紅葉名所といえば、栃木県ははずせません。関東随一の人気を誇る「いろは坂」から、世界遺産の「日光東照宮」まで、たくさんの紅葉名所がある栃木県。今回は、栃木県の中でも、歴史と自然の造形美を楽しめる日光・奥日光・鬼怒川・佐野市のおすすめ紅葉名所16選をご紹介します。

この記事の目次

①いろは坂

日光 紅葉の大人気スポット!車窓から眺める圧巻の景色

栃木県日光市、日光市宇都宮道道路「清竜IC」から15分ほどの「いろは坂」は日光市街・奥日光を結ぶ観光道路。下り専用の第一いろは坂と上り専用の第二いろは坂の二つの坂からなります。通常は片道15分ほどの坂ですが、紅葉期間中は2時間以上にもなる大人気のドライブコース。標高差が440mあるので紅葉のグラデーションも楽しめます。渋滞は大変ですが、一度は訪れたい日光の紅葉名所です。紅葉シーズンの日中は混むので、早朝お出かけがおすすめです。第二いろは坂途中の明智平展望台からの眺めは抜群で、第一いろは坂を望むこともできます。

E30d8b004d7963af

いろは坂

住所

栃木県日光市中宮祠


アクセス

車:

日光宇都宮道路「清滝IC」から車で約10分


例年の見頃

11月上旬〜11月下旬


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/9/ (日光市観光協会公式サイト)

②明智平展望台

ロープーウェイからの大パノラマは必見!!

第2いろは坂をほぼ上りきったところにある明智平。ドライブインになっていて駐車場も広いため、ドライブの休憩にもぴったり。

ここからロープウエイに乗って3分で到着する標高1373mの明智平展望台は人気の展望スポット。男体山や中禅寺湖そして中禅寺湖から流れ落ちる華厳の滝など、秋の美しい山肌を一望することができますよ。

また、展望台から先は茶の木平方面に遊歩道が設けられていて、中禅寺湖まで行くこともできます。所要時間は、茶の木平まで約1時間30分(逆は約55分)。展望台から約20分の地点に鉄塔があり、こちらもちょっとした展望ポイントになっています。4月〜5月に咲くアカヤシオのピンク色を楽しむならこちらがおすすめです。四季折々の楽しみがある日光の絶景スポットです。

6ea774bd1679fd0d

明智平展望台


住所

栃木県日光市細尾深沢


アクセス

車:

第2いろは坂終点近く


バス:

JR日光線「日光駅」または東武鉄道東武日光線「東武日光駅」より東武バス湯元温泉行または中禅寺温泉行バス乗車約40分、「明智平」バス停下車すぐ


駐車場

有り


営業時間

明智平ロープウェイ9:00~16:00

※営業時間変更の場合あり、要問合せ


ロープーウェイ料金

・大人 片道400円、往復730円

・子供 片道200円、往復370円


休業

明智平ロープウェイ荒天時休み

※要問合


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/ (日光市観光協会公式サイト)

③華厳の滝(けごんのたき)

錦の点描に飾られた雄大な滝

栃木県日光市の日本三名瀑のひとつにも数えられている華厳の滝。日光周辺は滝が多いですが、その中でも有名なのが華厳ノ滝です。中禅寺湖の水が、高さ97メートルの岸壁を一気に落下する迫力満点の滝です。エレベーターで観爆台へ行けば滝つぼの間近まで行くことができ、爆音と共に水しぶきが豪快に上がる様子を見ることができます。明智平展望台からも華厳の滝と紅葉の造形美を眺めることができますよ。

510325f153b15000

華厳の滝


住所

栃木県日光市中宮祠


アクセス

バス:

東武鉄道東武日光線「東武日光駅」より東武バス中禅寺温泉行き乗車約40分、「中禅寺温泉」バス停下車徒歩約5分


営業時間

・3月~11月 8:00~17:00 

・12月~2月 9:00~16:30 

※ただし、季節・気象状況により時間変更あり。

※ご入場受付時間は、運行終了時間10分前まで。


料金 エレベーター往復

大人550円、小学生330円


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/5/ (日光市観光協会公式サイト)

