面長な大阪府の南部に位置する「岸和田市」。速度に乗った山車を方向転換される「やりまわし」が有名な、「岸和田だんじり祭」の開催される場所です。お祭りのシーズン以外はあまり注目されませんが、シンボル的存在の「岸和田城」を中心に面白いスポットが多数点在しています。今回は、そんな大阪府岸和田市の観光名所を5箇所ご紹介します!

この記事の目次

岸和田城

羽柴秀吉にゆかり深い、岸和田市のシンボル的存在

岸和田市のなかで、まず訪れてほしいのが「岸和田城」。

羽柴秀吉にゆかりのある、岸和田市のシンボル的観光スポットです。


元弘4年(1334)、現在よりも東側に築かれたのが岸和田城のはじまり。楠木正成の一族・和田高家が手がけたとされています。ちなみに、岸和田城のある周辺は、もともとは「岸」と呼ばれていたそう。そこに和田氏が城を築いたことで、現在の「岸和田」と呼ばれるようになったといわれています。


その後、天正13年(1585)には、羽柴秀吉の伯父にあたる小出秀政が城主に。本丸を五層にもなる立派な天守へと大改修されました。しかし、文政10年(1827)の落雷によって焼失し、当時の名残は石垣のみとなっています。


現在の天守閣は3階3層の天守閣。昭和29年(1954)に復元されたものですが、それでも目の前にすると力強い威厳を感じます。当時の大天守閣は、さらに堂々たるものだったのでしょう。天守閣に登れば、岸和田市の姿を一望することもできますよ。

Ed93a6b8bc670fb9

【お問い合わせ】

072-431-3251


【営業時間】

10:00〜17:00


【定休日】

・毎週月曜日

(月曜日が祝日・休日の場合、及びお城まつり期間中(4月1日~15日)は開場)

・年末年始(12月29日~1月3日)

・展示替の期間(臨時休場)


【利用料金】

・大人:300円

・小中学生以下:無料

※「岸和田城」「岸和田だんじり会館」「きしわだ自然資料館」をセットにした、3館共通券(大人700円)あり


【アクセス】

・電車:

南海本線「岸和田駅」「蛸地蔵駅」より徒歩約7分


・車:

阪神高速道路 4号湾岸線「岸和田南」下車、府道29号線


【駐車場】

有り

有料駐車場


【ウェブサイト】

http://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/36/kishiwadajyo.html

八陣の庭(岸和田城庭園)

三国志の戦法をモチーフとした、斬新な日本庭園

岸和田城の庭園として、昭和28年に作庭された「八陣の庭」。

平成26年には、芸術的価値と日本庭園史の学術的価値の高さから、国の名勝にも指定されました。


手がけたのは、日本が誇る作庭家「重森三玲」。伝統的な市松模様を立体化した「東福寺方丈庭園」や十字架の模様に石を配置した「瑞峰院閑眠庭」など、斬新気鋭な庭園を生み出してきました。


八陣の庭も同じく、独特の姿に驚くはず。

三国志の名軍師・諸葛亮孔明の八陣法をモチーフにしており、「大将」を中心に、天、地、風、雲、龍、虎、鳥、蛇の各陣を8つの石組で配置して表しています。


表面には京都白川産の白砂を使った枯山水。

間近で観るのも良いですが、美しさを堪能するには頭上に高くそびえる岸和田城の天守閣に登るのがおすすめ。名軍師の八陣法の形状と日本庭園を真上から眺めることができます。

6474172435ed81eb

【お問い合わせ】

072-431-3251


【営業時間】

10:00〜17:00


【定休日】

・毎週月曜日

(月曜日が祝日・休日の場合、及びお城まつり期間中(4月1日~15日)は開場)

・年末年始(12月29日~1月3日)

・展示替の期間(臨時休場)


【利用料金】

・大人:300円

・小中学生以下:無料


【アクセス】

・電車:

南海本線「岸和田駅」「蛸地蔵駅」より徒歩約7分


・車:

阪神高速道路 4号湾岸線「岸和田南」下車、府道29号線


【駐車場】

有り

有料駐車場


【ウェブサイト】

https://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/70/hachijin.html

天性寺(蛸地蔵)

岸和田城を幾度も救った、伝説の残る蛸地蔵

南海本線「蛸地蔵駅」を最寄りとする「天性寺(てんしょうじ)」。

この地に残る伝説を祀った寺院として、「蛸地蔵(たこじぞう)」とも呼ばれています。


創建されたのは、おそらく元亀元年(1570)。

天保年間に起こった火災で記録が焼失してしまい、真実は定かではありません。しかし、その後を記した書物は現存しており、なかには岸和田城を救った蛸と法師の伝説も残っています。


遡ること天正12年(1584)。

小牧・長久手の戦いに挑む羽柴秀吉が大阪城を空けた隙に、紀州の僧兵「根来衆・雑賀衆」などが一向一揆を起こして岸和田城に攻め込みます。圧倒的な勢いで危うく落城しかけたとき、蛸に乗った法師が再び現れ、敵を打破。さらに、海の彼方から轟音を立てながら数千・数万の蛸の大群が現れ、僧兵たちを殺めることなく退却させたと伝えられています。

