静岡県の最西端に位置する「湖西市」。浜松市はもちろん、愛知県豊橋市からのアクセスも便利で多くの観光客が訪問。浜名湖の西側、遠州灘を望む場所にあることや、年間を通して穏やかな気候から、ゆるりとしたひと時が流れています。また、東海道五十三次の宿場町もあり、歴史的価値の高い名所も点在。今回は、そんな静岡県湖西市の観光名所を5箇所ご紹介します!

この記事の目次

新居関所

幕府最高の警備体制が敷かれた、現存する唯一の関所建物


江戸・日本橋から全国各地を結ぶ東海道五十三次。

各所に関所が設けられ、数えること31番目に当たるのが「新居関所」です。


慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いを終えたあと、徳川家康がすぐに設置。浜名湖と遠州灘の出入り口に当たる場所に設置され、災害により2度の移転を繰り返した後、1708年に現在地へと定まりました。以後、数百年の刻を経た今でも当時と同じ場所に佇んでいます。東海道五十三次の中で唯一現存する関所建物として、国の特別史跡に指定されています。


敷地内で最も目を引くのは、東西に長く伸びる面「番所」。安政2年(1855)に改築された姿を間近で見学することができます。幕府直轄の中でも最高の警備体制が敷かれており、行き交う人たちを厳しく取り締まっていた役人たちの面影を感じられることでしょう。


併設されている史料館では、関所にまつわる資料、街道・交通関係の資料が所蔵されています。又、関所構内では渡船場・護岸や大御門など復元整備が進められており、一見の価値ありです。


そのほか、関所のすぐ近くには「新居宿旅籠紀伊国屋」が資料館として公開されています。紀州藩の御用宿として、江戸初期に開業。昭和30年代の廃業に至るまで続けられた。江戸時代の建築様式が至る所に見られ、湖西市の指定文化財に認定。歴史の息遣いを感じながら、ゆったりとしたひと時を過ごせます。

383295c8576fc5ab

【お問い合わせ】

053-594-3615


【営業時間】

9:00〜17:00(入館受付は16:30まで)


【定休日】

月曜日(休日の場合は振替なしで開館)

12月26日〜1月2日

8月は無休


【利用料金】

新居関所史料館

大人 310円/小人 100円

紀伊国屋資料館

大人 210円/小人 100円

共通券

大人 410円/小人 150円


【アクセス】

電車:

JR「新居町駅」南口から西へ徒歩約8分


車:

東名高速道路「浜松西IC」」「三ケ日IC」より約30分


【駐車場】

有り


【ウェブサイト】

http://www.city.kosai.shizuoka.jp/2294.htm

道の駅 潮見坂

宿場町として栄えた場所にある、静岡県最西端の道の駅


浜名湖の西側にある道の駅「潮見坂」。

静岡県最西端の道の駅として知られ、ドライブの休憩がてら多くの人々が訪れます。


国道1号線「潮見バイパス」からすぐの場所にある道の駅・潮見坂。

湖西市白須賀の場所に位置し、その昔、東海道五十三次の32番目の宿場町として栄えていました。潮見坂は京都から江戸へと向かう旅人が、最初に太平洋を望める場所として伝えられており、現在も道の駅から綺麗な水平線を眺めることができます。


施設内には、道の駅らしくご当地物のお土産がたくさん!

鰻の骨や頭を堆肥にして栽培された「うなぎいも」、遠州灘でとれる「シラス」といった名産品がずらりと並んでいます。


食事処からもオーシャンビューを望めますが、展望デッキからの眺めも最高。

無料の足湯が併設されており、ほっこりとしながら絶景を観ることができます。「もっと近くに行きたい!」と待ち切れなくなったら道の駅のスロープを降りて5分ほどあるけば海岸に出ることもできますよ。

29a9b913810b0024

【お問い合わせ】

053-573-1155


【営業時間】

①本館売店:8:00~19:00

②レストラン:夏期8:30~19:00 冬期8:30~18:00

③足湯:夏期10:00~17:00 冬期10:00~16:00

④お土産の館:9:00~18:45


【定休日】

年中無休


【アクセス】

車:

国道1号選「浜名バイパス」からすぐ


【駐車場】

大型:33台 普通車:113台 EV充電用:4台


【ウェブサイト】

http://www.shiomizaka.com/

女河浦海水浴場

浜名湖の対岸まで望める、静かな波が打ち寄せる海水浴場


浜名湖に面した場所に広がる「女河浦海水浴場」。

長さ200mの砂浜が続く海水浴場で、遠浅ならではの静かな波が打ち寄せています。


毎年7月中旬頃に海開き。8月末までたくさんの観光客が訪れ、海水浴を楽しんでいます。シーズンには海の家、更衣室、トイレも整備され、無料でライフジャケットもレンタルOK。家族連れの利用にもおすすめです。


もちろん、海水浴目当てでなくても楽しめるスポット。

砂浜の周りは豊かな自然に囲まれており、穏やかに打ち寄せる波を眺めながらゆるりとした時間を過ごせますよ。海の家に腰掛け、浜名湖の対岸まで見渡してみてはいかがでしょうか。