④半月山展望台

日光の山々を一望できる展望台

栃木県日光市に位置する「半月山」は、標高1,753メートル、中禅寺湖や日光の山々を一望できるのが魅力。中禅寺湖スカイラインの突き当たりにある半月山駐車場からさらに徒歩で約30登った先に日光屈指の絶景を堪能できる半月山展望台があります。展望台からは正面に中禅寺湖、その奥に男体山がかまえ、中禅寺湖に突き出た八丁出島も見ることができます。さらに、紅葉の時期には山肌が美しく飾られた様子を一望することができます。ハイキングを楽しみたい方には、途中にある半月山第一駐車場からの散策路もおすすめです。半月山第一駐車場から山頂までは徒歩で約30分、山頂から半月峠を経て中禅寺湖畔の狸窪(むじなくぼ)までは約1時間で、短時間でも奥日光の自然を満喫できる人気のハイキングコースです。

半月山展望台も、日光へ行った際は是非立ち寄りたいビュースポットです。

Bc774384994d8354

半月山展望台


住所

栃木県日光市中宮祠


アクセス

バス:

JR日光線「日光駅」から車で約50分、第2駐車場から徒歩約30分

車:

日光宇都宮道路「日光IC」から約50分


駐車場

有り 第2駐車場(普通車55台、大型車6台)


営業時間

無休


ウェブサイト

https://www.tochigiji.or.jp/spot/7220/ (運営:栃木県観光物産協会)

⑤日光山中禅寺 立木観音

坂東観音霊場18番目のお寺

栃木県日光市の日光山中禅寺は、784年、日光開山「勝道上人」によって建立されたお寺で、世界遺産「日光山輪王寺」の別院です。 御本尊「十一面千手観世音菩薩」(国重要文化財)は、桂の立木を勝道上人ご自身が自ら彫り込んだものとされ、「立木観音」とも呼ばれています。

秋には鮮やかに色づいた男体山、中禅寺湖を静かに眺めることができます。

Cd7764b34d11ecb7

日光山中禅寺 立木観音

住所

栃木県日光市中宮祠2587


アクセス

バス:

JR日光線「日光駅」・東武鉄道東武日光線「東武日光」駅より東武バス中禅寺温泉行き乗車約40分、「中禅寺温泉」バス停下車徒歩約25分


拝観時間

・08:00~17:00(4月~10月)

・08:00~16:00(11月)

・08:30〜15:30(12月〜2月)

・8:30~16:00(3月)


料金

・大人 500円、小中学生 200円

・団体(20名様以上)大人450円、子供180円

・身障者 大人 100円、子供 無料


ウェブサイト

http://rinnoji.or.jp/precincts/cyuuzenji

⑥英国大使館別荘記念公園

「絵に描いたような景色」と英国文化を堪能できる

栃木県日光市にある英国大使館別荘記念公園は、中禅寺湖の豊かな自然と国際避暑地の歴史を感じられるスポット。

園内の建物は、英国の外交官で明治維新に大きな影響を与えたアーネスト・サトウの個人別荘として明治29年(1896年)に建てられ、その後、英国大使館別荘として長年使われてきた姿に復元され、公開されています。


英国大使館別荘記念公園では、奥日光の国際避暑地としての歴史や英国文化についての展示や、館内で紅茶やお菓子などが楽しめる(別途料金)カフェがあるほか、2階の広縁からは、サトウが愛した中禅寺湖畔の「絵に描いたような風景」を満喫できるなど、旧大使館別荘として使われていた時代の雰囲気を感じることができます。紅葉の季節は、建物内から中禅寺湖と見事な紅葉を堪能できます。

中禅寺湖周辺は、明治中頃から昭和初期にかけて、各国の大使館をはじめ多くの外国人別荘が建てられ、近くには「イタリア大使館別荘記念公園」もあります。

F9db3c536b12a9d7

英国大使館別荘記念公園


住所

栃木県日光市中宮祠2482


アクセス

バス:

