JR・京阪電車・近鉄電車の路線が通り、京都市内からアクセス抜群の京都府宇治市。市内中央を流れる宇治川周辺には、平等院と宇治上神社という2つの世界遺産がある他、多くの古刹が点在しています。
源氏物語の「宇治十帖」の舞台としても知られ、源氏物語ミュージアムをはじめ、物語の世界を感じられるスポットも満載!
今回は京都府宇治市のおすすめ観光名所を5つピックアップしてご紹介します!

この記事の目次

平等院

国宝の鳳凰堂で知られる宇治を代表するお寺

宇治の観光スポットと言うと、真っ先に平等院を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

平安時代後期の1052年、時の関白藤原頼道が父道長から譲り受けた別荘をお寺に改めたのが平等院のはじまりです。平等院のシンボルと言えば、十円硬貨にも描かれた鳳凰堂。堂内には仏師定朝の手による国宝の阿弥陀如来がまつられています。2014年には平成の大修理を終えて、創建当初の鮮やかな色彩を取り戻しました。

鳳凰堂の周りには、史跡・名勝に定められた浄土式庭園が広がっています。池を中心したお庭と鳳凰堂とが相まった荘厳な景色は、一見の価値あり!

平等院に伝わる主な寺宝は「ミュージアム鳳翔館」という博物館に展示されていて、国宝の梵鐘や雲中供養菩薩像など貴重な文化財を間近で見ることができます。

平等院を訪れる楽しみは、お寺の中だけではありません!平等院へと至る参道には宇治茶の老舗がずらりと並び、お茶の香りが漂っています。茶そばや茶うどん、抹茶ソフトなど宇治ならではのグルメを堪能するのにも絶好のスポットです。

9463eb0cbb2aa5db

平等院


住所

京都府宇治市宇治蓮華116


営業時間

庭園:8:30~17:30(受付終了17:15)

鳳凰堂内部拝観:9:30~16:10(20分毎、各回50名定員)

※受付時間9:00~先着順によりなくなり次第終了

平等院ミュージアム鳳翔館:9:00~17:00(受付終了16:45)

ミュージアムショップ:9:00~17:00

茶房 藤花:10:00~16:30(ラストオーダー16:00)


定休日

庭園、鳳凰堂内部拝観、平等院ミュージアム鳳翔館、ミュージアムショップ:年中無休

茶房 藤花:火曜日 ※火曜日が祝日の場合は営業

法要・行事により、内部拝観が中止の場合あり


利用料金

・庭園+平等院ミュージアム鳳翔館

大人:600円

中高生:400円

小学生:300円

障碍者手帳をお持ちの方は本人及び介添え人1名を半額


・鳳凰堂内部拝観:300円


アクセス

・JR「宇治駅」から徒歩10分

・京阪電車「宇治駅」から徒歩10分


ウェブサイト

https://www.byodoin.or.jp/

宇治上神社

日本最古の神社建築で知られる神社


朝日山の山裾に鎮座する宇治上神社。菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)、応神天皇、仁徳天皇を御祭神として平安時代に建立され、平等院の鎮守社として信仰を集めてきました。

平安時代後期につくられた本殿は、現存する日本最古の神社建築として大変貴重なもの。鎌倉時代に建てられた拝殿は日本最古の拝殿であり、本殿と拝殿はともに国宝に指定されています。

境内には「宇治七名水」のうち、現存する唯一の「桐原水」が湧き出ていて、お参りする方が手を清めるのに利用されています。

657b6017b2613dd2

世界文化遺産として知られる宇治上神社ですが、ちょっと変わったおみくじや御朱印がいただけることでも有名です。

拝殿脇の授与所で購入できるおみくじは、コロンとしたうさぎの形。「うじ」の地名が、かつては「うさぎのみち」と書いて「菟道(うじ)」と読んでいたことにちなむそう。可愛いうさぎのおみくじは、お参りの記念にもなります。

宇治上神社の御朱印は、バリエーションが豊富なことで知られています。持参の御朱印帳に書いてもらえる御朱印のほか、カラフルな和紙の御朱印なども貰えます。

こじんまりとした神社ですが、清らな空気に包まれた境内はまさにパワースポット!ぜひ足を運んでみてください。

49315eb45cc84ef2

宇治上神社


住所

京都府宇治市宇治山田59


営業時間

9:00~16:30


アクセス

・京阪宇治線「宇治駅」下車、徒歩10分

・JR奈良線「宇治駅」駅下車、徒歩20分


駐車場

あり(無料)


ウェブサイト

http://www.pref.kyoto.jp/isan/ujigami.html

宇治市源氏物語ミュージアム

源氏物語の世界に浸れるミュージアム

紫式部によって書かれた源氏物語。平安時代中期を代表する古典文学として、日本だけでなく世界的にも有名な作品です。全部で54帖ある物語のうち、最後の10帖は宇治を舞台に書かれていて「宇治十帖」と呼ばれます。

源氏物語ミュージアムは、物語の魅力に触れられる市営の博物館です。光源氏の邸宅である「六条院」の模型や平安装束を身にまとった等身大の人形、調度品のレプリカなどが展示されています。映像シアターでは、「浮舟」と「橋姫」の2本のオリジナル映画を楽しむこともできます。常設展のほか色々なテーマで企画展も行われているので、何度も訪れたいスポットです。

