アニメ・サブカルのイメージが強い東京都中野区ですが、歴史的な神社仏閣や個性的な飲食店などなど、他にも見どころがたくさんあります。今回はそんな中野区のおすすめ観光・名所スポットからピックアップしてご紹介します!

この記事の目次

新井薬師梅照院

「目の薬師」で眼病平癒を


中野区の新井薬師梅照院は真言宗豊山派に属し、新東京百景にも指定される由緒あるお寺です。御本尊は、薬師如来と如意輪観音の二仏一体の黄金仏。鎌倉時代に活躍した武将・新田家代々の守護仏だったと伝えられています。鎌倉時代から南北朝にかけての戦乱の最中、御尊像は消えてしまいますが、天正14年(1586年)に庭に植わる梅の古木が夜毎に光るという現象が起こり、梅の木を調べると薬師如来が現れました。それを安置するため薬師堂を建立したのが梅照院のはじまりと言われています。


不思議な出来事とともに出現した薬師如来は、徳川二代将軍秀忠の子・和子の方が失明した時に祈願して治癒したことから、「目の薬師」として人々の信仰を集めています。目のご利益があるお守りも多く、中でも有名なのが「めめ」と書かれた「めめ絵馬」。「め」の一方は鏡文字になっていて、絵馬のほか根付や「めぐすりの木」というお茶にも同様のデザインが施されています。


また、新井薬師梅照院境内の白龍権現水は名水として有名です。なんでも「新井」の地名はどこを掘っても良質の水が出て新しい井戸ができることからつけられたそうです。スマホやPCで疲れた目を癒しに、そして休憩がてら名水を味わいに、「目の薬師」を訪れてみてはいかがでしょうか?

01215183e6d4e83e

新井薬師梅照院


住所

東京都中野区新井5丁目3−5 新井薬師梅照院


アクセス

電車: 

西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩で約6分


ウェブサイト

http://www.visit.city-tokyo-nakano.jp/category/walking/recommend/625

山﨑記念中野区立歴史民俗資料館

「実物を見せる」ことにこだわった展示


山﨑記念中野区立歴史民俗資料館は、1984年に名誉都民である山﨑喜作氏から土地を寄付されたことを契機に1989年に設立されました。資料館では郷土の文化遺産を保存し、展示活用しています。もともと中野区の北部は旧家が多く残り、郷土の歴史に対する意識が高い地域。歴史的に価値のあるものが、地域の他の人々からも寄贈されています。


館内には常設展示室と特別展示室、企画展示室の3つの展示室があります。常設展示室ではさまざまな物品や再現ジオラマなどを展示し、原始から現代までの中野の歴史を知ることができます。特別展示室と企画展示室では年に3、4回、テーマを変えて様々なものを展示しています。


資料館のこだわりの一つが、「複製や模型ではなく、なるべく本物を探してくる」こと。

常設展の中には、旧江古田村の実物の古民家(旧深野邸)を解体し、土間まわりを原寸大に復元したコーナーがあります。また、古伊万里の食器、歌川広重の浮世絵など、地域の博物館としては多数の美術品、工芸品が保管されています。


資料館に訪れた際にぜひみておきたいのが、資料館に続く敷地にある樹齢おおよそ500年のしいの木。中野区文化財にも指定されている、都内では珍しい大木です。また、資料館から徒歩15分ほどのところには「哲学のテーマパーク」、哲学堂公園があります。古代〜現代までの中野の歴史を学んだ後は、哲学の発想に触れながら公園でのんびりするのもおすすめです。

F5494657ebd06977

山崎記念中野区立歴史民俗資料館


住所

東京都中野区江古田4丁目3−4 山﨑記念区立歴史民俗資料館


開館時間

9:00〜17:00(入館は16:30まで)


定休日

月・第3日曜、12月28日~1月4日


入館料

無料


アクセス

電車: 

