22:00(最終入場時間21:00) 

※アクティビティ受付終了時間21:30 (各アクティビティに列がある場合は、早めに受付終了の場合あり) 

※飲食ラストオーダー フード21:00/ドリンク21:45(持ち帰りは22:00まで販売) 


定休日

なし


料金

HPを参照


アクセス

・JR「新宿駅」東口から徒歩で約7分 

・西武新宿線「新宿駅」から徒歩で約2分 

・東京メトロ「新宿三丁目駅」から徒歩で約10分 

新宿御苑

四季折々の花で彩られる都会のオアシス


新宿御苑の歴史は、天正18年(1590)に譜代大名であった内藤氏が徳川家康よりこの地を拝領したときに始まります。新宿御苑付近の地名「内藤町」は、この内藤家の屋敷があったことがルーツとのこと。明治5年(1872)には、日本の近代農業振興を目的とする内藤新宿試験場が設置され、その後、宮内庁所管の新宿植物御苑となり、明治39年(1906)には日本初の皇室庭園である新宿御苑が誕生しました。


広さ58.3ヘクタール、周囲3.5kmの園内には、フランス式整形庭園、イギリス風景式庭園と日本庭園が巧みに組み合わせられ、日本における近代西洋庭園の名園といわれています。中でもおすすめは池泉回遊式の日本庭園。水と緑のコントラストが美しく、観光客の人気フォトスポットとなっています。また、イギリス風景式庭園の旧洋館御休所、日本庭園の旧御凉亭など、皇室時代の歴史を今に遺す様々な歴史建造物があり、こちらも見どころのひとつです。


四季折々の花が咲き、一年中楽しめる新宿御苑ですが、一番賑わいを見せるのは春のお花見の季節。新宿御苑は都内有数のお花見の名所として有名で、日本さくら名所100選にも選ばれています。ぜひお弁当を持参してピクニックがてら散策を楽しんではいかがでしょうか?

新宿御苑


住所

東京都新宿区内藤町11


営業時間

9:00〜16:00(16:00 入園終了、16:30閉園)


定休日

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)


料金

一般200円/小・中学生50円/幼児無料


アクセス

電車: 

JR「千駄ケ谷駅」から徒歩で約3分 

東京メトロ「新宿御苑前駅」から徒歩で約8分


バス:

新宿WEバス「新宿御苑」下車、徒歩すぐ


車:

首都高速道路4号線「外苑」出口をおり、外苑東通りを早稲田方面に進む。

「四谷三丁目」交差点を左折し、新宿通りの「新宿一丁目」交差点を左折し正面が(大木戸門の横)駐車場


駐車場

あり

新宿ゴールデン街

木造長屋が連なる、ディープな飲屋街


東京屈指のディープな飲屋街として知られる「新宿ゴールデン街」。現在では外国人観光客でも賑わう、観光名所のひとつとしても人気です。

新宿ゴールデン街が最も栄えていたのは、1970年代。作家や役者などが集う「文化人の街」として有名となりました。敷地面積は、約2000坪。とても狭い区画に、第二次世界大戦後に建てられた低層の木造長屋が連なっています。


敷地内には、200軒以上の小さな飲食店が密集。どのお店も3坪ほどの広さなので、1〜2人くらいの少人数で利用するのが一般的。昔ながらの居酒屋や文壇BARのほか、本格イタリアンを楽しめる穴場も。お酒好きな方は是非とも訪ねてみてください。

478308767b6a9ccc

新宿ゴールデン街


住所

東京都新宿区歌舞伎町1丁目1-6


お問い合わせ

03-3344-3160(新宿観光復興協会)


アクセス

電車:

①JR「新宿駅」から徒歩5分

②東京メトロ副都心線「新宿三丁目駅」から徒歩5分

③都営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」から徒歩5分


駐車場

無し


ウェブサイト

http://www.kanko-shinjuku.jp/spot/c001/article_673.html

思い出横丁(新宿西口商店街)

