歌舞伎町や新宿2丁目など歓楽街のイメージも強い新宿。でも、美しい庭園や景色のきれいな場所、おしゃれなカフェなどといった観光・名所も数多くあるんです。今回はその中からロコナビおすすめのスポットをピックアップしてご紹介します!

この記事の目次

東京都庁

お金をかけないで楽しめる!地上202メートルの高さから東京のまちを一望


東京都の行政機関を司る東京都庁は、新宿区西新宿にあります。都庁ビルの設計は有名建築家の丹下健三氏が手がけたことでも有名ですが、都議会議事堂や展望室など、無料で見学できるのは知っていますか?実は東京都庁はお金をかけないで楽しめる、穴場観光スポットとなっているんです。


東京都庁の第1庁舎と第2庁舎をつなぐ渡り廊下を渡ると、都議会議事堂があります。都議会議事堂は都議会本会議中でなければ、誰でも予約の必要なく見学が可能です。また、都議会議事堂にはTOKYO都庁議事堂レストランという施設があり、一般観光客でも自由に利用できます。名前だけ聞くと敷居が高そうですが、激安居酒屋のようなリーズナブルな値段設定で気軽に足を運べそうです。


都庁観光の一番のおすすめは、45階にある「都庁展望室」。地上202メートルの高さから東京のまちを一望できます。高層階の展望室というと東京タワーや六本木ヒルズなど有料の場所も多いですが、都庁展望室は無料で利用することができます。展望室フロアーにはカフェやレストランが常設されているので、素敵な景色とともにゆっくりと食事も楽しんでみてはいかがでしょうか?

東京都庁


住所

東京都新宿区西新宿2丁目8-1


営業時間

・南展望室 9:30~17:30 

・北展望室 9:30~23:00(入室締切 22:30) 


定休日

・南展望室 第1及び第3火曜日、年末年始 

・北展望室 第2及び第4月曜日、年末年始 


料金

無料


アクセス

電車: 

①都営大江戸線「都庁前駅」直結

②JR「新宿駅」から徒歩で約11分


バス: 

都営バスまたは京王バス「都庁第一本庁舎」下車


駐車場

あり


ウェブサイト

http://www.yokoso.metro.tokyo.jp/

天然理心流試衛館跡

幕末歴史観光に寄りたい!新選組の始まりの地


東京都新宿区市谷柳町には、新選組の母体となる天然理心流試衛館の跡地があります。天然理心流は剣術、居合術、柔術、棍法(棒術)、活法、気合術等を含む総合武術で、試衛館は天保10年(1839年)新選組局長の近藤勇の養父である天然理心流3代目近藤周助によって創設されました。その後、近藤勇が後を継ぎ、土方歳三(新選組副長)、山南敬助(副長、総長)、沖田総司(新選組一番隊組長及び撃剣師範)、井上源三郎(六番隊組長)が門弟として在籍しています。


現在は跡地としての目印で碑が立っているのみですが、当時はこの場所に毎日30~40人が稽古に来たそう。また、近藤家の住居も兼ねていたようです。幕末歴史観光のスタートはぜひ、ここから。剣術の腕を磨いていた幕末の剣士たちに思いを馳せながら、散策をしてみてはいかがでしょうか?

天然理心流試衛館跡


住所

東京都新宿区市谷柳町25


アクセス

電車: 

都営大江戸線「牛込柳町駅」から徒歩で約3分

VR ZONE SHINJUKU

国内最大級のVR施設で迫力のアクティビティを楽しもう


最先端のVR技術がアクテビティで体験できる、VRエンターテイメント施設「VR ZONE SHINJUKU」は2017年7月、新宿区歌舞伎町にオープンしました。2階建ての大きな建物の中では、13種類のVRアクティビティと3種類の一般アクティビティを楽しむことができます。 


VR ZONE SHINJUKUでは、スリル満点のアクティビティが盛りだくさん。ドラゴンボールで一番有名な必殺技かめはめ波を体験できる「ドラゴンボール VR 秘伝かめはめ波」、世界中で人気のマリオカートの世界に入ってレースが体験できる「マリオカート アーケードグランプリ VR」、エヴァンゲリオンに自ら搭乗して使徒を殲滅する「エヴァンゲリオン VR The 魂の座」などの人気VRアクティビティはもちろんですが、VR以外のアクティビティも見逃せません。本物の巨大風船を使用する「巨大風船爆発ルーム パニックキューブ」や、高さ7mから垂直落下する「ナイアガラドロップ」など、絶叫必至の内容になっています。

 

また、施設内にはカフェ&ダイナー「GLAMPER’S」があり、食事や休憩をすることができます。フォトジェニックな本格フードを楽しむことができますよ。デートに、友達とのお出かけに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

VR ZONE SHINJUKU


住所

東京都新宿区歌舞伎町1丁目29−1


営業時間

10:00~22:00(最終入場時間21:00) 

※アクティビティ受付終了時間21:30 (各アクティビティに列がある場合は、早めに受付終了の場合あり) 

