釣りもできる広大な足立区の「元渕江公園」。敷地内に「足立区生物園」があり、動物好きの間で評判となっています。
まず、区営なので安い! 大人はなんと入園料300円。こぢんまりとした規模ながら、工夫を凝らしてテンポよく生き物が展示されるため、大人だけでなく子どもも飽きずに楽しめます。
「足立区生物園」のテーマは「ふれあい、いのち、共生」。さまざまな生き物を見ながら、自然との共生が学べるようになっています。

この記事の目次

見どころポイント①金魚からメダカなど、日本らしさあふれる淡水魚展示

地元足立区の特産品・金魚。お隣の江戸川区と並び、足立区は金魚養殖が盛んなところ。地元の江戸時代創業の養殖業者「株式会社ヨシダ」から寄贈された金魚が優雅に泳ぐ水槽があります。おそらく、この規模の金魚水草としては日本最大級となるはずです。

3f9fc474608873de

屋外には「多自然型庭園」があり、小さな池もあります。おたまじゃくしやメダカ、アメンボなどの水辺の生き物の自然な姿を観察することができます。

51ff0bb08369f766

都市化により失われつつある水辺の景色が貴重です。また、園内で展示される淡水魚も必見です。。小川やや用水路などにいるタナゴやモツゴは、熱帯魚のような華やかさはありませんが、しみじみとしたかわいらしさがあります。

見どころポイント②覗ける水槽や深海魚水槽など、趣向を凝らした海水魚展示

トラウツボやオオカミウオなどのちょっと“コワモテ”の魚から、愛らしい熱帯魚までが勢ぞろい。

E135bfced78e72b8
Eaa4432d17f2c5f4

ウツボもオオカミウオもは噛む力が強いうえ、性格はやや獰猛。でも、よく見れば顔は愛嬌があります。鋭い歯や模様、ウロコなどをじっくり観察してみてください。

Fb9f26473548b48f

アーチャーフィッシュなどのかわいい魚や、サンゴが主役の水槽も観察できます。

00f65171f91a6374

夏は毎年、「海のいきものタッチプール」というイベントを実施。ヤドカリ、カニ、ウニ、ヒトデやナマコなどにさわりながら、スタッフによる生態や習性などの解説が聞けます。2018年は7月21日(土)~9月2日(日)のスケジュールで行います。時間は、10:30~12:00、13:30~15:00です。

見どころポイント③きれいな南国のチョウや、珍しいヘビなども観察OK

「足立区生物園」を代表する施設が「大温室」。


1階、2階を吹き抜けにした開放的な温室の中で南国のチョウが放し飼いにされています。生物園生まれのチョウが多いため、人をあまり恐れることがありません。羽音が聞こえるぐらい近くまで飛んできてくれるのはなかなか感動的な体験!

Ac0f5555dd15897f

また、絶滅が心配されているツシマウラボシシジミも見られます。日本では長崎県対馬北部にのみ分布する希少なチョウです。

3e80ad7587f58e10

「足立区生物園」では、このツシマウラボシシジミの生息域外保全に取り組んでいます。ボランティアスタッフの力を借りながら、オスとメスを出会わせて交配をうながすなど、地道な活動をして繁殖・保全に取り組んでいるのです。

845f37a727962ccd

そのほか、ベーレンニシキヘビやアカアシガメ、ヤドクガエルなどの両生類も飼育・展示されています。

まだまだある、見どころあれこれ

【オーストラリアの動物】

A80781d0e33a23ec

足立区とオーストラリアのベルモント市は姉妹都市の関係。その縁で、オーストラリアの動物をテーマとした「オージードーム」という屋外展示があります。地上にはワラビーやオオカンガルー(※取材当時は展示おやすみでした)、木の枝にはオカメインコと、同じオーストラリア出身の生き物同士をまとめて見せる展示手法がユニークです。

【ふれあいコーナー】

40daf98e47687931

「ふれあいコーナー」は、 動物たちとふれあえる小さな動物園。おとなしく、人懐っこい性格のモルモットやヒツジにさわることができます。時間は、10:00~12:00、13:30~15:30の1日2回。

【昆虫ドーム】

7c9d902b0d275e04

夏は「昆虫ドーム」の中で、カブトムシが放し飼いにされています。樹液を一生懸命なめるようすなどを間近に観察することができます。特に、男の子たちに大人気です。


そのほか、ホタルの屋外観賞会「夜間特別開園ホタルの夕べ」(6月)など、さまざまなイベントを実施して人気を集めています。