大阪府大阪市の南東に位置する天王寺区。ここは大阪の中でも商業施設やオフィスビルが多く、繁華街もあるにぎやかな街です。関西圏の中ではディープなイメージも強い天王寺区ですが、実は歴史の古い神社仏閣や動物園、美術館といった観光スポットや名所が多い場所でもあります。今回はそんな大阪市天王寺区のおすすめ観光名所を5つピックアップしてご紹介します!

この記事の目次

天王寺動物園

コスパ最高!満足度の高い動物園


大阪市天王寺区の天王寺公園内にある「天王寺動物園」。周りは建物ばかりでこんなところに動物園なんてあるの!?というような場所にある動物園なのですが、1915年(大正4年)1月1日に開園、2015年には開園100年を迎えた日本で3番目に長い歴史を持つ動物園です。面積約11ヘクタールの園内に、約200種1000点の動物が飼育されています。


天王寺動物園の魅力は都会にいながらたくさんの動物たちに会えるということです。近くには通天閣も見えるような大阪の街の中にある動物園ですが、園内にはカバ、ライオン、シマウマ、キリンなど人気のある代表的な動物たちをはじめ、ひつじやヤギ、うさぎなど子供が触れ合える動物たちもいます。


天王寺動物園の園内はとても広く、ファミリーやカップルで訪れてもかなり楽しめます。人気動物のトラやペンギンなど動物たちのごはんタイムもあるので、お気に入りの動物のスケジュールをチェックして見に行くのもおすすめです。かなり満足度の高い動物園ですが、大人もワンコイン500円で入園できるのは嬉しいですね!ぜひ通天閣など観光名所だけでなく、近くにある天王寺動物園にも足を運んでみてくださいね。

4c0f03603cb87d18

天王寺動物園


住所

大阪市天王寺区茶臼山町1-108


アクセス

電車: 

・地下鉄「動物園前駅」1号出口から徒歩約5分~10分

・地下鉄「恵美須町駅」3号出口から徒歩約5分~10分

・南海・JR「新今宮駅」通天閣口(東口)から徒歩約10分

・地下鉄「天王寺駅」5番出口から徒歩約5分~10分

・JR「天王寺駅」中央出口から徒歩約5分~10分

・近鉄南大阪線「大阪阿部野橋駅」7番出口から徒歩約10分


駐車場

有り

・500台


営業時間

①営業時間

9:30~17:00 


②夜間開園

9:30~18:00(5、9月の土日及び休日のみ)


③定休日

月曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月1日)


利用料金

・大人 500円

・小中学生 200円

・就学前児童、大阪市内在住・在学、大阪市立(市外含む)の学校に在学する小中学生(要証明書提示)、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明書提示)、障がい者手帳等をお持ちの方(要証明書提示)無料


ウェブサイト

http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu170/tennojizoo/

四天王寺

聖徳太子が建てたお寺のひとつ


大阪市天王寺区四天王寺にある寺院「四天王寺」。法隆寺や広隆寺などと並び、聖徳太子が建立したと伝えられる七大寺のひとつです。区名や駅名などに使用されている天王寺というのは「四天王寺」の略称です。蘇我馬子の法興寺(飛鳥寺)と並び、日本における本格的な仏教寺院としては最古のものです。


四天王寺は、推古天皇元年(593年)に建立されました。今からなんと1400年以上も前のことです。『日本書紀』によると、物部守屋と蘇我馬子の合戦の折り、崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開するために、自ら四天王像を彫って「もし、この戦いに勝利したら、四天王を安置する寺院を建立しこの世の全ての人々を救済する」と誓願され、勝利の後その誓いを果すために建立されました。


四天王寺は重なる戦火や災害に見舞われ、多くが焼失した歴史もあります。しかし、現在の建物は創建当時(飛鳥時代)の様式を忠実に再現しており、古代の建築様式が今に残る貴重な存在となっています。甲子園球場の3倍の広さを有する境内には四天王寺式伽藍、聖徳太子の御霊を崇る聖霊院(太子殿)などがあり、創建当時の品々など500点あまりの国宝・重要文化財を所蔵する宝物館もあります。宝物館を含めた3ヶ所ほどは有料ですが、境内やお堂は無料で拝観できますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

四天王寺


住所

大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18


アクセス

電車:

・環状線「天王寺駅」から徒歩約12分

・地下鉄御堂筋線・谷町線「天王寺駅」から徒歩約12分

・地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」から徒歩約5分

・近鉄南大阪線「阿部野橋駅」から徒歩約14分


駐車場

有り

・隣接したタイムズ(最大34台)


営業時間

①お堂の外からのお参り

無休


②お堂、中心伽藍、庭園

・4月〜9月

8:30〜16:30

※毎月21日、会中:8:00〜17:00


・10月〜3月

8:30〜16:00

※毎月21日、会中(10月を除く):8:00〜16:30

※10月21日、会中:8:00〜17:00


③六時堂

8:30〜18:00

※毎月21日、会中:8:00〜18:00


利用料金

①大人

・中心伽藍:300円

・庭園:300円

・宝物館:500円


②高校生・大学生

・中心伽藍:200円

・庭園:200円

・宝物館:300円


③小学生

・中心伽藍:無料

・庭園:200円

・宝物館:無料


④幼稚園児

すべて無料


ウェブサイト

http://www.shitennoji.or.jp/

三光神社

真田丸ゆかりの地


大阪府大阪市天王寺区玉造本町の宰相山公園(さいしょうやまこうえん)にある「三光神社」。大阪城東南の丘陵(上町台)真田山に鎮座し、昔は姫山神社と呼ばれていましたが、全国的には真田山の三光の名称の方がよく知られ、今では三光神社となった背景があります。