源氏物語が好きな方はもちろん、内容をよく知らないという方も楽しめます。


※リニューアルに伴い平成30年7月17日(火)〜9月13日(木)の間、臨時休館中です。


宇治市源氏物語ミュージアム


住所

京都府宇治市宇治東内45-26


営業時間

9:00〜17:00 (入館は16:30まで) 


定休日

月曜、祝日の場合は翌日、年末年始


利用料金

・大人 500円 

・中学生 250円 

・小学生 250円


アクセス

電車: 

①JR奈良線「宇治駅」から徒歩で15分 

②京阪宇治線「宇治駅」から徒歩で8分 


バス: 

近鉄京都線近鉄「大久保駅」から京阪宇治交通バスで15分、「京阪宇治」下車から徒歩で8分


駐車場

普通車 1台30分 100円 (15台分)


ウェブサイト

http://www.city.uji.kyoto.jp/0000019036.html

黄檗山萬福寺

異国情緒溢れる伽藍が立ち並ぶお寺

宇治駅から少し離れた場所にも、気になる観光スポットが色々。

JRと京阪電鉄の黄檗駅近くにある黄檗山萬福寺は、1661年に隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師により創建されたお寺です。隠元禅師は中国明時代の臨済宗を代表する僧で、インゲン豆やレンコンなどを日本にもたらした人物でもあります。日本からの度重なる招請に応じ、中国から弟子たちと共に宇治の地にやってきた隠元禅師。開いたお寺に、自身が住職を務めた中国福建省のお寺と同じ「黄檗山萬福寺」と名付けました。

そんな萬福寺には、一般的なお寺とは一味も二味も違う独特な雰囲気が漂っています。建物は中国の明時代末期頃の様式で造られていて、一歩足を踏み入れると、まるで異国に来たかのような景色が広がっています。

5f5a37a7729c6b60

創建当初の貴重な姿を伝える寺院は日本では他に例がなく、主要な建物二十三棟、回廊、額などは代表的な禅宗伽藍建築群として重要文化財に指定されています。

隠元禅師の教えを守り伝える萬福寺では、建物だけでなく仏像やお経、儀礼作法に至るまでありとあらゆるものが中国風。予約すれば、普茶料理という中国風精進料理を頂くこともできます。

日本文化との違いを感じながら、じっくり巡るのが楽しいスポットです。

5f24979953bf4e7e

黄檗山萬福寺


住所

京都府宇治市五ヶ庄三番割34


営業時間

拝観時間 / 9:00~17:00

※入山受付は16:30(朱印所・売店も同様となります)



利用料金

・大人 500円 

・大学生 500円 

・高校生 500円 

・中学生 300円 

・小学生 300円


アクセス

JR奈良線・京阪宇治線「黄檗駅」から徒歩で5分


駐車場

普通車は最初の90分500円。超過30分ごとに200円


ウェブサイト

http://www.obakusan.or.jp/

三室戸寺

「花の寺」と称されるつつじとあじさいの名所

三室戸寺は西国三十三カ所観音霊場の10番札所であり、本山修験宗の別格本山です。約1200年前に光仁天皇の勅願により、千手観世音菩薩をご本尊として創建されました。

本堂や三重塔など歴史を感じさせる建物のほか、源氏物語宇治十帖にちなむ石碑など多くの見どころがあります。

参道脇に広がる5千坪もの大庭園も、三室戸寺の魅力の一つ。庭園にはつつじやあじさいが植えられていて、花の季節は多くの人で賑わいます。

つつじの規模は関西でも指折りで、その数なんと2万株!例年ゴールデンウイークの前後に、紫・ピンク・白の花が見事に咲き誇ります。

「あじさいの寺」としても知られる三室戸寺。毎年梅雨の頃には、50種1万株の色とりどりのあじさいに彩られ、ライトアップなども行われています。

夏の蓮、秋の紅葉なども有名で、四季折々に訪れる楽しみのあるお寺です。

三室戸寺


住所

京都府宇治市莵道滋賀谷21



営業時間

①公開 

・4月〜10月 8:30〜16:30 

・11月〜3月 8:30〜16:00 

②休業 年中無休


定休日

12月29・30・31日

※気象警報が発令されている場合は、拝観を中止


利用料金

平常 大人500円 小人300円

あじさい園開園期間中 大人800円 小人400円

あじさいライトアップ 大人800円 小人400円


アクセス

京阪宇治線「三室戸駅」から徒歩で約20分


駐車場

収容台数 300台(有料)


ウェブサイト

https://www.mimurotoji.com/

いかがでしたか?

今回は、京都府宇治市の観光名所5箇所をご紹介しました。

宇治市には平等院や宇治上神社などの歴史ある寺社や源氏物語ゆかりの地など、たくさんの見どころがあります。興聖寺など美しい紅葉で知られるスポットなどもあり、季節ごとに訪れる楽しみもあります。お茶を使ったスイーツやグルメを楽しめるスポットも充実。美しい宇治川を眺めながら散策にでかけてみませんか。