昭和レトロな雰囲気漂う、新宿西口商店街


JR「新宿駅」の西口を出ると、なにやら楽しげな雰囲気の場所が。足を運んでみると「思い出横丁」と掲げられたゲートが出迎えてくれます。新宿ゴールデン街と並ぶ飲屋街として知られる、正式名称「新宿西口商店街」です。


ルーツとなっているのは、昭和21(1946)年頃の闇市。空襲の爪痕が残る場所で、もともとは衣類や靴、石鹸といった日用雑貨を売る露天商で賑わっていました。現在は飲み屋スポットとして、仕事帰りのビジネスマンや外国人観光客で大賑わい。昭和レトロな佇まいもあってか、趣ある雰囲気に包まれています。

5b47c892f1089f10

思い出横丁


住所

東京都新宿区西新宿1丁目2


お問い合わせ

03-3344-3160(新宿観光復興協会)


アクセス

電車:

JR「新宿駅」西口から徒歩すぐ


駐車場

無し

LOVEオブジェ

新宿を象徴する、ポップアート作品


新宿の西側、東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から地上に出た場所にある巨大なオブジェ。待ち合わせ場所としても親しまれている新宿アイランドタワー「LOVEオブジェ」の詳細を、みなさんはどこまで知っているでしょうか。

手がけたのは、アメリカの作家「ロバート・インディアナ」。現代美術家・舞台美術家、コスチュームデザイナーであり、ポップアート作家としても有名で、彫刻作品を手がけています。


新宿の象徴でもあり、『電車男』や『GTO』、『理想の結婚』といった数々の映画・ドラマにも登場。また、身体が触れずに「V」と「E」の隙間を通り抜ければ恋が叶う、といった都市伝説もあるのだとか。待ち合わせ場所としてではなく、観光名所のひとつとして、改めて訪ねてみてはいかがでしょうか。

B5c323cf6a68307f

LOVEオブジェ


住所

東京都新宿区西新宿6丁目5-1


お問い合わせ

03-3348-2850


営業時間

①営業時間

7:00~23:00(ビルのオープン時間)

②定休日

2月の第3日曜(全館休館日)


アクセス

電車:

JR「新宿駅」西口から徒歩約8分


車:

首都高速道路「新宿出入口」から約1分


駐車場

有り

403台/30分300円 

神楽坂茶寮本店

都会の喧騒を忘れさせてくれる、隠れ家的和カフェ


東京都新宿区神楽坂の神楽坂茶寮本店はスイーツが美味しいカフェ、甘味処として有名です。抹茶スイーツのラインナップが充実していて、とりわけフルーツやパイを濃厚な抹茶につけて食べる、京抹茶のチョコレートフォンデュが人気。またスイーツは自社の製菓工房内で添加物を一切使用しておらず、パティシエがひとつひとつ丁寧に作りあげています。


和スイーツはもちろん、食事メニューも見逃せません。おすすめはランチ限定のおばんざい2個&3個セット。常時8種あるおばんざいの中から2品または3品選ぶことができ、ちょっとした京都気分を味わうことができます。

その他にも神楽坂にはホッと落ち着ける和のお店やおしゃれなカフェなど見どころが盛りだくさん!美味しいスイーツを味わいながら、ぶらり散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか?

神楽坂茶寮本店


住所

東京都新宿区神楽坂5丁目9


営業時間

①月~土 

11:30~23:00(L.O.22:00) 

②日・祝 

11:30~22:00(L.O.21:00) 


定休日

不定休


アクセス

電車: 

