京都市は日本の中でも歴史ある神社仏閣が多く、観光客がたくさん訪れる場所です。そんな京都市の南部に位置する伏見区。ここには坂本龍馬襲撃事件で有名な寺田屋や豊臣秀吉が築城した伏見城などの名所があることから歴史ファンも多く訪れています。今回は京都市伏見区のおすすめ観光名所を5つご紹介します!

この記事の目次

伏見稲荷大社

千本鳥居は圧巻


日本人にとって身近であり、長年人々に信仰を集め続ける「お稲荷さん」。今現在全国30,000社あると言われており、その総本宮がここ「伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)」です。稲荷信仰の原点は稲荷山であり、御祭神である稲荷大神様がこのお山に御鎮座されたのは、奈良時代の和銅4年(711年)。その日から数えて、平成23年(2011年)になんと御鎮座1300年を迎えています。


商売繁盛・五穀豊穣の神様として、厚い信仰を集める伏見稲荷大社ですが、近年では「外国人に人気の日本の観光スポット」で上位にランクインしている影響もあり、外国人観光客をはじめ、多くの参拝客が訪れています。中でも最も有名なのが「千本鳥居」です。朱色の鳥居がどこまでも続く光景は素晴らしく、フォトジェニックだということで若者にも人気があります。平日でもかなりの人で混雑しますので、動きやすく歩きやすい服装で行くことをおすすめします。


また、伏見稲荷大社では他の神社にある絵馬とは少し違い、狐の形をした「願掛け絵狐」に願いを書き込むようになっています。伏見稲荷大社らしく、珍しいので書いてみるのもおすすめです。千本鳥居だけでなく、本殿をはじめ多くの場所が国の重要文化財に指定されているので必見です。何回訪れてもまた行きたくなる場所ですので、ぜひ一度訪れてみてくださいね!

伏見稲荷大社


住所

京都府京都市伏見区深草藪之内町68


アクセス

電車: 

①JR奈良線「稲荷駅」から徒歩すぐ 

②京阪本線「伏見稲荷駅」から徒歩で約5分


バス: 

南5系統「稲荷大社前」から徒歩で約7分


車: 

①名神高速道路「京都南IC」から約20分 

②阪神高速道路「上鳥羽出口」から約10分


駐車場

有り

※公共交通機関推奨


営業時間

①参拝時間 終日 

②授与所 

・7:00~18:00 

・正月は終日営業 

③祈祷申し込み 

・8:30~16:30 

・正月は終日営業


利用料金

参拝無料


ウェブサイト

http://inari.jp/

伏見十石舟

情緒あふれる遊覧船


伏見十石舟(ふしみじゅっこくぶね)はNPO法人の伏見観光協会が運航する遊覧船です。十石舟は月桂冠大倉記念館裏の河川沿いから、 十石舟より比較的船体が大きい三十石船は寺田屋近くから発着しています。乗船後は、三栖閘門で下船して三栖閘門資料館を見学して同じ場所まで戻ってきます。


もともと京都市伏見区は水運が発達した要衝の地として栄えてきました。十石舟と三十石船は、江戸時代に淀川や宇治川を利用して、酒や米などの搬出および旅客のためにと大阪と京都伏見の間を行き来していたそうです。それは明治時代まで続き、再び1998年に観光目的で「伏見十石舟・三十石船」が復活しました。


両側が柳並木に挟まれた伏見の水面と街並みを観光屋形船の十石舟と三十石船に乗りながらのんびりと楽しむことができます。桜の季節は桜を見ながら遊覧することもでき、その景色はまた格別です。普段あまり遊覧船に乗ることはないので、特別な気分を味わえますよ!

6190c878d640b3b5

伏見十石舟


住所

京都府京都市伏見区南兵町247 月桂冠大倉記念館裏 河川沿い


アクセス

電車: 

京阪「中書島駅」から徒歩で約5分 


車: 

名神高速「京都南IC」から約20分


営業時間

①運行期間 

・3月下旬~12月上旬 


②定休日 

・毎週月曜(祝日を除く、ただし、4・5・10・11月は月曜日も運航) 


③所要時間 

・約50分(往復) 

・乗船場(発)→三栖閘門下船(見学)→乗船→乗船場(着) 


④出航時間 

通常運航期間 :

・10:00 10:20 10:40 

・11:00 11:20 

・13:00 13:20 13:40 

・14:00 14:20 14:40 

・15:00 15:20 15:40 

・16:00 16:20 


秋期運航期間(11月下旬〜12月上旬): 

・10:00 10:20 10:40 

・11:00 11:20 

・13:00 13:20 13:40 

・14:00 14:20 14:40 

・15:00 15:20 15:40


利用料金

・大人 1,200円(中学生以上) 

・小人 600円(小学生以下) 

・幼児 300円(小学生未満)


ウェブサイト

http://kyoto-fushimi.or.jp/ship/


その他

団体は要予約

醍醐寺

世界遺産にも登録されたお寺


京都市伏見区にある世界遺産にも登録されている「醍醐寺(だいごじ)」。本尊は薬師如来で、貞観16年(874年)に空海の孫弟子にあたる聖宝理源大師が創立したのが始まりです。醍醐寺は京都市街の南東に広がる醍醐山(笠取山)に200万坪以上の広大な境内を持っています。


醍醐寺には上醍醐と下醍醐、三宝院があります。上醍醐には平安時代のままに残る国宝の薬師堂、五大堂などが立ち並びます。上醍醐には有名な「醍醐水」が今も湧き出ており、醍醐山頂には、如意輪堂と開山堂があります。一方下醍醐には有名な国宝「五重塔」をはじめ、本尊の薬師如来像を安置する金堂、清瀧宮本殿・清瀧宮拝殿などがあります。


醍醐寺はとにかく敷地が広く、その中に多くの歴史ある建物があります。自然も豊かで境内には多くの桜も植えられており、あの豊臣秀吉も三宝院裏で花見の宴をしたことでも有名です。秋になると美しい紅葉と池、歴史的建造物の素晴らしい光景を目にすることができ、ライトアップや夜間拝観も行われます。見所たっぷりの醍醐寺、ぜひ訪れてみてくださいね!