西武新宿線「沼袋駅」から徒歩で約8分


ウェブサイト

http://www.visit.city-tokyo-nakano.jp/category/walking/recommend/266

紅葉山公園

SL機関車のある紅葉のきれいな公園


紅葉山公園は中野区による東京百年記念事業の一環として造られた公園で、1970年3月3日に開園しました。大正時代は私有地で、もみじが多く植えられていたことから「紅葉山」と呼ばれており、それが公園名になっています。


公園内にはモミジやシイといった樹木、遊具、池、そして蒸気機関車などがあります。中でも蒸気機関車(C11 368)は1972年まで東北地方にある石巻線で使われていたもので、迫力満点。子供に大人気のスポットです。


また、公園に隣接するなかのZERO(もみじ山文化センター)には、コンサートや講演会が開かれる大ホールのほか美術ギャラリー、さらにはプラネタリウムや図書館があるので子供とのお出かけにも最適。もちろん「紅葉山」の名前の通り、秋には美しい紅葉を見ることができます。中野まち歩きの寄り道に、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

D66407258fa05e64

紅葉山公園


住所

東京都中野区中野2丁目4−23


アクセス

電車: 

JR・東西線「中野駅」から徒歩で約7分


ウェブサイト

http://www.visit.city-tokyo-nakano.jp/category/walking/recommend/335

Franky & Trinity

ナイフを入れると、とろふわ!絶品ドルフィンオムライス


丸ノ内線 中野坂上駅から徒歩2分。年季の入った建物の地下にひっそりとある「Franky & Trinity」では、とろふわの絶品オムライスを味わうことができます。


それほど広くない店内はいつも満席。混んでいる時には建物の外まで行列ができています。「包み型」、「まぜ型」などのオムライスのメニューが並びますが、初来店でぜひ頼みたいのは「ドルフィンオムライス」。ケチャップライスの上にぷるぷるのオムレツが載ったオムライスです。


オムレツにナイフを入れると、中からとろとろ、ふわふわの卵がとろけだします。ナイフを入れる前のぷるぷるの状態と、卵がとろけ出す様子はぜひ動画に収めたい光景。美しい見た目もさることながら、もちろん味も絶品です。どこか懐かしい味のケチャップライスとふわとろの卵を堪能しに、ぜひ足を運んでみませんか?

E0bdbcafe6f0edca

Franky & Trinity


住所

東京都中野区中央1-33-7 山田ビルB1


営業時間

[火~金] 

12:00~14:00(L.O.13:45) 

18:30~21:00頃まで


[土] 

12:00~14:00(L.O.13:45)


定休日

日曜、月曜、祝祭日


アクセス

東京メトロ丸ノ内線または都営大江戸線「中野坂上駅」から徒歩で約2分

中野レンガ坂商店街

個性的で隠れ家のようなお店が並ぶ


中野駅南口すぐのところにある通り、「レンガ坂」。ここ数年でおしゃれなバルや飲食店が増えて、人気のおしゃれ飲み屋街になりました。おしゃれで美味しいだけでなく、個性的なお店もずらり。最近はテレビでも取り上げられるなど、一層盛り上がりを見せている人気スポットです。


例えば通りの向かって左側にある「みなみのカエル」は、女性一人でも入りやすい、おしゃれなナチュラルダイニング。季節の食材を使った手作りの「ほっこり」メニューは、お肉料理などのボリューミーなものから、「もずくピザ」など女性受けしそうなものまで様々。長年のアイリッシュバーのマイスター経験から提供するギネスの生ビールは絶品です。


その他にも、スタッフがお客さんの好みに合わせて日本酒をセレクトしてくれる日本酒バル、「青二才 ao-nisai 中野店」や、古民家を改造して作られたスペイン・メキシコ料理店「ラテンバル ボケリア」など、個性的でおしゃれなお店がそろいます。仕事終わりの一杯に、休日のランチに、訪れてみてはいかがでしょうか?

