江戸時代には東海道五十三次の宿場町として栄えた、神奈川県平塚市。横浜、川崎、横須賀に次いで県下で四番目に市となったまちでもあります。観光行事としては「湘南ひらつか七夕まつり」が全国的に有名ですが、その他にも絶景スポットや全国屈指の美しいバラなど、見どころが盛りだくさん!今回はそんな神奈川県平塚市の観光・名所の中から、おすすめをピックアップしてご紹介します。

この記事の目次

湘南平

相模湾を一望できる絶景スポット


平塚市の西端に位置する「湘南平」は神奈川の景勝50選の地、関東富士見百景にも選定されている絶景スポットです。山頂にはテレビ塔展望台と高麗山公園レストハウス展望台(360°のパノラマ)の2つの大展望台があり、房総半島、湘南の海岸線、丹沢連峰、箱根連山、伊豆の山々、富士山が一望できます。


昼間の景色もさることながら、夜の景色もまた見逃せません。ライトアップされたテレビ塔や色とりどりに輝く一面の夜景は夜景100選に選ばれた絶景。日中とは全く違う景観を楽しむことができます。


また、湘南平は桜の名所としても有名で、春にはソメイヨシノやオオシマザクラなど約2,000本の桜が美しく咲き誇ります。桜のトンネルを楽しむのもいいですが、テレビ塔を中心として広場を囲うように咲く桜を展望台の上から楽しむのもおすすめ。ぜひカメラを持ってお出かけしてみませんか?

湘南平


住所

神奈川県平塚市万田790番地


アクセス

バス: 

神奈中バス「湘南平」下車、徒歩約1分 


車: 

①小田原厚木道路「平塚IC」から約18分 

②新湘南バイパス「茅ヶ崎西IC」から約24分 

③圏央道「寒川南IC」から約30分


駐車場

あり

①頂上駐車場 普通車約10台 

②大駐車場 普通車約60台


ウェブサイト

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kanko/page-c_02820.html

花菜ガーデン

関東有数の品種数を誇るバラ園は必見


2010年3月1日「ひらつか花アグリ」内に開園した「神奈川県立花と緑のふれあいセンター」は、「花菜(かな)ガーデン」の愛称で親しまれています。約9.2ヘクタールの園内はハナモモやサクラ、バラ、クレマチスなど四季折々の花々が植栽されている「フラワーゾーン」と、田植えや野菜の収穫体験ができる「アグリゾーン」、展示室や調理室、図書室などがある「めぐみの研究棟ゾーン」に分かれ、農業や園芸を楽しみながら学べる施設になっています。


見どころ満載の花菜ガーデンですが、中でも注目は「フラワーゾーン」。エリアごとに異なるテーマを設け、季節ごとに咲き誇る花木や草花を植栽されており、年間を通して楽しめるゾーンです。花菜ガーデンでは野生種から近年のバラまで約1,540品種、約2,630株を所有しており、バラの歴史園「薔薇の轍(わだち)」は必見です。また、「みはらしデッキ」は「関東の富士見百景」に選ばれたビューポイントで、「ひらつか花アグリ」と富士山が一望できます。


また、「ひらつか花アグリ」内では周辺のイチゴ農家による収穫体験農園「湘南いちご狩りセンター」、JA湘南管内の出荷者約300人がとれたての新鮮な野菜を提供している農産物直売所「あさつゆ広場」などがあり、いちご狩り体験をしたり、地産の農産物を購入したりと様々な楽しみ方ができます。

84b5c0a032376552

花菜ガーデン


住所

神奈川県平塚市寺田縄496-1


営業時間

①ピークシーズン(5月上旬~下旬) 

8:30~17:00 

②レギュラーシーズン(3月~5月上旬、6月、9月~11月) 

・9:00~17:00 

・11月上旬~下旬は16:00まで 

③スローシーズン(7月、8月、12月~2月) 

・7月、8月 9:00~17:00 

・12月~2月 9:00~16:00 


定休日

①ピークシーズン(5月上旬~下旬) 

無休 

②レギュラーシーズン(3月~5月上旬、6月、9月~11月) 

無休 

③スローシーズン(7月、8月、12月~2月) 

毎週水曜(祝日の場合は翌日)及び12月28日~1月4日


利用料金

①ピークシーズン(5月上旬~下旬) 

・大人(20歳~64歳)880円

・中人(高校生・学生・20歳未満)550円 

・小人(小学生・中学生)300円 

・シニア(65歳以上)550円 

・幼児(学齢に達しない方)無料 

②レギュラーシーズン(3月~5月上旬、6月、9月~11月) 

・大人(20歳~64歳)520円 

・中人(高校生・学生・20歳未満)300円 

・小人(小学生・中学生)200円 

・シニア(65歳以上)310円 

・幼児(学齢に達しない方)無料 

③スローシーズン(7月、8月、12月~2月) 

・大人(20歳~64歳)220円 

・中人(高校生・学生・20歳未満)110円 

・小人(小学生・中学生)110円 

・シニア(65歳以上)110円 

・幼児(学齢に達しない方)無料 

④年間パスポート 3,300円


アクセス

バス:

