北海道の中心部にある旭川市は、北海道で2番目に大きな都市です。郊外に目を向ければ山々や連なり、石狩川が流れるなど、雄大な自然に囲まれていて、家族旅行やデートで訪れたい観光スポットがたくさん集まっています。今回は、そんな北海道旭川市のおすすめ観光名所を5箇所ご紹介します!

この記事の目次

旭山動物園

動物を目の前で観察できる人気の動物園


北海道で最も有名な動物園といえば「旭山動物園」です。動物本来の行動や能力を見ることができる行動展示が大人気となり、全国でも有名な動物園になりました。


アザラシが泳ぐ姿を目の前で見ることができる円柱水槽や、飛ぶように泳ぐペンギンを観察できる水中トンネル、下から見ることができるレッサーパンダのつり橋など、ここでしか見られない動物の様子を観察することができます。


また、動物の展示以外にも面白い企画がたくさんあります。事前に申し込む体験イベントで、「動物園裏側探検隊」「えさやり観察ガイド」「開演前の動物園ひとりじめ」など、好奇心をそそるものばかり。募集人数は5,6名から20名程度の少人数イベントのため、気になるものがあったら早めに申し込みましょう。お客さんとしてだけでなく、参加型で楽しめるのが旭山動物園の魅力の一つです。

3804c3bf06de84bb

旭山動物園


住所

北海道旭川市東旭川町倉沼


アクセス

電車など:

①旭川空港から旭山動物園まで旭川電気軌道バスで約35分(大人550円)

②JR「旭川駅」東口前の6番のりばから旭川電気軌道バス「旭山動物園線41・42・47番」で約40分(30分間隔で運行)


車:

①道央自動車道「旭川北IC」から約25分

②道央自動車道「旭川鷹栖IC」から約35分


駐車場

正門:無料駐車場 約180台

東門:無料駐車場 約520台


営業時間

夏期開園:

・4月28日(土曜日)~10月15日

午前9時30分~午後5時15分(最終入園/午後4時00分)

・10月16日~11月3日

午前9時30分~午後4時30分(最終入園/午後4時00分)


冬期開園:

・11月11日~4月7日

午前10時30分~午後3時30分(最終入園/午後3時00分)


利用料金

・大人(高校生以上):820円

・小人(中学生以下):無料


ウェブサイト

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/


旭川平和通買物公園

日本で初めて作られた歩行者専用道路!


JR旭川駅から北へ続く大通り、「旭川平和通買物公園」。8条通に至るまで約1キロにわたって続く、歩行者天国です。


旭川のメインストリートとして親しまれる旭川平和通買物公園は、1972年、日本で初めての歩行者専用道路として造られました。通りの両側には百貨店や各種専門店、美容室、飲食店など、たくさんのお店が軒を連ねていて、何でも揃う買い物スポットです。冬まつり期間中には、氷彫刻世界大会の会場にもなって、年中活気にあふれています。


通りには、ところどころに噴水やベンチが配置されますので、休憩をはさみながら買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

E4a72f62566b0465

旭川平和通買物公園


住所

北海道旭川市4条通8丁目

(旭川平和通商店街振興組合)


アクセス

電車:

JR「旭川駅」から徒歩で約1分


ウェブサイト

http://www.kaimonokouen.com/

あさひかわラーメン村

旭川のラーメンを思う存分楽しめる!


「あさひかわラーメン村」は、旭川が誇るべきラーメン文化をもっと広く知ってもらおうという市民の意見をもとに誕生したラーメン施設です。


敷地内にはラーメン村神社があり、スープのようにあつい絆が麺のように長く続くようにと、縁結びの神様がまつられています。あさひかわラーメン村には味自慢のラーメン店が8店舗も入っているので、食べ比べをすることも可能!売店ではお土産用の旭川ラーメンを購入することができます。


定番の老舗「青葉」や「山頭火」など、お腹いっぱいになるまで、本場の旭川ラーメンを堪能してみてはいかがでしょうか。

あさひかわラーメン村


住所

北海道旭川市永山11条4丁目119-48


アクセス

車:

道央自動車道「旭川鷹栖IC」から約20分


電車:

JR石北本線「南永山駅」から徒歩で約7分


駐車場

無料・大型バス無料駐車場あり


営業時間

11:00~20:00


ウェブサイト

http://www.ramenmura.com/

雪の美術館

「アナ雪」のようなお姫様体験が可能!


雪の美しさや神秘さをテーマに作られた「雪の美術館」は、夏でも雪や氷を感じることができる幻想的な空間です。映画「アナと雪の女王」がヒットしてからは、世界観が似ていることが話題となり、一躍人気スポットとなりました。


ビザンチン様式を用いた建築で、中世ヨーロッパを思わせる建物の中は、ドアや床にまで雪をイメージした工夫がなされています。地下水を霧吹き状にして凍らせる「氷の回廊」や、雪の結晶をモチーフとした壁一面のステンドグラスは息を飲むような美しさ。雪の結晶に関するモニター展示や資料室もこだわりの内装で、おとぎの国のお城にいる気分です。


そんな雪の美術館で大人気なのが、お姫様体験です。素敵なドレスを着て写真撮影することができますので、非日常的なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

2df8d9fbf3bf8c4a

雪の美術館


住所

北海道旭川市南が丘3丁目1-1


アクセス


車:

・道央自動車道「旭川鷹栖IC」から約10分

・道央自動車道「深川IC」から約30分


バス:

道北バス・北海道中央バス「高砂台入口駅」下車、徒歩約10分


駐車場

無料駐車場有り・100台(大型バス可)


営業時間

9:00~17:00

年中無休(年末年始休館)


利用料金

・一般(大人):700円

・高校・大学生:500円

・小・中学生:400円

・幼児:無料


ウェブサイト

http://yukibi.marryblossom.com/

嵐山展望台

昼も夜も絶景が楽しめる展望台!


自然あふれる嵐山公園の頂上にあるのが、嵐山展望台です。旭川市の中心部から5kmほどの距離ですが、原始の森が残る貴重な場所です。


標高253mの頂上にある嵐山展望台からは旭川市全体を一望できるため、夜景や花火見物のスポットとして有名で、全国から多くの観光客が訪れています。


嵐山展望台から見える景色は、昼間でも絶景が見られるのが特徴。旭川の町並みや石狩川、遠方には大雪山を望むことができます。豊かな自然を散策し、展望台からの絶景を楽しんでみてください。

4dcdf8378cc0b41d

嵐山展望台


アクセス

電車:

JR「旭川駅」からタクシーで約25分


車:

道央自動車道「旭川鷹栖IC」から約10分


駐車場

あり(無料)


ウェブサイト

http://www.asahikawa-park.or.jp/park/special/arashiyama.html

いかがでしたか?

今回は、北海道旭川市の観光名所を5箇所ご紹介しました。

旭川市には全国的に有名な旭山動物園や、幻想的な雪の世界を堪能できる雪の美術館など、夏でも冬でも楽しめる観光スポットがたくさんあります。

旭川ラーメンも味わって、お腹の中からも旭川を楽しんでみてはいかがでしょうか。