9aba2166dbba9a38

中野レンガ坂商店街


住所

東京都中野区中野3-34


アクセス

電車: 

JR「中野駅」南口から徒歩で約1分


ウェブサイト

http://rengazaka.tokyo.jp/index.html

中野ブロードウェイ

マニアックなアイテムが勢ぞろい


「サブカルの聖地」として知られる中野ブロードウェイは、1966年に開業しました。低層階はショッピングセンター、高層階は集合住宅(マンション)となっている商業住宅複合ビルで、開業した当時は高級ファッションビルとして親しまれ、芸能人たちも多く住んでいたといいます。

そんな中野ブロードウェイがサブカルの聖地へと変貌を遂げたのは、バブル崩壊後の1991年。1980年から営業を始めた漫画専門古書店「まんだらけ」を筆頭に様々なジャンルのコアなショップが集まり、アニメ、漫画、ゲームなどの日本のサブカルチャーが勢ぞろいすることとなりました。


ショッピングエリアは地下1階から地上4階まで、特に2階から4階にマニアックな専門店が集まっています。フィギュアや漫画をはじめ、時計やレコード、他では手に入らないマニアックな書籍などレアなアイテムが揃いマニア垂涎。その他、可愛いアパレルショップや世界的な前衛芸術家、村上隆さんらが出店したギャラリーなど様々な見どころがあり、サブカルファンでない人でも楽しめます。


マニアックなショップで知られる中野ブロードウェイですが、個性的な飲食店も充実しています。地下一階にある「デイリーチコ」は1966年開業時から続く老舗のソフトクリーム店。名物は8種類のフレーバーが積み重なった特大ソフトクリームで、コーンを含めると40cmにもなるというビックサイズ!カラフルな見た目がフォトジェニックです。

8b4189b9465b8890

中野ブロードウェイ


住所

東京都中野区中野5丁目52


アクセス

JR中央線「中野駅」から徒歩で約5分

中野サンモール商店街

雨の日のショッピングにもおすすめ


JR中野駅北口から歩いてすぐの場所にある、中野サンモール商店街。どこか懐かしい雰囲気の残るアーケード商店街で、おなじみのチェーン店から昔ながらの個人商店まで現在110店舗で構成されています。ファストフードや弁当惣菜店などのほか、有名ラーメン店や人気のお食事処など、特に飲食店が充実。ドラッグストア、ファッション、銀行など日々の暮らしに役立つお店も充実し、平日・休日問わず地元住民や観光客など、たくさんの人で賑わっています。


商店街の原型となるショッピングアーケードは1958年に完成、「サンモール」の名称は1975年の改装の際につけられました。現在のアーケードは1988年に改装されたもので、太陽をモチーフにした統一看板が特徴。天井はガラスアーチ型の船底をイメージし、アーケード全体に自然光を取り入れた造りになっています。


食べ歩きを楽しむなら、ぜひ訪れたいのが「ロッテリア中野サンモール店」。ロッテリアといえば全国展開のチェーン店ですが、ここでは店舗限定の「コアラのマーチ焼」を販売しています。かわいらしいコアラの顔をした人形焼の中にクリームが入っていて、味はロッテの定番ガーナミルク、カスタード、あずき、そして期間限定フレーバーの4種類。片手で手軽に食べられるので、食べ歩きにぴったりです。


駅近でアクセスがよく、アーケードがあるので雨の日でも濡れずにショッピングが楽しめる「中野サンモール商店街」。商店街の突き当たりは中野ブロードウェイなので、こちらも併せて足を運んでみてはいかがでしょうか。

中野サンモール商店街


住所

東京都中野区中野5丁目


アクセス

電車: 

JR・東西線「中野駅」北口から徒歩で1分

いかがでしたか?

今回は東京都中野区のおすすめ観光スポットをご紹介しました。

「目の薬師」の新井薬師や古代から現代までの中野の歴史を学べる歴史民俗資料館、個性的な商店街や絶品オムライスなどなど、中野区の魅力はサブカルにとどまりません。今回ご紹介したスポット以外にも、見どころ満載の中野区。休日に、仕事終わりに、ふらりと足を運んでみてはいかがでしょうか?


さらに中野のディープな情報はこちらから!

ディープな街「中野」でよりみち散歩してみよう!【東京ガイドブック】