・都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A3出口から徒歩で約3分 

・東西線・有楽町線・南北線・大江戸線「飯田橋駅」B3出口から徒歩で約4分 

・東西線「神楽坂駅」1番出口から徒歩で約4分 

・JR「飯田橋駅」西口から徒歩で約5分


駐車場

なし

花園神社

関東三大酉の市が開かれる神社


新宿ゴールデン街の真隣、新宿のど真ん中に鎮座する「花園神社」。開運招福、商売繁盛にご利益がある、飾り熊手など縁起物を商う「熊手市」が人気です。

江戸時代初期から、新宿の総鎮守(守り神)とされている花園神社。「関東三大酉の市」が開催される場所でも知られ、市場が開かれるときは約60万人、初詣にも約8万人の参拝客が訪れます。


お祭りが開催されるときには、いろんな屋台がずらり。炉端焼きやおでん、魚介類の炭火焼など、飲んべえには嬉しい肴がたくさん。毎年11月の酉の日に開かれるので、タイミングを合わせて参拝してみては。

花園神社


住所

東京都新宿区新宿5-17-3


お問い合わせ

03-3209-5265


アクセス

電車:

①東京メトロ「新宿三丁目駅」から徒歩3分

②都営地下鉄「新宿三丁目駅」から徒歩3分


駐車場

無し


ウェブサイト

http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/cms/webdir/index.html


天然理心流試衛館跡

幕末歴史観光に寄りたい!新選組の始まりの地


東京都新宿区市谷柳町には、新選組の母体となる天然理心流試衛館の跡地があります。天然理心流は剣術、居合術、柔術、棍法(棒術)、活法、気合術等を含む総合武術で、試衛館は天保10年(1839年)新選組局長の近藤勇の養父である天然理心流3代目近藤周助によって創設されました。その後、近藤勇が後を継ぎ、土方歳三(新選組副長)、山南敬助(副長、総長)、沖田総司(新選組一番隊組長及び撃剣師範)、井上源三郎(六番隊組長)が門弟として在籍しています。


現在は跡地としての目印で碑が立っているのみですが、当時はこの場所に毎日30~40人が稽古に来たそう。また、近藤家の住居も兼ねていたようです。幕末歴史観光のスタートはぜひ、ここから。剣術の腕を磨いていた幕末の剣士たちに思いを馳せながら、散策をしてみてはいかがでしょうか?

天然理心流試衛館跡


住所

東京都新宿区市谷柳町25


アクセス

電車: 

都営大江戸線「牛込柳町駅」から徒歩で約3分

新宿歴史博物館

知られざる新宿の歴史を辿る


東京都の中心地であり、都会のイメージが強い新宿区。それでも、様々な歴史という礎の上に立っているのは変わりありません。そんな新宿区について深掘りできるのが「新宿歴史博物館」です。


常設展示では、各時代に分けて史料が展示されています。旧石器時代から江戸時代まで、新宿の地下深くに眠っていた遺物はとても貴重。また、江戸時代の新宿を模したパノラマや室内も見学できるの商屋、昭和初期の市電など、興味深い展示物がたくさんあります。

3階は図書室があり、一般客も利用可能。また、平成26(2014)年には、夏目漱石の著作や関連書籍を収集した「漱石文庫」が開設されています。

087f117cd5d94e89

新宿歴史博物館


住所

東京都新宿区四谷三栄町12番16号


お問い合わせ

03-3359-2131


営業時間

①営業時間

9:30~17:30(入館は17:00まで)

②定休日

第2・4月曜日(祝日の場合は翌日)

但し、全館燻蒸作業日(12月)と年末年始(12/29~1/3)は休館


利用料金

一般:300円

小・中学生: 100円


アクセス

電車:

①JR・東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」下車 出口2より徒歩10分

②東京メトロ丸ノ内線「四谷 三丁目 駅」下車 出口4より徒歩8分

③都営地下鉄新宿線「曙橋駅」下車 A-4出口より徒歩8分


駐車場

無し

甘泉園公園

歴史ある日本庭園を散策してみよう!


