日本科学未来館にて2018年7月19日から10月18日まで、NHK Eテレの番組『デザインあ』から生まれた展覧会「デザインあ展 in TOKYO」が開催されています。

この記事の目次

「みる」「考える」「つくる」ことの豊かさを体感!

こどもたちのデザインマインドを育む番組 NHK Eテレ「デザインあ」。この展覧会は「デザインあ」のコンセプトを、体験の場に発展させた展覧会です。優れたデザインには、人と人、人とモノをよりよくつなぐ工夫があります。番組では、身のまわりに意識を向け(みる)、どのような問題があるかを探り出し(考える)、よりよい状況をうみだす(つくる)という一連の思考力と感性を「デザインマインド」ととらえ、多彩な映像表現をもちいて伝えてきました。

デザインあ展は、この「デザインマインド」をみて、体験できる展覧会です。2013年に開催された前回展(22万人動員)から作品を新たにし、身のまわりにあるモノ・コトから概念までテーマを掘り下げます。日本科学未来館の展覧会では、デザインマインドが科学技術のプロセスにも通じる、未来の社会を形作る重要な手段だと感じることができると思います。

観察のへや

F81cdb3ad6bb7f2c

観察のへやでは、身のまわりにあるモノ・コトから、「お弁当」「容器」「マーク」「なまえ」「からだ」の5つのテーマを取りあげます。それぞれのテーマが、デザインによってどのようにわたしたちとつながっているのか、「みる」「考える」「つくる」という3つのステップで展示されています。

「梅干しのきもち」 パーフェクトロン

0d80ea754be5cd76

大きな箱に開いたあなに顔を入れてみてください。 梅干しのきもちが分かるかもしれません。

「マークだけの群れ」 岡崎智弘

E98e16cbf34d05b1

みのまわりにたくさんあるマーク。どこに、どんなふうに使われているのか、観察します。

「抽象度のオブジェ」 岡崎智弘+スタンド・ストーンズ

104a9c922e049519

マークは、シンプルないろとかたちでできています。 抽象化の度合いによって、伝わり方がどうちがうのかを観察します。

「器のモンタージュ」 plaplax

6bba4c455cc2806c

パーツをくみあわせて、いろいろな容器をつくってみてください。

体感のへや

体感のへやでは、番組オリジナルソングや音楽とぴったりシンクロする映像が、展示室の四方の壁面いっぱいに映し出されます。360°取り囲む映像と音で、デザインを体感して下さい。

「ガマンぎりぎりライン」 柴田大平


5359ef4925fcd352

概念のへや

概念のへやは、「くうかん」「じかん」「しくみ」の、3つのテーマで構成されています。場、時のながれ、人のうごきを、わたしたちはどのようにデザインを通して感じているのか、体験型作品や、 デザインあ展ならではの展示です。

みらいの「あ」 投稿作品

4ef8e9c9740f367e

会場であなたらしい「あ」をデザインして投稿しよう!展覧会ディレクターや参加作家に「おもしろい!」と選ばれた作品は、 順次展示されます。「特別におもしろい!」とされた作品は、番組「デザインあ」で放送されることも!

イベント情報

イベント名

企画展「デザインあ展 in TOKYO」


会期

2018年7月19日(木)〜10月18日(木)


会場

日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン(東京・お台場)


開館時間

10:00〜17:00(入場は閉館時間の30分前まで)

※ただし、土曜日、祝前日(9/16、9/23、10/7)、8/10〜18は20:00まで開館、常設展は17:00に終了


休館日

9月4日(火)、11日(火)、18日(火)、25日(火)、10月2日(火)、9日(火)、16日(火)


入場料

・大人(19歳以上)1,600円(1,400 円)

・中人(小学生〜18歳以下)1,000円(800円)

・小人(3 歳〜小学生未満)500円(400円)

※ ()内は8名以上の団体料金

※常設展もご覧いただけます

※ドームシアターは別料金(要予約)

※2歳以下は無料、障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料

※会場の混雑状況により入場整理券の配布、または入場を規制する場合がございます。


企画展公式HP

http://www.design-ah-exhibition.jp/