仁徳天皇・天照大神・月読命・素盞嗚命を祀る三光神社は、反正天皇によって創建されたと伝えられています。ここには真田幸村が大阪城までの抜け穴を地下道に掘ったと伝えられている「真田の抜け穴」の跡があります。11月の第一日曜日は真田祭りが行われ、普段は鍵がかかっていて、鉄格子を通してしか見る事ができない「真田の抜け穴」の1年に1度の開放の日ですのでおすすめです。


三光神社は春には桜の名所としても有名で、境内に咲く美しい桜を見物することもできます。他にも梅雨時期にはあじさい、秋には色づいた木々など季節によって神社の雰囲気も変わります。少し騒がしい都会から離れて、三光神社に癒しを求めて立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

三光神社


住所

大阪府大阪市天王寺区玉造本町14−90


アクセス

電車: 

①JR環状線「玉造駅」から徒歩で約5分 

②地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」2番出口から徒歩で約2分


駐車場

有り

※近隣のパーキング


営業時間

①営業時間 9:30~16:00(利用時間は社務所の開いている時間) 

②定休日 年中無休


利用料金

拝観無料


ウェブサイト

http://sankoujinja.com/index.html

大阪市立美術館

8,400件を超える館蔵品を誇る美術館


「大阪市立美術館」は天王寺動物園と同じ天王寺公園内にある美術館です。大阪市民が優れた美術文化に接することで生活が潤うこと、そして美術家の活動を応援することを目的として、昭和11年5月に開館されました。大阪市立美術館の敷地はもともと住友家の本邸があった所で、美術館の建設を目的に庭園である慶沢園とともに大阪市に寄贈されたものです。


美術館は地下2階〜地上3階まであります。設立当初の本館に加え、平成4年に新設された地下展覧会室からなります。本館陳列室には、特別展やコレクション展示を開催しています。常設展示では日本・中国の絵画・彫刻・工芸など8,400件をこえる館蔵品と、社寺などから寄託された作品が展示されています。中には国宝や重要文化財に指定された作品も含まれています。


大阪市立美術館はその建物の外観や内装の美しさも魅力のひとつです。特に入り口のホールにあるステンドグラスやシャンデリアは非常に美しく、その空間にいるだけで気持ちが高揚します。期間限定の特別展示なども随時行われているので、ホームページなどで何の展示をやっているかチェックして訪問するのがおすすめです!

9a740fa884187cff

大阪市立美術館


住所

大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1−82


アクセス

電車: 

JR・地下鉄御堂筋線・谷町線「天王寺駅」から徒歩で約5分


駐車場

有り 

・天王寺公園駐車場


営業時間

①営業時間 9:30~17:00(入館は16:30まで) 

②定休日 月曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始


利用料金

・大人 300円 

・高大生 200円 

・中学生以下無料


ウェブサイト

https://www.osaka-art-museum.jp/

一心寺

現代建築も見所のひとつ


大阪府大阪市天王寺区にある浄土宗のお寺である「一心寺(いっしんじ)」。天王寺動物園や大阪市立美術館がある天王寺公園に隣接した上町台地の崖線上に建っています。正式名称は坂松山高岳院一心寺(ばんしょうざん こうがくいん いっしんじ)と言い、お骨佛の寺として有名です。


一心寺の発祥は文治元年(1185年)です。浄土宗をお開きになった法然上人が、この地の四間四面の草庵「荒陵の新別所(あらはかのしんべっしょ)」で「観無量寿経」に説かれる修法である日想観を修せられたことが由来とされています。草庵は法然上人の本名をとって「源空庵」と呼ばれ、その後「一心寺」へと改称されました。


明治20年にお骨佛が造立されてからは「お骨佛の寺」として現在まで親しまれています。境内にはお骨佛堂や納骨堂があり、納骨堂前では多くの方がお線香を供えています。また、建築家・現長老(高口恭行)が1997年に作った鉄とコンクリートの斬新な山門、そして左右に建っている彫刻家・神戸峰男による阿形(あぎょう)像・吽形(うんぎょう)像など現代建築による建造物も見所のひとつです。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

一心寺


住所

大阪府大阪市天王寺区逢阪2丁目8−69


アクセス

電車: 

JR「天王寺駅」北口から徒歩で約15分


駐車場

無し


営業時間

①境内・納骨堂・墓地

5時〜18時、年中無休


②本堂・受付・休憩所・線香(ローソク)売場

9時〜16時


その他

2018年5月7日~2019年12月末日までおせがきを休止されています。


ウェブサイト

http://www.isshinji.or.jp/

いかがでしたか?

今回は大阪市天王寺区のおすすめ観光名所を5つご紹介しました。歴史があり、それぞれに見所がたくさんある神社仏閣や、重要文化財も保管する美術館、ファミリーで訪れても楽しい動物園など今すぐ訪れたくなる観光名所がたくさんあります。ぜひ大阪観光をされる方や地元の方でもまだ行ったことなかったという方は一度足を運んでみてくださいね!