街だけでなく駅も大規模再開発の真っただ中。借り囲いや借りの階段だらけで、完成イメージがまったくわかない進化中の渋谷。でも、こんな変化を目の当たりにできる希少な機会ととらえて、無事に工事が進むことを祈りましょう。

いつの時代も流行の発信地である渋谷の中でも、あまり知られていない新旧のスポットを巡っていきます。

この記事の目次

渋谷センター街

渋谷の待ち合わせの定番は、ハチ公像にモアイ像です。スクランブル交差点も渋谷を代表する景観です。人混みをすり抜けて交差点を渡ると、「渋谷センター街」。実は数年前にメインの通りを「バスケットボールストリート」と命名しましたが、やはり「センター街」のほうがなじみがいいみたい。実はこの通りは地名にもなった「宇田川」という川でした。そのため、センター街も川のように曲がりくねっています。ちなみに今も、人々が歩く足元深くを暗渠化された川が流れています!

 

センター街の飲食店やショップは、すごい頻度で入れ替わりますが、オーセンティックバー「門」や中華料理「兆楽」など、時代を超えて愛される老舗も健在です。

4d3ab4c3b8a6bfd0

渋谷ヒカリエ

渋谷の再開発事業のなかでいち早くオープンした複合商業施設「渋谷ヒカリエ」。渋谷の新たなランドマークとなっています。ショッピング・レストランフロアも充実していますが、渋谷の街を一望できる11階「スカイロビー」がおすすめです。何といっても地上およそ60メートルから見下ろす渋谷は圧巻。夜景の素晴らしさに至っては言うに及ばず。もちろん無料なのに人もそれほど多くないので、これは穴場です。

 

このフロアには、11階から16階にある本格的なミュージカル劇場「東急シアターオーブ」の入り口が設置されています。また、オフィスフロアへの改札もあります。

78e6fa0a18162d89

渋谷のラジオ

2016年4月に開局した渋谷のコミュニティラジオ局。渋谷ゆかりのアーティストや文化人、そして地元民がマイクの前から渋谷の旬な情報を発信。渋谷ゆかりの人だけでなく、けっこうな著名人が登場するので、もはやコミュニティラジオの枠を超えているかも! コミュニティ放送と侮るなかれ、素晴らしいエンタテイメントとして評価されています。

 

渋谷を愛する人はもちろん、そうでなくても魅力的なプログラムが盛りだくさんなので、ぜひ一度聞いてみてください。スマホがあれば公式アプリで簡単に聴くことができます。また、こちらのオープンスタジオで生放送を見学することができます。

564b57077225784b

金王八幡宮

渋谷警察署の裏手、緑の生い茂る一角に鎮座するのが「金王八幡宮(こんのうはちまんぐう)」です。創建はなんと平安時代の1092年までさかのぼります。以来今日に至るまで、青山や渋谷の総鎮守として信仰を集めています。毎年9月の例大祭ではシブヤ109の前にお神輿が集まり渋谷の街を練り歩きます。

 

何でも「渋谷」という地名は、こちらの神社にそのルーツがあるともいわれております。また境内には渋谷城の石垣が現存しています。なんと、渋谷に城があったなんて意外な歴史があるものですね。

6bb50dbdd7bae613

のんべい横丁

明治通りのビックカメラの裏、渋谷川暗渠上の駐輪場と山手線に挟まれた極小スポットが、「渋谷のんべい横丁」。新宿「ゴールデン街」や「思い出横丁」、池袋「美久仁小路」などと同様に戦後のヤミ市起源の飲み屋街です。都会的な街並みの渋谷のなかでも、この一角だけは昭和にタイムスリップしたようです。

 

このレトロでディープな雰囲気が新鮮に感じられるのか、近年は若い人にだけでなく海外からのお客さんにも人気なんだとか。著者は、おばあちゃんが老猫とやっている小料理屋や、予約の取れない伝説的な焼き鳥店などに行きましたが、すべてなくなりました。店子の移り変わりが激しいので、常連さんが作ったホームページ http://www.nonbei.tokyo/ でリサーチしてから出かけるのがおすすめです。

650075711807366f