「甘泉園(かんせんえん)公園」は江戸時代の庭園を利用した区立公園です。尾張徳川家の拝領地となった後、御三卿の清水家の下屋敷が置かれた場所で、庭園の湧き水がお茶に適していたことにちなみ甘泉園と名付けられました。

趣ある門をくぐれば、そこには都心とは思えないほど緑が豊か!池を中心とした回遊式の日本庭園は春は梅や桜、夏はアジサイや新緑、秋は紅葉、冬は雪吊りと四季折々の見どころがあり、「みどりの新宿30選」、「日本の歴史公園100選」に選ばれています。紅葉の時期には隣接する水稲荷神社とともに、ライトアップも行われます。

美しい庭園が楽しめる甘泉園公園。喧騒を離れてのんびりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

住所

東京都新宿区西早稲田3丁目5−43


アクセス

電車: 

①都電荒川線「面影橋駅」から徒歩で約4分 

②都電荒川線「早稲田駅」から徒歩で約6分 

③副都心線「西早稲田駅」から徒歩で約14分 

④東西線「早稲田駅」から徒歩で約14分


駐車場

無し


営業時間

・3月~10月 7:00~19:00 

・11月~2月 7:00~17:00


利用料金

無料

明治神宮野球場

一年中、試合やイベントで賑わう野球場


新宿区と港区にかけて広がる「明治神宮外苑」。明治神宮の境内の一部ですが、厳かな雰囲気の内苑とは異なり、ゴルフ練習場やテニスコート、スケートリンクなどスポーツ施設が数多く点在しています。

その中の一つ「明治神宮野球場」は1926年にオープンした野球場。東京六大学野球リーグをはじめする学生野球の聖地として知られているほか、東京ヤクルトスワローズの本拠地としても有名です。


また、年間を通して数多くのコンサート等のイベント会場としても利用されています。毎年夏には「神宮外苑花火大会」のメイン会場となる明治神宮野球場。都心の夜空を彩る約1万発もの花火を観客席から鑑賞できるほか、豪華アーティストによるスペシャルライブも開催されます。

住所

東京都新宿区霞ヶ丘町3-1 明治神宮野球場


アクセス

電車: 

①東京メトロ「外苑前駅」から徒歩で約6分 

②JR「信濃町駅」から徒歩で約11分 

③東京メトロ・都営地下鉄「青山一丁目駅」から徒歩で約11分


駐車場

有り 

664台まで

聖徳記念絵画館 

明治天皇の業績を後世に伝えるミュージアム


「聖徳記念絵画館」は明治天皇と昭憲皇太后の業績を後世に伝える目的で、大正15年に建てられた美術館。銀杏並木とともに、明治神宮外苑のシンボルとして親しまれています。岡山県万成産の花崗岩で覆われた重厚な建物は、国の重要文化財に指定。内部は岐阜県美濃産をはじめとする国産大理石やモザイクタイルが用いられています。


中央のドーム型の大広間を挟み、左右に絵画室が配置され、史実に基づいて描かれた縦約3m、横約2.7mもの大壁画が80枚収められています。明治天皇のご生誕から崩御までの出来事を、前半を日本画40枚、後半を洋画40枚で年代順に展示。大政奉還や戊辰戦争、憲法発布といった教科書でもお馴染みの場面をはじめ、皇室の行事などの様子も知ることができますよ。

住所

東京都新宿区霞ヶ丘町 都道414号線


アクセス

電車: 

①大江戸線「国立競技場駅」から徒歩で3分 

②JR「信農町駅」から徒歩で6分 

③JR「千駄ケ谷駅」から徒歩で7分 

④銀座線・半蔵門線・大江戸線「青山一丁目駅」から徒歩で14分 

⑤丸ノ内線「四谷三丁目駅」から徒歩で15分


駐車場

有り 


営業時間

①平常 

9:00~17:00(最終入館16:30) 

②年末年始(12月30日~1月2日) 

10:00~17:00(最終入館16:30)