36815ae38f3ff1aa

醍醐寺


住所

京都府京都市伏見区醍醐東大路町22


アクセス

電車: 

地下鉄東西線「醍醐駅」から徒歩で約10分


営業時間

・9:00〜17:00 

・12月第1日曜翌日~2月末は16:30迄

※拝観券の発券は閉門1時間前まで

(各所入場は閉門30分前まで)


利用料金

・大人 800円

・中学・高校生 600円

・小学生以下無料

※下醍醐の有料エリア(三宝院・霊宝館・伽藍)を全て拝観できる拝観券です。


ウェブサイト

http://www.daigoji.or.jp/

藤森神社

梅雨時期にはあじさいが咲き誇る


京都市伏見区深草にある「藤森神社」。5月5日に行われる駈馬神事や菖蒲(しょうぶ)の節句の発祥地として有名な神社です。今から約1800年前に、神功皇后によって創建された皇室ともゆかりの深い神社でもあります。本殿は正徳2年に中御門天皇より賜ったものです。


藤森神社は日本書紀の編者であり、日本最初の学者である舎人親王を御祭神としてお祀りしていることから、勝運・学問の神社として信仰されています。また、5月5日に行われいる藤森祭に奉納される駈馬神事が馬の神事であることで、馬の神社としても有名で、競馬関係者(馬主・騎手等)や競馬ファンの参拝者でもにぎわっています。


さらに藤森神社では6月から7月にかけて境内2箇所にある紫陽花苑が公開され、約3,500株にもおよぶあじさいがとても美しいです。あじさいの種類も多く、たくさんの人でにぎわいます。御朱印もいただける神社ですので、御朱印巡りや参拝に訪れてみてはいかがでしょうか?

Ecb0e693d58c84cc

藤森神社


住所

京都府京都市伏見区深草鳥居崎町609


アクセス

電車: 

①京阪「墨染駅」から徒歩で約7分 

②JR「藤森駅」から徒歩で約5分


営業時間

9:00~17:00


利用料金

①入苑料 

300円(中学生以上)

②特別御朱印 

300円


ウェブサイト

http://www.fujinomorijinjya.or.jp/

城南宮

美しい庭園が見所のひとつ


京都市伏見区にある神社「城南宮」。約1200年前に都の守護と国の安泰を願って、平安遷都の際に京都の南に創建されました。平安京と深い関係にある上賀茂神社、松尾大社、平安神宮、八坂神社と並び、京都五社としても知られ、京都の南方を守護する神社として崇められてきました。


城南宮は、引越・工事・家相の心配を除く「方除(ほうよけ)の大社」と仰がれています。そこから転じて交通安全の神としても広く信仰されており、他にも厄除や安全祈願のため、数多くの方が参拝に訪れています。また、昔から住まいを清める御砂や方角の災いを除く方除御札を城南宮で授かる習慣もあります。


城南宮には、「神苑(源氏物語花の庭)」があります。この庭園は趣の異なる5つのエリアで構成されています。椿や枝垂れ梅が美しい「春の山」、新緑や紅葉が見事で、平安時代の貴族の邸宅、寝殿造りの庭をモデルにした「平安の庭」、室町時代の様式で作られた池泉回遊式庭園の「室町の庭」、枯山水様式の「桃山の庭」、城南宮の一帯が最も華やかだった平安時代後期の様子を表す枯山水の庭園「城南離宮の庭」の5つです。全ての庭園にそれぞれ特長があって美しく、四季折々の表情を見せてくれるので、ぜひ訪れてみてくださいね!

Bb8296da5661887d

城南宮


住所

京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7


アクセス

電車: 

地下鉄烏丸線・近鉄京都線「竹田駅」から徒歩約15分


バス:

「竹田駅」4番出口より市バス「城南宮東口」下車から徒歩約3分


駐車場

有り(無料)

・正月や行事期間:自動車200台

・上記を除く平日:自動車160台


営業時間

①神苑 拝観時間

午前9時~午後4時30分(受付午後4時終了)


②ご祈祷受付

午前9時〜午後5時30分


利用料金

神苑 拝観料金

・大人:600円

・小・中学生:400円

・障害者手帳を提示の方:300円


ウェブサイト

http://www.jonangu.com/

いかがでしたか?

今回は京都市伏見区の観光名所を5つご紹介しました。京都市伏見区には千本鳥居で有名な伏見稲荷大社や醍醐寺などの世界的にも有名な神社仏閣、京都の景色を楽しめる遊覧船「伏見十石舟」など京都らしさを存分に味わうことのできる観光スポットがたくさんあります。ぜひ参考にしていただいて、色々な場所を訪れてみてくださいね!