都心から電車で約1時間ほど。東京都の多摩地域西部に位置するあきる野市は、都内でありながら豊かな自然に囲まれ、秋川とうもろこしやのらぼう菜などの特産品でも有名なまちです。そんなあきる野市には、あきる野市の自然を感じるスポットをはじめとした観光・名所がたくさんあり、見どころ満載。今回は東京都あきる野市の観光・名所の中からおすすめをピックアップしてご紹介します!

この記事の目次

秋川渓谷

秋の紅葉はまさに絶景!東京とは思えないほどの美しい大自然

 

多摩川の支流の中でも最大といわれる秋川。あきる野市から檜原村に及ぶ全長約20kmほどを「秋川渓谷」と呼んでいます。東京とは思えない雄大な自然が広がり、清流の澄んだ水の流れと、四季折々に変化する美しい山々を楽しむことができます。


そんな秋川渓谷では、秋川渓谷の美しい景色を堪能できるウォーキングのほか、渓流釣りやトレッキングなど「山遊び」「川遊び」が人気。バーベキューやキャンプ場が点在しているので、日帰りでバーベキューやデイキャンプなども楽しむことができます。


また、四季折々の自然を楽しめるのも魅力の一つ。春はムラサキツツジや桜をはじめ沢山の花があちらこちらに咲き乱れ、夏にはクワガタムシにカブトムシなどの虫採りや、夕暮れには蛍の飛び交う様子を鑑賞することができます。また、秋の紅葉シーズンは一年の中でも観光客に人気のシーズンで、なかでも十里木(じゅうりぎ)周辺の紅葉は見事です。山遊びに、川遊びにと様々なアウトドアが楽しめ、四季折々の変化が美しい秋川渓谷。週末などを利用して、ぜひお出かけしてみてはいかがでしょうか?

Fb07202307314ea0

秋川渓谷


住所

東京都あきるの市戸倉


アクセス

JR五日市線「武蔵五日市駅」から徒歩で約5分


ウェブサイト

http://www.akirunokanko.com/

東京サマーランド

東京を代表するプールと遊園地の一大レジャー施設 


あきる野市の東京サマーランドは、遊園地やプール、バーベキューにキャンプにドッグランなど、さまざまなレジャーを楽しめるアミューズメント施設です。園内はプールエリアの「アドベンチャードーム」や「アドベンチャーラグーン」、遊園地エリアの「スリルマウンテン」、「アウトドア・スポーツエリア」に分かれており、一日では遊びきれないほど様々なアクティビティを楽しむことができます。


屋内プールの「アドベンチャードーム」は一年中楽しめるエリアで、中心となる「コバルトビーチ」に加え、流れ落ちる滝や岩のトンネルの「ロックビーチ」ほかアトラクションも満載!また、夏には7月1日~9月30日限定の屋外ウォーターエリア「アドベンチャーラグーン」もオープンし、全長650mの日本一長い流れるプールや、5種類・8機ものウォータースライドを楽しむことができます。


プールで有名なサマーランドですが、遊園地エリアの「スリルマウンテン」も楽しみのひとつ。地上40mから落下する「フリーフォール」や、竜巻コースター「トルネード」、お化け屋敷など様々なアトラクションがそろいます。そのほかにも「アウトドア・スポーツエリア」ではゴルフ練習場やフリーマーケットがあるほか、フィッシングを楽しむことができます。


6月〜7月頃にサマーランドを訪れたらぜひ見ておきたいのが「わんダフルネイチャーヴィレッジ」内の「あじさい園」。「アナベルの雪山」等、約60品種、約15,000株のあじさいの群生を楽しむことができます。水遊びに遊園地にと様々な楽しみのある「東京サマーランド」へ、ぜひおでかけしてみませんか。

91f2b637535b70c5

東京サマーランド


住所

東京都あきる野市上代継600


営業時間

3月〜11月末(12月〜2月末までは冬季休園) 

・平日 10:00〜17:00 

・土日祝 9:00~18:00 

※季節により変動有 


定休日

毎週木曜 

※季節により変動有


利用料金

(1)夏季期間(7月1日~9月30日) 

入園券 

・おとな(中学生以上60歳まで)3,500円 

・小学生 2,500円 

・幼児・シニア(2歳~未就学児・61歳以上)1,800円 

フリーパス券 

・おとな(中学生以上60歳まで)4,500円 

・小学生 3,000円 

・幼児・シニア(2歳~未就学児・61歳以上)2,000円 


(2)通常期間(3月~6月/10月~11月の営業日) 

入園券 

・おとな(中学生以上60歳まで)2,000円 

・小学生 1,000円 

・幼児・シニア(2歳~未就学児・61歳以上)1,000円 

フリーパス券 

・おとな(中学生以上60歳まで)3,000円 

・小学生 2,000円 

・幼児・シニア(2歳~未就学児・61歳以上)2,500円


アクセス

電車: 

JR「秋川駅」からタクシーで約5分

バス: 

①JR「秋川駅」から路線バスで約10分 

②京王電鉄・JR「八王子駅」からバスで約35分

車: 

