兵庫県の神戸市は県庁所在地であり、観光名所や美味しい食べ物が多い街です。神戸の魅力は海も山もあるということで、ハーバーランドなど海の近くから山側を見る夜景もとても美しいです。今回はそんな神戸のおすすめ観光・名所を5つピックアップしてご紹介します!

この記事の目次

神戸市立王子動物園

かわいいパンダを見られる動物園


王子動物園は動物の顔がかわいい観覧車がトレードマークの神戸市灘区にある動物園です。駅から徒歩圏内で行けるアクセスの良さもあり、休日ともなると多くのお客さんでにぎわいます。特に桜の季節は桜の名所としても知られており、夜桜通り抜けのイベントも開催されます。園内は自由にお弁当を広げたり、遊べる場所も多いので子供連れで遊びに出かけたり、お弁当を食べながらお花見をすることもできます。


王子動物園の大きな魅力はパンダがいることです。現在はメスのタンタン1頭だけですが、新しいオスを迎える準備もしているとのことです。上野動物園にも赤ちゃんパンダが生まれてたくさんの人が訪れていますが、ここ王子動物園でもかわいいパンダの姿を見ることができますよ。王子動物園ならそこまで混雑することもありませんので、パンダをゆっくり見ることができます。


もちろん他にもかわいい動物たちがたくさんいます。人気があるゾウ、コアラ、ペンギンなどはお食事タイムがあり、決まった時間に訪れるとかわいい動物たちが食事をしているシーンを見ることもできます。また、お子様連れで訪れる方におすすめなのは、「ふれあい広場」でのふれあいタイムです。うさぎやモルモットなどの小動物を抱っこしたりできるので、一緒に写真撮影をして素敵な思い出を増やしてくださいね!

神戸市立王子動物園


住所

兵庫県神戸市灘区王子町3丁目1


アクセス

電車: 

・JR神戸線「灘駅」から徒歩約5分 

・阪急電鉄神戸本線「王子公園駅」から徒歩約3分


車: 

阪神高速「摩耶出入口」から国道2号経由で約10分


利用料金

・大人 600円 

・中学生以下 無料


営業時間

・3月〜10月 9時〜17時

・11月〜2月 9時〜16時半

*最終入園は閉園時間の30分前です。


休園日

毎週水曜日(祝日は開園)

年末年始


駐車場

有り(最大640台)


ウェブサイト

http://www.kobe-ojizoo.jp/

須磨海水浴場

ファミリーエリア開設で家族連れも安心!


神戸の中心地である三宮などからもアクセスがよく、地元の人たちにも人気のある海水浴場が須磨海水浴場です。海水浴の季節になると20軒以上の海の家が開設され、若者を中心にとてもにぎわいます。最近では若者をターゲットにインスタ映えするような海外風のおしゃれな海の家も多く、写真を撮り合う女性も多いです。


そんな須磨海水浴場ですが、昔は若い人が多すぎてファミリー層には子供を連れて行くにはちょっとというイメージがありました。しかし、最近では「ファミリーエリア」という砂浜の東西約140mを高さ1m超のフェンスで区切った約4500平方メートルのエリアができています。入り口で酒類の持ち込みがないかのチェックなどもあり、このエリアだと安心して子供を連れていけると家族連れに人気があり、今年も開設されるようです。


地域のボランティアの方々の協力もあり、毎年海水浴シーズン前とシーズン後などに須磨海岸の一斉クリーン作戦が行われたり、昨年行われた再整備工事でJR須磨駅前の海岸約400mが遠浅化し、子供たちがより遊びやすくなる環境整備も進んでいます。駅からのアクセスもいい便利な海水浴場ですので、ぜひ一度訪れてみてくださいね!

