静岡県の西部に位置する「磐田市」。サッカーのジュビロ磐田のホームタウンとしても知られています。観光地としてはお隣の浜松市が目立ちがちですが、磐田市にも数々の名所が点在。特に歴史価値の高いスポットが多く、磐田市の奥深さを感じられます。今回は、そんな静岡県磐田市の観光名所を5箇所ご紹介しましょう!

この記事の目次

磐田市旧見付学校

磐田市のシンボルでもある、日本最古の小学校校舎

磐田市内の「見付」という場所にある「旧見付学校」。

現存する日本で最も古い木造擬洋風小学校校舎として、国の史跡に指定されています。


明治時代に発令された学制発布。その影響を受け、明治7年(1874)に着工を開始し、翌年に落城されました。当初は寺院を仮校舎として使っていましたが、新校舎が完成すると同時に移転します。建設されたのは「磐田文庫」の隣。元治1年(1864)、国玉神社の神官・大久保忠尚が設立した遠州国学の象徴の間近で、多くの子どもたちが勉学に励みました。


建築様式は、洋風木造の2階建の上に2層の楼が重ねられた形。玄関にはエンタシス式の垢抜けた柱を立て、外壁面は漆喰塗り、内部は中央階段の左右に教室を設けた近代的な造りです。また、明治16年(1883)には、2階天井裏を取り壊して3階を増築。その上に2層の楼を重ねて、現在の5階建の校舎へと変わっていきます。


現在、校舎内は教育資料館として開放。最上階に置かれていた「伝酒井の太鼓」も展示されています。また、教室内では当時の授業風景なども再現。木造の香りや床の軋む音も相まって、想像力が掻き立てられます。

B71dfc435994f07d

【お問い合わせ】

0538-32-4511


【営業日】

9:00~16:30


【定休日】

①毎週月曜日(月曜日が祝日又は振替休日の場合は開館)

②国民の祝日の翌日(土・日・月曜日の場合は火曜休み)

③年末年始(12/29 - 1/3)


【アクセス】

電車:

JR東海道本線「磐田駅」北口より北へ徒歩約13分


バス:

①JR「磐田駅」北口1番乗り場から遠鉄バス

31「磐田市立病院・大藤・神増原行き」

32「磐田市立病院・笠梅原・山梨行き」乗車、「旧見付学校」下車、徒歩約1分


②JR「磐田駅」北口2番乗り場から遠鉄バス

80「見付・磐田営業所行き」乗車、「新通町」下車、徒歩約5分


③JR「磐田駅」北口1番乗り場から

「秋葉バス遠州森行き」乗車「旧見付学校」下車、徒歩約1分


車: 

東名高速道路「磐田IC」から3km 約10分


【駐車場】

有り

普通車8台分


【ウェブサイト】

http://kanko-iwata.jp/tanoshimu/tanoshimu-298/

矢奈比賣神社

凛々しく鎮座する霊犬・悉平太郎の伝説が残る

平安時代、遠江国の国府が置かれていた磐田市見付。

東海道28番目の宿場町として賑わったこの地を長年見守り続けているのが「矢奈比賣(やなひめ)神社」です。相殿には学問の神様としても知られる菅原道真が祀られており、「見付天神」「見付のお天神様」とも呼ばれています。


矢奈比賣神社の見所は、そのさらに奥にあります。

境内を出た先にある「つつじ公園」の一角にあるのが「霊犬神社」。なんと、狐でもなく、狛犬でもなく、柴犬のような犬の像が建てられています。霊犬・悉平太郎を御祭神として神社。

鎌倉時代後期に怪物から村人を救ったことから、悉平太郎を神様として祀るようになりました。赤鳥居の横で凛々しく立つ姿は、まさに守護神・ヒーローを思わせる風格です。


そのほか、旧暦8月4日〜11日の8日間に開かれる「見付天神裸祭」も見所。「天下の奇祭」とも呼ばれ、重要無形民俗文化財に指定されています。また、つつじ公園では4月中旬頃に約30種・3,500株のつつじが咲き誇ることでも有名。各シーズンに合わせて、悉平太郎に会いに行ってみてはいかがでしょうか。

Ab039da434323bdb
668d989ef156514e
1ef55dd8fb0c2ff0

【お問い合わせ】

0538-32-5298


【営業日】

通年


①開門時間・閉門時間

参拝の時間に限りなし


②社頭授与時間

8:30頃~16:30頃


③祈祷受付時間

9:00頃~16:00頃


【利用料】

無料


【定休日】

無休


【アクセス】

電車:

JR東海道本線「磐田駅」北口より北へ徒歩約13分


バス:

JR「磐田駅」より 2のりば「遠鉄バス80系統」乗車約7分「見付バス停」下車


車: 

①「東名磐田IC」より約7分

②「磐田バイパス見付1IC」より約5分


【駐車場】

有り

境内に無料駐車場


【ウェブサイト】

https://mitsuke-tenjin.com/

獅子ヶ鼻公園

険しくも美しい修験者の道、歴史の奥深さを感じるトレッキングスポット

唐獅子のような形の奇岩から名付けられた「獅子ヶ鼻(ししがはな)公園」。

弘法大師の開山伝説が残る、霊験あらたかな場所として知られています。


公園付近には、歴史を感じられるスポットが多数点在。

例えば、幅数センチの石橋を渡る「蟻の戸渡り」、弘法大師ゆかりの歌が刻まれた「役の行者の石仏」、奈良時代に建てられた大寺院の跡後、江戸時代に建てられた「観音堂」など、外の世界から閉ざされた神秘的な空気を感じられます。