利用料金

施設維持協力金(入館料)500円

草間彌生美術館

草間作品を満喫できるミュージアム


2017年10月にオープンした「草間彌生美術館」は、世界的アーティスト・草間彌生の私設美術館です。5階建てのビル丸ごと一棟に草間作品を収蔵。

日時指定の各回90分の定員入れ替え制で、混みあうこともなく草間作品をゆっくりと鑑賞することが可能です。鮮やかな色彩で描かれた大型の絵画「わが永遠の魂」シリーズやモノクロドローイングの「愛はとこしえ」シリーズなど展示。ミラールーム「無限の彼方へかぼちゃは愛を叫んでゆく」といった初公開作品なども見どころです。


屋上にはフォトジェニックなカボチャのオブジェがあるほか、トイレ等にも水玉模様が描かれ、草間ワールドを思う存分堪能できる観光スポット!年2回の展示替えが行われるので、何度も訪れる楽しみがありますよ。アート鑑賞にお出かけしていてはいかがでしょうか。


住所

東京都新宿区弁天町107


アクセス

電車: 

①大江戸線「牛込柳町」から徒歩で約6分 

②東西線「早稲田駅」から徒歩で約7分 

③東西線「神楽坂駅」から徒歩で約11分


営業時間

(1)開館日 木・金・土・日曜・国民の祝日 

(2)開館時間 11:00〜17:30

(3)入場時間(入場は日時指定の予約・定員制) 

①11:00〜12:30 (11:30までに入場)

②12:00〜13:30 (12:30までに入場)

③13:00〜14:30 (13:30までに入場)

④14:00〜15:30 (14:30までに入場)

⑤15:00〜16:30 (15:30までに入場)

⑥16:00〜17:30 (16:30までに入場) 

(4)休館日 月・火・水曜


利用料金

一般1,000円(税込)、小中高生600円(税込)

善国寺 (毘沙門天)

「神楽坂の毘沙門さま」として信仰を集めるお寺


お洒落な雑貨屋や趣きある路地、歴史が感じられる寺社などが点在し、散策が楽しめるエリアとして人気の神楽坂。「善国寺」は今から約400年前に徳川家康により創建された日蓮宗のお寺で、1792年に千代田区から神楽坂の地に移転しました。

本尊には開運・厄除けのご利益で知られる毘沙門天を安置。江戸時代より「神楽坂の毘沙門さま」として信仰を集め、芝の正伝寺と浅草の正法寺とともに江戸三毘沙門として親しまれています。


また、新宿山ノ手七福神の一つにも数えられ、お正月には七福神巡りを楽しむ方々で賑わうスポット。毘沙門天は寅年、寅の月、寅の日、寅の刻に生誕されたといわれ、本堂左右には狛犬ならぬ狛虎が鎮座。

5月と9月の初寅の日、お正月は初寅と二の寅の日に御本尊が御開帳され、「百足(むかで)ひめこばん」という特別な授与品も頂けます。

住所

東京都新宿区神楽坂5丁目36


アクセス

電車: 

①大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩で約5分 

②東西線「神楽坂駅」から徒歩で約6分 

③JR・東西線・有楽町線・南北線・大江戸線「飯田橋駅」から徒歩で約6分

ねこの郵便局という名前のお店

猫グッズが溢れる不思議な空間は猫好き必見!


東京メトロ「神楽坂駅」から徒歩で約1分ほど、早稲田通りから少し奥に入った路地にたたずむのが「ねこの郵便局というなまえのお店」。車庫を改装したお店には猫グッズが溢れており、まるで秘密基地のようなにぎやかな外観です。

店舗面積は約3坪と小さめですが、店内には猫好きにはたまらない猫グッズが所狭しと並べられています。猫雑貨をはじめ、招き猫や猫に関する本などさまざまな猫グッズが並び、見ているだけでも楽しくて猫好きにはたまらないお店となっています。