※飲食ラストオーダー フード21:00/ドリンク21:45(持ち帰りは22:00まで販売) 


定休日

なし


料金

HPを参照


アクセス

・JR「新宿駅」東口から徒歩で約7分 

・西武新宿線「新宿駅」から徒歩で約2分 

・東京メトロ「新宿三丁目駅」から徒歩で約10分 


ウェブサイト

https://vrzone-pic.com/

新宿御苑

四季折々の花で彩られる都会のオアシス


新宿御苑の歴史は、天正18年(1590)に譜代大名であった内藤氏が徳川家康よりこの地を拝領したときに始まります。新宿御苑付近の地名「内藤町」は、この内藤家の屋敷があったことがルーツとのこと。明治5年(1872)には、日本の近代農業振興を目的とする内藤新宿試験場が設置され、その後、宮内庁所管の新宿植物御苑となり、明治39年(1906)には日本初の皇室庭園である新宿御苑が誕生しました。


広さ58.3ヘクタール、周囲3.5kmの園内には、フランス式整形庭園、イギリス風景式庭園と日本庭園が巧みに組み合わせられ、日本における近代西洋庭園の名園といわれています。中でもおすすめは池泉回遊式の日本庭園。水と緑のコントラストが美しく、観光客の人気フォトスポットとなっています。また、イギリス風景式庭園の旧洋館御休所、日本庭園の旧御凉亭など、皇室時代の歴史を今に遺す様々な歴史建造物があり、こちらも見どころのひとつです。


四季折々の花が咲き、一年中楽しめる新宿御苑ですが、一番賑わいを見せるのは春のお花見の季節。新宿御苑は都内有数のお花見の名所として有名で、日本さくら名所100選にも選ばれています。ぜひお弁当を持参してピクニックがてら散策を楽しんではいかがでしょうか?

新宿御苑


住所

東京都新宿区内藤町11


営業時間

9:00〜16:00(16:00 入園終了、16:30閉園)


定休日

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)


料金

一般200円/小・中学生50円/幼児無料


アクセス

電車: 

JR「千駄ケ谷駅」から徒歩で約3分 

東京メトロ「新宿御苑前駅」から徒歩で約8分


バス:

新宿WEバス「新宿御苑」下車、徒歩すぐ


車:

首都高速道路4号線「外苑」出口をおり、外苑東通りを早稲田方面に進む。

「四谷三丁目」交差点を左折し、新宿通りの「新宿一丁目」交差点を左折し正面が(大木戸門の横)駐車場


駐車場

あり

①駐車場利用時間

新宿御苑開園日 8:00~19:00

※出庫は20:00まで。また20:00以降は翌日8:00まで出庫できません

※駐車場は開園日のみの営業となります(休園日の入出庫は出来ません)

②普通車

・3時間まで500円、以後30分毎100円

・大型車 3時間まで2000円、以後30分毎400円

・普通車 200台、大型車5台


ウェブサイト

http://fng.or.jp/shinjuku/

神楽坂茶寮本店

都会の喧騒を忘れさせてくれる、隠れ家的和カフェ


東京都新宿区神楽坂の神楽坂茶寮本店はスイーツが美味しいカフェ、甘味処として有名です。抹茶スイーツのラインナップが充実していて、とりわけフルーツやパイを濃厚な抹茶につけて食べる、京抹茶のチョコレートフォンデュが人気。またスイーツは自社の製菓工房内で添加物を一切使用しておらず、パティシエがひとつひとつ丁寧に作りあげています。


和スイーツはもちろん、食事メニューも見逃せません。おすすめはランチ限定のおばんざい2個&3個セット。常時8種あるおばんざいの中から2品または3品選ぶことができ、ちょっとした京都気分を味わうことができます。


その他にも神楽坂にはホッと落ち着ける和のお店やおしゃれなカフェなど見どころが盛りだくさん!美味しいスイーツを味わいながら、ぶらり散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか?

神楽坂茶寮本店


住所

東京都新宿区神楽坂5丁目9


営業時間

①月~土 

11:30~23:00(L.O.22:00) 

②日・祝 

11:30~22:00(L.O.21:00) 


定休日

不定休


アクセス

電車: 

・都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A3出口から徒歩で約3分 

・東西線・有楽町線・南北線・大江戸線「飯田橋駅」B3出口から徒歩で約4分 

・東西線「神楽坂駅」1番出口から徒歩で約4分 

・JR「飯田橋駅」西口から徒歩で約5分


駐車場

なし


ウェブサイト

http://saryo.jp/

いかがでしたか?

今回は東京都新宿区のオススメスポットを紹介しました。

歓楽街のイメージも強い新宿ですが、四季折々の花が美しい新宿御苑や幕末歴史観光のスタートにぴったりな「試衛館跡」、都会の喧騒を忘れさせてくれるような神楽坂の和カフェなど、おすすめ観光・名所がたくさんあります。都会だけあってアクセスは抜群なので、新宿近くで用事がある際は、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?