また、最近では大正初期に造られたとされる石仏群が発見。

公園内で発見されている石仏6体と合わせて、計88体もの石仏が残されています。公園に関する歴史文献には「88カ所と称する石仏が安置されている」と記されていることから、四国八十八箇所の霊場巡りを参考にしたのではと考えられているそうです。


磐田市を代表とする、トレッキングコースとしても人気の獅子ヶ鼻公園。鎖場、ハシゴ、ロープを使う険しい道のりはスリル満点!修験者の気持ちになりながら、歴史的遺産を巡ることができますよ。

9096eb087f9ae40c

【お問い合わせ】

0538-37-4806


【アクセス】

電車: 

天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線「敷地駅」から徒歩30分


車: 

東名高速道路「磐田IC」から30分


【駐車場】

有り

第1駐車場・第2駐車場


【ウェブサイト】

http://kanko-iwata.jp/tanoshimu/tanoshimu-427/

府八幡宮

奈良時代に起源あり!遠州国内の平安祈願が込められた神社

天平年間(729〜748年)が始まりと考えられている「府八幡宮」。

遠江国司(当時の知事)であった曽孫桜井王が守護として赴任し、遠江国内の平安治安のために府内へと奉られたのがきっかけとされています。


本来は遠江国府八幡宮という名称でしたが、現在は府八幡宮を正式名所としており、地元からは「八幡さま」「中泉の八幡さま」の愛称で親しまれています。約4万平方メートルの広大な敷地には自然林が豊富。静岡県の「ふるさと自然百選」にも選ばれており、神秘的な時間が流れています。


府八幡宮にある建物の多くは江戸時代に建てられたもの。

寛永12年(1653)建造の「楼門(ろうもん)」は、入母屋造り・純和様建築の隋神門。歴史的価値が高く、静岡県の文化財に指定されています。そのほか、中門・本殿・拝殿・幣殿も磐田市の文化財に指定。また、社宝として、二羽の鳳凰と二箇所の瑞花が刻まれている奈良時代の唐式鏡「瑞花鳳鸞八稜鏡」や平安時代に作れた「僧形八幡像」「女神像」も収められています。


毎年秋頃に行われる「府八幡宮祭典」も有名。

各町が独自の飾り付けをした山車が曳き回される光景は圧巻の一言!府八幡宮で磐田市の歴史の深さを感じてみてはいかがでしょうか。

4b8446549a62a4b6

【お問い合わせ】

0538-32-4762


【営業日】

通年

府八幡宮祭典は10月第1土曜・日曜に開催


【利用料】

無料


【定休日】

無休


【アクセス】

電車:

JR東海道本線「磐田駅」北口より北へ徒歩約13分


バス:

JR「磐田駅」北口1番乗り場より、

遠鉄バス 30二俣・山東行きバス乗車3分、南高校下車、徒歩約2分


車: 

①「加茂川」交差点を南(磐田駅方面)へ曲がって約2分

②「磐田東IC」で降りて県道44号線を南(磐田駅方面)へ約10分

③「磐田IC」で降りて県道86号線を南(磐田駅方面)へ約15分

④「遠州豊田PA」で降りて県道44号線を南(磐田駅方面)へ約15分


【駐車場】

有り

普通車30台分


【ウェブサイト】

http://www.fu-hachimangu.jp/

行興寺

樹齢800年以上、長さ1m以上、幽玄なる長藤の世界

静岡県の西部に流れる天竜川。

その下流付近のゆるやかな時間の流れる場所に「行興寺」があります。


行興寺の見所は、4月下旬から5月上旬にかけて開花する「長藤」です。

境内にある長藤は「熊野(ゆや)の長藤」とも呼ばれ、平安時代、平宗盛から寵愛を受けた熊野御前が植えたとされています。


推定樹齢850年ともいわれている長藤は国指定樹のひとつ。その特徴は花房の長さで、満開時には1m以上にもなります。ちなみに、平成27年(2015)には、1m89cmを記録したとか。その可憐な姿は、極めて美しい女性だったと伝えられる熊野御前を表しているかのようです。そのほか、境内には静岡県から天然記念物に指定されている5本の県指定樹もあり、そよ風に無数の花房が揺られ、幽玄な景色が広がります。


また、行興寺の北側にある「豊田熊野記念公園」にも藤の花棚。

約1,600平行メートルに広がる藤のカーテンは圧巻の一言。熊野御前の命日とされる5月3日には供養祭も行われるので、合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。

F061c01731d4cb54

【お問い合わせ】

0538-34-0344


【営業日】

通年

熊野の長フジ見頃 4月下旬~5月初旬


【利用料】

無料


【定休日】

無休


【アクセス】

バス:

①JR「磐田駅」から「長森(遠鉄バス約12分)」下車、徒歩約15分

②JR「豊田町駅」の北口から、無料のシャトルバス運行(祭り期間中のみ)


車: 

東名高速道路「磐田IC」から25分


【駐車場】

有り

祭り期間中は臨時無料駐車場もあり


【ウェブサイト】

http://hellonavi.jp/detail/page/detail/2111

いかがでしたか?

今回は、静岡県磐田市の観光名所を5箇所ご紹介しました。

日本最古の小学校校舎をはじめ、弘法大師ゆかりの修行地、国指定樹に指定されている長藤など、磐田市の歴史の深さを思わせるスポットがたくさん点在しています。花々の開花やお祭りなど、各シーズンにおいて魅力が最大限に発揮されるので、訪れる際には磐田市のイベント情報などをチェックしておきましょう!