新宿駅の1日の乗降客数はギネス記録にもなっています。朝夕はツライですが、休みが取れたらラッシュの時間帯を避けてのんびり散歩に出かけませんか? 日本有数の繁華街は外国人にも新鮮に映るようで、アジア系、欧米系問わず多くの訪日外国人にも人気です。

それだけ人を引き付けてやまない魅力にあふれた新宿。今回はそんな新宿での渋い楽しみ方でよりみち散歩を楽しみましょう。

この記事の目次

新宿東宝ビルのゴジラ

新宿といえば、日本屈指の歓楽街・歌舞伎町。長年親しまれた新宿コマ劇場の跡地には、都内最大級シネコンと高層ホテルが入る新宿東宝ビルが誕生。なんといっても目を引くのは“実物大”のゴジラヘッド。新宿の新たなランドマークとなりました。

 

多くの人が間近から見上げるのでしょうが、ちょっと離れたところから見たほうがリアル! 街中では障害物がないところから見られます。さらに、山手線の車窓からもゴジラを見つけることができるので、新宿をあちこち歩いてゴジラ出現スポットを見つけるのも楽しみの一つです。

C9155753c3eb1ccf

バッティングセンター

さあ、新宿で飲んだり食べたりしているだけではいけません。日ごろの運動不足の解消と、仕事や家事のストレス解消にはバッティングセンターが効果的です。ボールがバットに当たらないと余計にストレスがたまりそうですが、必ず常連さんや上手な人が快音を響かせています。見よう見まねで遅い球速からチャレンジしましょう。

 

歌舞伎町にはなぜか昔から、「新宿バッティングセンター」(区役所通り沿い、翌4時まで営業)と「新宿オスロ―バッティングセンター」(新宿バッティングセンターのやや西側、翌2時まで営業)の2軒があります。深夜、早朝までの営業なので、場所柄お客さんも個性的ですが、もちろん普通の学生や会社員もいっぱい。目指せホームラン!

Ce32491411e325f9

テルマー湯

いまやインバウンドのお客様からも大変な人気を誇る新宿ゴールデン街。その裏手にいつの間にかできていたのがなんと温泉施設です。お湯は、中伊豆温泉「神代の湯」から毎日運んできているので、新宿のど真ん中にいながら正真正銘の天然温泉に浸かれるんです。料金は平日18歳以上で2,364円、25時以降は深夜割増となります。オプションで岩盤浴やエステも楽しめます。

 

温泉と岩盤浴は男女別ですが、男女一緒に過ごせるラウンジや「テルマー湯Bar」というバーカウンターもあるのでデートにもぴったり。山手線で行ければ、足代と宿代がかからないから、お得に楽しめますね。

5da3033e9c7fc1b4

紀伊國屋ビル名店街

新宿で書店といえば、泣く子も黙る老舗「紀伊国屋書店」です。どのフロアも充実していて書籍や雑誌、漫画などを眺めているだけでもワクワクしてしまいます。まさに、知の宝庫ですね。新宿に来たら必ずここに寄っていくという長年のファンも多いはず。

89264dbece216997

そして、このビル、地下の名店街も必見です。通路の両脇にはおいしくてリーズナブルな飲食店が揃っていますよ。中でも、こちらのカレー屋さん「モンスナック」は昭和39年創業と歴史は古く、ファンが多いんです。店内には有名人のサインがぎっしり。落語などを行う「紀伊国屋ホール」の出演者さんなど、有名人の皆さんもこちらのカレーの虜のようです。

Bbc02d3473e648ce

新宿末廣亭

さあ新宿のトリを取るのは落語色物演芸の定席、末広亭です。上野、浅草など都内にはさまざまな寄席がありますが、建物や雰囲気が素晴らしいと「新宿末廣亭」は根強いファンが多いのです。番組によっては、2階席まで埋まって立ち見が出るほどの人気ぶり。昼夜2部制ですが入れ替えなしなので、お時間のある方はずっと通しで観ることができます。テレビ大喜利を見るのとはまったく違った生の話芸をぜひ体験してみてくださいね。


ちなみに、「末廣亭」の楽屋とつながった「純喫茶 楽屋」という喫茶店も裏手にあるので、軽食や飲み物でひと休みできます。

5a30eba390e5b85f