また、空気の澄んだ冬季になると、遠くに富士山も望めます。南西方面から観ることになるため、山頂が三峰に分かれた富士山の姿を確認できるでしょう。天候が良ければ、見所のひとつである侵食谷「大沢崩れ」もくっきりと眺めることができますよ。

423e8cdd46956de6

【お問い合わせ】

053-576-1230

※湖西市観光協会


【営業時間】

海開き:7月中旬~8月下旬

9:00~16:00


【利用料金】

①トイレ、ライフジャケットレンタル:無料

②海の家 休憩用桟敷 :500円/人

③シャワー付き更衣室:200円/人


【アクセス】

電車:

JR「鷲津駅」より遠州鉄道バス「入出」行きで20分「女河浦」停下車徒歩3分


車:

東名高速道路「三ヶ日IC」より約20分


【駐車場】

有り

無料駐車場(60台)


【ウェブサイト】

http://kosaicity.com/megaura.html

大倉戸観光農園

高設栽培された農園で、章姫&紅ほっぺを食べ放題!


国道1号船「浜名バイパス大倉戸口」からすぐ。

アクセス便利な場所にある「大倉戸観光農園」では、いちご狩りを楽しめます。


国道沿いに並ぶ4棟のビニールハウスと、赤色の旗が目印。

農園としては60年以上の歴史を持っているらしく、いちご狩りは約30年前から始めたとのこと。毎年12月下旬〜5月上旬にかけて、甘味と酸味のバランスが良い「章姫(あきひめ)」と「紅ほっぺ」を収穫できますよ。


特徴的なのは、高設栽培を採用していること。

地面よりも高い場所に棚を組み、人工的培養土を使って栽培されています。土壌病害を防ぐ役割があると共に、摘み取る側の足腰の負担を最小限に抑えられる利点も。通常は地面に接した形で栽培されているので、高設栽培されたいちごを初めて見れば驚くかもしれません。


基本的に予約は不要。

先着順なので、気が向いたときに利用できるのも嬉しいポイントです。制限時間の30分以内にどれくらいのいちごを食べられるか!?そんな楽しみ方も一興ですよ。ちなみに、ミルクや練乳は持ち込みOK。また、秋頃には「さつま芋掘体験」も実施しています。

546e0ab1b751016e

【お問い合わせ】

053-594-3558


【営業時間】

10:00〜16:00

※いちご狩りは「12月~5月上旬」

※いちごの状態によって短縮する場合あり


【定休日】

不定休(赤いイチゴがなくなったときは臨時休園)


【利用料金】

①12月~1月11日

大人:1,700円

3歳以上の幼児:1,400円


②1月12日~4月12日

大人:1,500円

3歳以上の幼児:1,100円


③4月13日~5月上旬

大人:1,100円

3歳以上の幼児:800円


※予約不要(先着順)


【アクセス】

電車:

JR「新居町駅」からタクシーで約10分


車:

東名高速道路「浜松西IC」から

県道65号・49号・323号経由、国道1号を白須賀方面


【駐車場】

有り

無料駐車場(80台)


【ウェブサイト】

http://www.ookurado.com/

妙立寺

徳川家康が宇津山城攻めの拠点とした歴史ある寺院


徳川家康にゆかりのある「妙立寺」。

至徳三年(1386年)、日什(にちじゅう)大正師により開かれた日蓮宗の本山です。


地元の豪族・佐原常慶と内藤金平が日什大正師を招いたことが始まり。もともとは別の場所に建っていましたが、徳川家康が遠江に進行する目前に今川氏真が境内を接収。境目城として活用されることになったため、その代わりとして、今川氏真が寄進したのが現在の場所です。


永禄11年(1568年)、徳川家康が遠江に進行を開始。

湖西方面にも酒井忠次が進行し、今川氏真の重要な拠点だった宇津山城に攻め込みます。浜名湖に突き出た半島城の土地に建つ宇津山城は、なかなか攻めにくい城。しかし、地元の豪族をも配下として従え、力を蓄えた徳川家康によって攻略されます。


宇津山城が落城するとき、徳川家康はこの妙立寺に本陣を設けました。

その後、妙立寺を祈願寺とし、76余石の寺領が寄進。また、本陣としたときに軍旗を境内の松の上に立てたと伝えられており、その証として「旗建松碑」がたてられています。


湖西市を舞台に繰り広げられた戦国時代の合戦。

その拠点となった場所で、当時の情景を思い浮かべてみてはいかがでしょうか。

137b0fc4cbd83ba3

【お問い合わせ】

053-576-0527


【アクセス】

電車:

JR「鷲津駅」から徒歩約20分


【ウェブサイト】

http://kosaicity.com/myoryu.html

いかがでしたか?

今回は、静岡県湖西市の観光名所を5箇所ご紹介しました。

浜名湖と遠州灘に面し、一年を通して温暖な気候である湖西市には、昔からたくさんの旅人が行き交う場所でした。自然を間近に感じられるスポットはもちろん、歴史的価値の高い建物まで、ふらりと立ち寄りたい名所が多数点在しています。浜松市や豊岡市からのアクセスも便利なので、ゆるりとしたひと時を過ごしに訪れてみてはいかがでしょうか。