Fcccfc5d89ae51d1

須磨海水浴場


住所

兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目


アクセス

電車:

西地区へ

JR「須磨駅」下車南すぐ、

山陽電車「山陽須磨駅」下車 南へ徒歩約3分


東地区へ

JR「須磨海浜公園駅」下車 南へ徒歩約7分

山陽電車「月見山駅」下車 南へ徒歩約15分


バス:

JR・山陽電車「須磨駅」から神戸市バス(81系統)「須磨水族園」下車 南すぐ

JR・市営地下鉄「新長田駅」から市バス(81系統)「須磨水族園」下車 南すぐ


車:

東からお越しの場合

阪神高速道路 神戸線「若宮IC」 南すぐ


西からお越しの場合

第二神明高速道路「須磨IC」 南へ約10分


開催期間

7月中旬〜8月下旬


遊泳時間

平日:

9時半〜17時


土日祝日:

9時〜17時半


駐車場

有り


ウェブサイト

http://www.suma-kankokyokai.gr.jp/modules/pico2/index.php?content_id=27

明石海峡大橋

夜景も美しい世界最大の吊橋


明石海峡大橋は、兵庫県神戸市と淡路島の間の明石海峡に架かる橋長3,911m、中央支間長1,991mの世界最大の吊橋です。天気のいい日には神戸側からは淡路島がはっきり見えます。愛称にはパールブリッジがあり、これは淡路が真珠核生産高が日本一であることも由来しています。その愛称通り、ライトアップした明石海峡大橋は真珠を連ねたようにも見え、非常に美しいです。色のパターンは28種類あり、レインボーになる時もあります。


また、この明石海峡大橋ですごいのは「明石海峡大橋ブリッジワールド」というツアーがあることです。橋の科学館で橋の建設技術などについて学んだ後、明石海峡大橋の橋桁の中を通り、エレベーターに乗って塔頂に行くこともできるんです。天気のいい日にはあべのハルカス、関西空港、なんと小豆島まで見ることができます。4月1日から11月30日の期間で、毎週木曜日から日曜日までの毎日と祝日に開催されており、ネット申し込みもできるのでぜひチェックしてみてくださいね。


舞子駅から明石海峡大橋の方に出ると兵庫県立舞子公園があり、こちらは異国情緒あふれる雰囲気でモニュメントや夕日越しの明石海峡大橋を楽しむこともできます。美しい明石海峡大橋を見ながらゆっくり過ごすのもリラックスできておすすめです。西舞子駅近くにあるスターバックスからは明石海峡大橋を見ながらコーヒーを楽しむこともできます。色々な場所から違った角度の明石海峡大橋を見て、ご自身のお気に入りを探すのもおもしろいかもしれませんよ!

明石海峡大橋


住所

兵庫県神戸市垂水区東舞子町


アクセス

電車: 

・JR神戸線「舞子駅」より徒歩すぐ

・山陽電鉄「舞子公園駅」より徒歩すぐ


ウェブサイト

https://www.jb-honshi.co.jp/bridgeworld/index.html

*明石海峡大橋ブリッジワールドのウェブサイトです。


神戸布引ハーブ園

四季折々の花やハーブを楽しめる場所


JR新神戸駅から少し歩いたところにあるハーブ園山麓駅より約10分ロープウェイに乗ると、そこに広がっているのが神戸布引ハーブ園です。約200種75,000株の花やハーブが咲き集う日本最大級のハーブ園で、テーマの異なる12のガーデンがあり、四季折々様々な花やハーブが咲きます。ロープウェイも普段あまり乗ることがないので新鮮で、景色を楽しむことができるのでおすすめです。


園内はとても広く歩いて散歩するだけでも飽きません。季節によって咲いているお花も違うので、どの季節に訪れても楽しめるのも魅力です。バラの季節は特に来場者数も多く、美しいバラをたくさん楽しめます。また、園内にはカフェも多く、ローズの季節にはローズティーが楽しめたり、ソフトクリームなども人気があります。レストランもあるので、お腹がすいたらお食事も楽しめます。


神戸布引ハーブ園はハーブ園ですので、ハーブやアロマについて学べるガイドや、実際に自分の好きな香りを作ることのできる体験プログラムもあります。園内には芝生公園もあるので家族で訪れて公園で遊んだり、お弁当を作って行ってピクニックを楽しむこともできますよ。デートスポットとしても人気がある場所ですので、ぜひ大切な人と訪れてみてくださいね!

