大水槽もない、イルカもいない。建物もレトロどころか日本屈指の古さ。それなのに、遠方からもお客さんがやってくる繁盛ぶりの「竹島水族館」。人気の秘密は……生き物愛あふれる展示方法にありました。館内はとても狭く、本来ならあっという間に見終わってしまうはずなのに、いつの間にか生き物ワールドにぐぐっと引き込まれてしまうのです。
それから、地元の漁師さんの協力などもあり、珍しい深海魚が勢ぞろいしているのも大きな魅力。深海魚専門の水族館もありますが、竹島水族館でしか見られない希少な種だっているんですよ。これで入館料大人300円、小中学生100円。生き物好きは行くべし!

この記事の目次

見どころポイント①深海魚にさわれる

水族館のタッチプールではヒトデやナマコ、ネコザメなどがおなじみですが、こちら「竹島水族館」では深海魚や深海生物にさわることができるのです。深海にすむ世界最大の甲殻類(エビ・カニ・昆虫・クモなど)の仲間、「タカアシガニ」にもタッチOK!

F180d0e6eb24f3d2

巨大なタカアシガニ! もちろんさわれます。このほか、まるでダンゴムシのような「オオグソクムシ」や珍しい「ナヌカザメ」まで。海の生き物は姿・かたち、触感もおもしろく、大人も子どもも大興奮間違いなしです。

189084112370f965

「噛む」などと書いてあってスリリングです……!


※タッチプールに登場する生き物は変わることがあります。

見どころポイント②手描きのポップ

飼育スタッフしか知らない珍しい習性をおもしろおかしく描いた紹介パネルがとってもユニーク。履歴書風に魚を紹介する、通称「魚歴書(ぎょれきしょ)」は竹島水族館名物です。お金をかけずにいかに生き物たちを魅力的に紹介するかは、スタッフの腕の見せどころ。見る側は、今まで知らなかった生き物をぐぐっと身近に感じられて、ガゼン興味がわいてきます。

0a8bb2cf0c368cfe

また、あちこちに手描きのお知らせがあります。

7d7ecc177d20f354
672046052b6cb7f6

学校の「壁新聞みたい」!? 無機質な印刷物にはない手作り感が目を引きます。

見どころポイント③館長も副館長も登場するショー

開館当時から続く、伝統のアシカショー。会場は広くありませんが、その分客席と生き物の距離が近いという特典アリ!

539923e38d484d02

水族館で1番エライ館長と、2番目にエライ副館長まで自らがステージに立って、軽妙なトークで鮮やかにショーを取り仕切ることも。

75d459d49a7fc4c9

お手製の「顔はめ看板」もお楽しみに!

まだまだある、見どころあれこれ

【日本産淡水魚が渋&美しい】

98b862d933db5ed7
069187fa5d9cc59b

最近は自然環境の変化によりなかなか見る機会がなくなりましたが、ももっとも身近な魚といえば淡水魚。飼育員自らが採集してきた渋い日本の魚が、愛情あふれるポップとともに展示されます。中でも注目は、「メダカ」のコレクション。こちらの小林館長は、ちょっと知られたメダカ愛好家でもあるのです。

【見飽きないサンゴ水槽】

D969ac0b90da0992

サンゴが見事にレイアウトされたサンゴ水槽は、横から眺めても美しいですが、上から眺めるとまた違う趣が楽しめます。水のゆらめきと、きれいなサンゴ。いつまでも眺めていたいような気分になってきます。

【まったりカピバラ】

795d5993d366bb75

齧歯類(げっしるい)では最大の種であるカピバラも、魚だらけの水族館に華を添えています。なんで水族館にいるのかといえば、水辺の生き物だから。いつもまったり、のんびりしているカピバラ。お客さんのことなんて気にせず、いつもマイペース。でっかいお尻をこちらに向けて無防備にしていることもあり、なんともカワイイ。