神奈中バス「平塚用語学校前」下車、徒歩約5分


車:

小田原厚木道路「平塚IC」から約3分


駐車場

あり

普通車1回500円


ウェブサイト

http://www.kana-garden.com/

平塚八幡宮

源頼朝、徳川家康なども参拝した由緒ある神社


平塚八幡宮は仁徳天皇68年(380年)、この地方を襲った大地震に苦しむ人々の様を見かねた天皇が国土安穏を祈り、応神天皇を祭神として創建されました。「七夕まつり」をはじめ、8月15日の例大祭(夏祭り・ぼんおどり)、5月5日の国府祭などの行事でも有名な神社です。


相模國一國一社の神社として、また鎮地大神と仰がれ、数多くの人が参拝している平塚八幡宮ですが、源頼朝が夫人政子の安産祈願に神馬(白馬)を献上したり、徳川家康が自ら参拝したりと、歴史上の人物も多く訪れていたことでも知られています。


また、「湘南ひらつか七福神」の弁財天が祀られており、芸能・弁舌・学業・財福の神である弁財天には様々な災難を祓う力があるとされています。境内の弁財天は、岡崎の駒形神社から勧請されたものです。

805d9498ec798d58

平塚八幡宮


住所

神奈川県平塚市浅間町1−6


アクセス

電車: 

JR「平塚駅」から徒歩で約8分


ウェブサイト

http://www.hachiman.org/

平塚市総合公園

スポーツ施設やふれあい動物園など、様々な楽しみ方ができる総合公園


平塚市総合公園は、旧農林省果樹試験場跡地に市制施行50周年を記念して昭和57年に着工し、平成3年3月に完成した公園です。 広さ30.31ヘクタールの広い園内には約230種10万本の木々が植えられ、はらっぱや遊具のある遊び場、ふれあい動物園、日本庭園や本格的なスポーツ施設や宿泊施設、レストランなどもあります。


全37種、約760頭を飼育するふれあい動物園は入場無料で、リスザルやシマリス、アライグマなどを見ることができる展示コーナーや、ヤギ、ヒツジ、モルモット、ひよこなどと触れ合えるふれあいコーナーなどがあります。小学生以下限定ですが、ポニー乗馬(一回100円)も人気のコーナーです。


様々な楽しみ方ができる平塚市総合公園ですが、回遊式庭園の日本庭園も見どころの一つ。池を中心に移り変わる風景を鑑賞でき、春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪の景色が楽しめます。力いっぱい運動して遊び疲れたら、ほっと一息つきながら日本情緒を堪能してみてはいかがでしょうか。

C795d58504e29fe0

平塚市総合公園


住所

神奈川県平塚市大原1−1


アクセス

電車: 

JR「平塚駅」から徒歩で約25分


バス: 

神奈中バス「総合公園」下車、徒歩約1分


駐車場

あり

1000台


ウェブサイト

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/koen/sogo.html

旧横浜ゴム平塚製造所記念館

県内でも数少ない明治時代の洋風建造物


平塚八幡宮の横、八幡山公園内に位置する旧横浜ゴム平塚製造所記念館は「八幡山の洋館」の愛称で親しまれています。平塚市内では唯一、神奈川県内でも数少ない明治時代の洋風建造物で、2004年7月23日には登録有形文化財に登録されています。


明治40年頃に英国人技師の設計により建てられたこの建物は、屋根の上から部分的に突き出している塔屋や主屋のアーチ形の窓、その下に施された装飾、北側の壁に設けられた台形に張り出した出窓などが特徴です。平屋建てですが、外から見ると二階建てのように見えるほど、天井屋根が高くなっています。


建物の見学のほか、旧横浜ゴム平塚製造所記念館では市民への会議室の貸し出しも行われており(有料)、様々な市民活動の場所として使用されています。また、時期に合わせたイベントやコンサートなども行われています。

Bc50813816f72fcf

旧横浜ゴム平塚製造所記念館


住所

神奈川県平塚市浅間町1-1


開館時間

9:00~21:30


休館日

毎週月曜日(当日が休日に当たるときは、その後において、その日に最も近い休日でない日)

12月29日~1月3日


入館料

無料


アクセス

電車:

JR「平塚駅」から徒歩で約15分

バス:

神奈中バス「市役所前」下車、徒歩約1分


ウェブサイト

http://hiratsuka-yokan1906.jp/

いかがでしたか?

今回は神奈川県平塚市のおすすめ観光・名所をご紹介しました。

全国屈指のバラの生産高を誇る平塚ならではのバラ園「花菜ガーデン・薔薇の轍」や相模湾を一望できる絶景スポット「湘南平」、源頼朝や徳川家康も参拝した神社「平塚八幡宮」など、平塚には様々な観光スポットがあります。自然を楽しみに、歴史を感じに、ぜひ平塚まで足を運んでみてはいかがでしょうか?