Ad1a9f1477361fab

神戸布引ハーブ園


住所

兵庫県神戸市中央区北野町山郡1-4-3


アクセス

ロープウェイ: 

「ハーブ園山麓駅」から約10分。「ハーブ園山頂駅」下車 


【ロープウェイまで】 

電車: 

JR・神戸市営地下鉄「新神戸駅」から徒歩約5分


営業時間

(1)ロープウェイ 

①春(3/20~7/19) 

・平日 9:30〜16:45 

・土日祝 9:30〜20:15 

②秋(9/1~11/30) 

・平日 9:30〜16:45 

・土日祝 9:30〜20:15 

③夏(7/20~8/31) 

・9:30〜20:15 

④冬(12/1~3/19) 

・9:30〜16:45 


(2)ハーブ園 

①春(3/20~7/19) 

・平日 10:00〜17:00 

・土日祝 10:00〜20:30 

②秋(9/1~11/30) 

・平日 10:00〜17:00 

・土日祝 10:00〜20:30 

③夏(7/20~8/31) 

・10:00〜20:30 

④冬(12/1~3/19) 

・10:00〜17:00


利用料金

①通常営業 

・大人 往復:1,500円/片道:950円 

・小中学生 往復:750円/片道:480円 

・未就学児 無料 

②ナイター営業(17:00以降) 

・大人 900円 

・小中学生 550円 

*ナイター営業は往復券のみ


駐車場

無し


ウェブサイト

http://www.kobeherb.com/

摩耶山掬星台

広がるのは1000万ドルの夜景


神戸市の山といえば六甲山ですよね。阪神タイガースの六甲おろしなどでもなじみのある六甲の山に属する摩耶山の山頂近くにある展望広場が掬星台(きくせいだい)です。標高は700mで、摩耶ケーブルと摩耶ロープウェーを乗り継ぎ、摩耶ロープウェー「星の駅」の駅前にあります。手で星を掬(すく)えるほどの絶景の夜景が遠くまで広がっていることから掬星台という名前がついたほどの素晴らしい場所です。


掬星台の夜景は北海道の函館山、長崎県の稲佐山に並んで日本三大夜景と呼ばれています。つまり、日本で3本指に入る夜景を見ることができる場所なんです。掬星台までは摩耶ケーブルと摩耶ロープウェーで行けるのですが、乗っている間にも眼下に美しい神戸の街並みを見ることができ、空の色が移り変わる様も素晴らしいので夕暮れ時から乗って掬星台に向かうのもおすすめです。


掬星台からは、神戸から遠く紀伊半島まで見渡すことができます。とにかく大パノラマの素晴らしい眺めは圧巻で、見る価値ありです。ロマンチックな雰囲気も味わうことができるので、カップルも多いです。宝石を散りばめたような美しい夜景をぜひ大切な人と見に出かけてみてくださいね!

摩耶山掬星台


住所

兵庫県神戸市灘区摩耶山町2−2 摩耶山掬星台


アクセス

JR・阪神・阪急・市営地下鉄「三宮」18系統摩耶ケーブル方面ゆきバス

「摩耶ケーブル駅」からケーブルカー、ロープウェーで約25分


*ケーブルとロープウェーは火曜日が運休(祝日の場合翌日定休日)


ウェブサイト

https://koberope.jp/

いかがでしたか?

兵庫県神戸市は四季折々の花や植物が楽しめる布引ハーブ園や素晴らしい夜景を見ることのできる掬星台など観光名所がたくさんあります。デートスポットが多いので、遠方からカップルで遊びに来たり、家族で訪れてもたくさん楽しめます。人の量がそこまで多くないにも関わらず都会の落ち着いた雰囲気も味わうことのできる場所ですので、ぜひ参考にしていただいて色々な場所を訪れてみてくださいね!