①JR日光線「日光駅」東武鉄道日光線「東武日光駅」から湯元温泉行または中禅寺温泉行バス乗車、約50分。「中禅寺温泉」バス停下車、徒歩35分。

②夏期、紅葉期のみ半月山行きバス乗換、「イタリア・英国大使館別荘記念公園前」下車、徒歩5分

東武バスでJR日光駅発、東武日光駅経由「中禅寺温泉・湯元温泉行き」で「中禅寺温泉」下車、徒歩約35分


東:

北自動車道、宇都宮ICから日光宇都宮道路に入り、清滝IC、いろは坂経由約50分

県営歌ヶ浜駐車場から徒歩約10分


湖畔沿いの市道は、自然環境保全のため一般車両の交通規制をおこなっています。ぜひ歩いてご来園ください。



開館期間

・9:00~16:00(4月)

・9:00~17:00(5月~11月10日)

・9:00~16:00(11月11日~11月30日)


休館日

・6月〜10月 無休

・4月・5月及び11月 月曜 (祝日の場合、翌日以降に振り替え)


料金

大人(高校生以上)200円、小人(4才~中学生)100円


ウェブサイト

https://www.nikko-nsm.co.jp/

⑦イタリア大使館別荘記念公園

中禅寺湖と紅葉を同時に

栃木県日光市、中禅寺湖畔の木々に囲まれた、イタリア大使の別荘跡。1階は、暖炉を持つ食堂、書斎、居間がワンルームとなっており、開放感あふれる広縁につながっています。


2階は湖に面して寝室が並び、湖の景観を最大限に生かした設計で、。ゆったりとした避暑地生活を彷彿させます。

周りの自然に溶け込む地元特産の日光杉を使用した市松模様の外壁も見どころです。

テラスからは表情豊かな中禅寺湖と紅葉を楽しめますよ!

762fcbe69e98329c

イタリア大使館別荘記念公園

住所

栃木県日光市中宮祠24

 

アクセス

車:

日光駅周辺からいろは坂経由約40分。県営歌ガ浜駐車場利用(無料)徒歩15分

 

バス:

①JR日光線「日光駅」東武鉄道日光線「東武日光駅」から湯元温泉行または中禅寺温泉行バス乗車、約50分。「中禅寺温泉」バス停下車、徒歩40分。

②夏期、紅葉期のみ半月山行きバス乗換、「イタリア・英国大使館別荘記念公園前」下車、徒歩10分


開園期間

4月1日~11月30日

 

開館時間(本邸及び歴史館の利用)

9:00~16:00(4~6月、9~11月)

9:00~17:00(7月~8月)

 

定休日

定休 6月1日~10月31日までは無休

4月・5月及び11月は毎週月曜日が休館(祝日の場合は翌日以降に振替)

 

料金

大人200円、小人100円(4才以上~中学生まで)

 

ウェブサイト

https://www.nikko-nsm.co.jp/

⑧竜頭ノ滝

色とりどりの紅葉が魅力

栃木県奥日光にある竜頭ノ滝は、湯ノ湖の湯滝、中禅寺湖の華厳ノ滝とならぶ奥日光の三大名瀑の一つ。急斜面を二股に分かれて落ちる水流はその名の通り竜のようです。

5月~6月はトウゴクミツバツツジ、9月下旬は紅葉に彩られた美しい景観が楽しめます。観爆台からは紅葉に彩られた滝つぼを見ることができますよ。近くには茶屋もありほっと一息つくにも最適です。

Fde150426160c980

竜頭ノ滝

住所

栃木県日光市中宮祠


アクセス 

バス:

JR日光線「日光駅」より東武バス「竜頭の滝」下車


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/6/ (日光市観光協会公式サイト)

⑨湯滝

迫力ある滝壺と紅葉を同時に

湯ノ湖の南端にある高さ70メートル、長さ110メートルの滝で、湯ノ湖から三岳溶岩流の岩壁を湖水が流れ落ちる。滝壺に下りられ、爆音と共に迫力ある滝を感じることができます。山中にあることの多い滝ですが、湯滝はバス停「湯滝入口」から徒歩5分というアクセスの良さも人気。

24acf35375e8f88d

湯滝

住所

栃木県日光市湯元


アクセス

バス:

JR日光線「日光駅」・東武鉄道東武日光線「東武日光駅」より湯元温泉行きバス乗車、約60分「湯滝入口」下車、徒歩5分


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/115/ (日光市観光協会公式サイト)