D295a8208695e928

その後、岸和田城のお堀から地蔵を発見。蛸と法師のご利益を一般の人も受けられるようにと、天性寺内の日本一大きいとされる地蔵堂に収められています。


このような面白い伝説が残る天性寺。

境内には蛸を一切食べずに願いを込めた蛸絵馬なども奉納されています。伝説の舞台となった岸和田城と一緒に、訪れてみてはいかがでしょうか。

3dd1e7693feb0c8f

【お問い合わせ】

072-422-0773


【営業時間】

9:00〜17:00


【アクセス】

・電車:

①南海本線「岸和田駅」から徒歩約20分

②南海本線「蛸地蔵駅」から徒歩約10分


・車:

阪神高速道路「4号湾岸線」岸和田南出入口


【駐車場】

有り

無料駐車場


【ウェブサイト】

http://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/36/tensyouji.html

岸和田だんじり会館

お祭り本番前に予習に最適!岸和田とだんじり祭りを学ぶ

岸和田といえば、岸和田だんじり祭!

その歴史や文化を深く掘り下げられるのが「岸和田だんじり会館」です。


そもそも、岸和田だんじり祭とは、約300年以上もの歴史と伝統があるお祭り。江戸時代中期、五穀豊穣を目的に始まったとされています。


細部に装飾が施された芸術作品ともいえる地車「だんじり」、スピードに乗ったまま曲がり角で方向転換する「やりまわし」、200以上もの提灯が飾られ風情がある夜の「灯入れ曳行」。


岸和田だんじり祭に根付く、歴史と文化、そして芸術。

これらを体験しながら学べるのが、岸和田だんじり会館です。


だんじりに彫られた彫刻をじっくりと眺めるもよし、ボランディアガイドさんによる解説を聞くのもよし。お祭りだけでなく、岸和田市のことをより深く知ることができますよ。お祭り前の予習に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

95fe663068bc1115

【お問い合わせ】

072-436-0914


【営業時間】

10:00~17:00(入館は16:00まで)


【定休日】

月曜日(祝祭日の場合は開館)

12月29日~1月3日


【利用料金】

・大人:600円

・小人(小・中学生):300円

※「岸和田城」「岸和田だんじり会館」「きしわだ自然資料館」をセットにした、3館共通券(大人700円)あり


【アクセス】

電車:

南海本線「岸和田駅」より徒歩約10分


車:

①阪神高速道路「岸和田南IC」より約5分

②阪和自動車道「岸和田和泉IC」より約20分


【駐車場】

なし(近隣に市営駐車場あり)


【ウェブサイト】

http://www.kishibura.jp/danjiri/


【その他】

ボランティアガイドは事前予約が必要です。

きしわだ自然資料館

海と森に囲まれた、岸和田の豊かな自然に触れる

市内で開催されるお祭りのイメージが強い岸和田市。

しかし、周辺を見渡してみれば、大阪湾や和泉山脈に囲まれた自然豊かな場所だと分かります。「きしわだ自然資料館」では、そんな岸和田市を中心とした泉州地域の自然や歴史を学べる施設です。


フロアは1階〜3階あり、それぞれにテーマがあります。

1階には、岸和田市に暮らす魚たちを飼育した水槽や特別展・企画展の会場。2階には、大阪南部・泉州地域の自然を標本・模型・ジオラマを通して俯瞰できます。さらに3階には、野生動物の剥製が100体以上も展示されており見応え十分!


そのほか、「チリメンモンスター」発祥の博物館としても有名。

シラス干しやちりめんじゃこの加工物には、昔からほかの魚介類が混入していることが多く、それらを探すワークショップ=チリメンモンスターを体験できます。


特に注目を集めるのが、岸和田市で発見された「キシワダワニ」や「モササウルス」、「ナウマンゾウ」といった化石の数々。太古の昔、恐ろしいほどに巨大な生物が岸和田周辺に暮らしていたと思うと、ワクワクが止まりません。

【お問い合わせ】

072-423-8100


【営業時間】

10:00~17:00(入館は16:00まで)


【定休日】

毎週月曜日(祝日の場合は開館)

毎月末日

祝日・休日の翌日(翌日が土日の場合は開館)

年末年始(12/28~1/3)

その他臨時休館あり


【利用料金】

・大人:200円

・小人(小・中学生):無料

※「岸和田城」「岸和田だんじり会館」「きしわだ自然資料館」をセットにした、3館共通券(大人700円)あり


【アクセス】

電車:

南海本線「岸和田駅」から徒歩約15分


車:

阪神高速道路 4号湾岸線「岸和田南出口」から北へ約5分


【駐車場】

有り

無料駐車場7台分


【ウェブサイト】

https://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/shizenshi/

いかがでしたか?

今回は、大阪府岸和田市の観光名所を5箇所ご紹介しました。

岸和田城を中心に、名作庭家の斬新な庭園や伝説の残る寺院、自然資料館など、面白そうなスポットがたくさん!特に「岸和田だんじり会館」では、だんじり祭にまつわる歴史や文化を学ぶことができます。事前に予習しておけば、より深くお祭りを楽しむことができますよ!