①圏央道「あきる野IC」から約2分 

②中央自動車道「八王子IC」から約22分


駐車場

あり

約5,000台、1日1,500円


ウェブサイト

http://www.summerland.co.jp

大悲願寺

白萩の名所として知られる古刹


東京都あきる野市横沢に位置する真言宗豊山派の寺院、大悲願寺。由緒は古く建久2年(1191年)、源平合戦でその名を馳せた武将、平山季重が建立したといわれています。 


貴重な文化財を数多く所蔵し、本堂は東京都有形文化財、観音堂はあきる野市の有形文化財指定を受けています。また、「木造阿弥陀三尊像」は国の重要文化財に指定されています。


また、大悲願寺は9月中旬から10月上旬に白い花を咲かせる「白萩」の名所としても有名です。仙台藩主伊達政宗が訪れた際、庭の白萩が見事に咲いていましたが、その時は言い出せず後日わざわざ「分けて欲しい」と言ってきたという逸話がのこっています。

Bf3b633ea2376f2d

大悲願寺


住所

東京都あきる野市横沢134


アクセス

JR武蔵五日市線「武蔵増戸駅」から徒歩で約15分


ウェブサイト

http://www.city.akiruno.tokyo.jp/0000001453.html

深沢小さな美術館

こじんまりとした中に魅力がつまった美術館


あきる野市深沢の森に、かわいらしいメルヘンチックな美術館「深沢小さな美術館」があります。この美術館では、昭和54年からNHKで放送された人形劇「プリンプリン物語」の人形美術を担当したことで知られる造形作家の友永詔三氏の作品が展示されています。


「深沢小さな美術館」は、東京・あきる野市が五日市市であったころ、友永詔三氏が古民家を自力で改築、改装したもの。その改築に当たって友永氏はガウディの初期建築を見るために、わざわざバルセロナまで行ったそう。180年を経ているという古民家の梁や柱など主な構造はそのままに、石積みの側壁やドア、ドア・ノブ、窓枠、道の敷石などすべて友永氏ひとりの手で創り上げられ、手作りのぬくもりがこもっています。 


美術館は常設展示の他、友永氏の知人などの作品発表の場として使用されています。また、展示会に出していなければ、「プリンプリン物語」の人形も見られるとのこと。緑の中のメルヘンチックな空間へ、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

8419b0bc362e328d

深沢小さな美術館


住所

東京都あきる野市深沢492


営業時間

10:00~17:00


定休日

水・木曜日

※12~3月は冬期休館


利用料金

大人500円

小中高校生300円


アクセス

電車:

JR五日市線「武蔵五日市駅」から徒歩で約45分


車:

圏央道あきる野ICより約30分


駐車場

あり

7台


ウェブサイト

http://www.akirunokanko.com/?p=332

都立小峰公園

奥多摩の山々の風景が楽しめる


都立小峰公園は都立秋川丘陵自然公園のほぼ中央部に立地する約11ヘクタールのエリアです。谷戸田、尾根、小川、草地、雑木林などでなりたち、多様な環境を擁しており、夏にはヤマユリ、オカトラノオ、ミソハギ、オオバギボウシなどたくさんの花が咲き誇るほか、キビタキ、ホトトギス、シジュウカラなどの多くの野鳥が生息しています。


はじめて都立小峰公園に訪れたら、まずは小峰ビジターセンターへ。園内散策の楽しみ方の情報提供や、自然体験教室などが行われています。園内には「ふれあい広場」などの草地の広場が複数あるほか、遊具が設置された「冒険広場」、谷戸田や桜尾根、展望広場などがあります。谷戸田とは谷戸(やと)に作られた階段状の田んぼのこと。年間を通して稲作体験活動を行っているほか、生息するさまざまな生きものを観察できます。また、標高290m付近の展望台からは武蔵五日市駅方面が一望でき、奥多摩の山々の風景を楽しむことができます。


夏もヤマユリなどの植物が美しく、見どころ満載なのですが、春の桜の時期もおすすめ。園内の中央に位置する桜尾根にはソメイヨシノやヤマザクラの大木が並び、毎年4月中旬には、満開のサクラのもと、たくさんの人が訪れます。周辺には金剛の滝、広徳寺などの観光スポットも充実。こちらも併せて、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

Fc37624667c91e62

都立小峰公園


住所

東京都あきる野市留原284−1 小峰ビジターセンター


アクセス

電車: 

JR武蔵五日市駅から徒歩で約25分


ウェブサイト

https://www.tokyo-park.or.jp/nature/komine/index.html

いかがでしたか?

今回は東京都あきる野市のおすすめ観光・名所をご紹介しました。

豊かな自然に囲まれるあきる野市では、その雄大な自然を感じることができる「秋川渓谷」、プールに遊園地にと楽しみが盛りだくさんの「東京サマーランド」、貴重な文化財が多く眠る「大悲願寺」など、さまざまな観光・名所があります。お出かけの際には、のらぼう菜や秋川とうもろこしなどの特産品を買って帰るのもおすすめ。ぜひ週末などを利用して、あきる野市まで足を運んでみてはいかがでしょうか?