また"郵便局"の名前にふさわしく切手の取り扱いもあり、店内にはポストも。ポストを開けるとなんと郵便局長を務めるネコの置物が鎮座しています。


神楽坂は「吾輩は猫である」の筆者、夏目漱石のゆかりの地であり「化け猫パレード」が開催されたりと猫と縁が深い街です。そんな「猫の街」にある「ねこの郵便局という名前のお店」は、猫好きの方必見の素敵なお店ですよ。

ねこの郵便局という名前のお店


住所

東京都新宿区矢来町162


営業時間

営業時間 12:00~18:00 


定休日

不定休


アクセス

電車: 

①東西線「神楽坂駅」から徒歩で約2分 

③大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩で約7分

市ヶ谷フィッシュセンター

アクセス抜群!都会でのんびりフィッシング


JR「市ヶ谷駅」を降りると目の前に広がるのどかな鯉の釣り堀。「市ヶ谷フィッシュセンター」は、総合鑑賞魚センターです。魚の飼育が初めてという初心者からマニアの方まで誰もが気軽に訪れ、満足できる場所となっています。


世界中から集められた熱帯魚や水槽、飼育用品が揃う創業50年以上の都内最大級の専門店。そしてその一角には釣り堀が併設されています。カープフィッシングをはじめ、ミニ・フィッシング(金魚や小さな鯉)もあるので、女性や小さな子どもでも安心して楽しむことができます。

ずらりと並ぶ水槽でかわいいお魚が泳いでるのを見ると、まるで水族館に来たかのような気分に。駅からのアクセスが良く、手ぶらで訪問できるので、思い立ったときに気軽に遊びに行けるのも嬉しいポイントですね。

市ヶ谷フィッシュセンター


住所

東京都新宿区市谷田町1丁目


営業時間

①カープフィッシング営業時間 

・平日 9:30〜20:00 

・土曜 9:00〜20:00 

・日曜・祝日 9:00〜20:00 

・定休日 年中無休 

 

②ミニフィッシング 

・平日 12:00〜20:00 

・土曜 9:00〜19:00 

・日曜・祝日 9:00〜19:00


定休日

年中無休


アクセス

電車: 

①JR・有楽町線・南北線・新宿線「市ヶ谷駅」から徒歩で約3分 

②JR・丸ノ内線・南北線「四谷駅」から徒歩で約12分

大隈庭園

ピクニックに最適!緑豊かな都会のオアシス


早稲田大学早稲田キャンパスの近くにある「大隈庭園」は、大隈重信ゆかりの庭園です。芝生が広がる開放的な庭と、池泉を中心にした日本庭園がある和洋折衷の庭園。明治20年、大隈邸が築かれた際に作庭され、大正11年(1922年)に大隈重信の没後、早稲田大学に寄附されました。


庭園内は都心にあるとは思えないほど緑で溢れています。空気が気持ちよく四季折々の美しさを感じることができますよ。読書、旅行など多趣味であった大隈重信ですが、園芸に対する思いはとても強く、それは数多くの樹々が息づく大隈庭園の様子からも感じ取ることができます。

広い芝生はレジャーシートを広げてのピクニックにもぴったり。入園無料なので、ぜひご家族でのんびりと都会のオアシスを訪れてみてはいかがでしょうか。緑いっぱいの自然を身体で感じれば、きっと身も心もリフレッシュできますよ。

大隈庭園


住所

東京都新宿区戸塚町1丁目104 大隈庭園


営業時間

①営業時間(月~土の授業実施日) 

※天候不順日は閉園 

・4~9月 9:00〜17:00 

・10~3月 9:00〜16:30 


定休日

日曜(天候不順日は閉園)


アクセス

電車: 

東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩で約5分

いかがでしたか?

今回は東京都新宿区のオススメスポットを紹介しました。

楽しい飲み屋スポットだけでなく、四季折々の花が美しい新宿御苑や幕末歴史観光のスタートにぴったりな「試衛館跡」、都会の喧騒を忘れさせてくれるような神楽坂の和カフェなど、おすすめ観光・名所がたくさんあります。アクセスは抜群なので、新宿近くで用事がある際は、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?