⑩霧降ノ滝

葛飾北斎も描いた絶景

古くから華厳ノ滝、裏見ノ滝とともに日光三名瀑の一つに数えられている霧降ノ滝。霧降川にかかる滝は上下2段になっていて、上段が25メートル、下段が26メートル、高さは75メートル。たたきつけられた飛沫が霧のように舞い上がる様子が幻想的。紅葉と滝のバランスの良さも魅力の1つ。滝の正面に観瀑台があり、浮世絵師・葛飾北斎も描いたという絶景がひろがります。

518519ab0485f2cc

霧降ノ滝

住所

栃木県日光市所野


アクセス

バス:

JR日光線「日光駅」、東武鉄道東武日光線「東武日光駅」より東武バス「霧降高原・大笹牧場」行きで10分、「霧降滝入口」バス停下車、観瀑台まで徒歩15分


例年の紅葉見頃

10月下旬~11月上旬 


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/120/ (日光市観光協会公式サイト)

⑪瀬戸合峡

断崖絶壁と紅葉

鬼怒川の上流に位置する瀬戸合峡は、凝灰岩が浸食されることによって生まれた峡谷で、深度100mにも及ぶ切り立った岸壁が約2㎞にわたり広がっています。紅葉の名所として「とちぎの景勝100選」に選定されている場所です。


峡谷内にある川俣ダム正面に架けられた吊橋「渡らっしゃい吊橋」からの眺望は正に絶景で、間近にせまる断崖をダイナミックに感じることができます。

3ab7721f1a66cb37

瀬戸合峡

住所

栃木県日光市川俣 瀬戸合峡


アクセス

バス:

東武「鬼怒川温泉駅」から市営バス治温泉経由女夫渕温泉行きで1時間15分


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/58/ (日光市観光協会公式サイト)

⑫湯西川温泉

平家の里など見どころたくさん

栃木県日光市にある湯西川温泉は、平家の落人伝説のある温泉で、天正元年に平家の子孫が温泉を発見したといわれている歴史ある温泉です。里山に囲まれている湯西川温泉に浸かりながら、ブナ、モミジの紅葉を見ることができます。特に戦に敗れ逃げのびた平家の人々の生活様式を再現した「平家の里」では、茅葺き屋根と紅葉が風情あふれる絶景を作り出し、人々を魅了します。他にも「湯西川ダム」では、周りの山々が鮮やかに色づき、ダムの湖面に映える絶景をみることができます。「湯西川ダックツアー」では、水陸両用バスでダム湖クルージングを楽しむことができます。一味違った、湖上から見る紅葉もおすすめです!

C20e28a3ffd64184

湯西川温泉

住所

栃木県日光市湯西川


アクセス

バス:

東武鬼怒川温泉駅から日光交通ダイヤルバスで50分


例年の紅葉見頃

10月中旬~11月上旬頃



ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/34/ (日光市観光協会公式サイト)

⑬龍王峡

泊りがけで楽しめる紅葉名所

龍王峡は、川治温泉と鬼怒川温泉の間約3kmに渡って広がる、両側にそびえる切り立つ崖が壮大な渓谷です。10月下旬から11月中旬にかけて両側を染める紅葉と、エメラルドグリーンの川のコントラストが絶景となっています。龍王峡はハイキングコースが整備されており、定番の「むささび橋巡回コース」では神社や滝、有名なむささび橋などを巡ることができます。また、周辺には、鬼怒川温泉や川治温泉などの宿泊施設やレジャースポットなどが充実しているので、泊まりでゆったりと観光を楽しむことができますよ!


4204e95cbdf4205f

龍王峡

住所

栃木県日光市鬼怒川温泉滝 龍王峡


アクセス

バス: 

野岩鉄道会津鬼怒川線「龍王峡駅」からバスで約5分


例年の紅葉見ごろ

10月下旬〜11月中旬


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/42/ (日光市観光協会公式サイト)

⑭蓬莱山

11月下旬ごろまで紅葉が楽しめる蓬莱山

栃木県・佐野市の人気紅葉スポット「蓬莱山」。蓬莱山は日本三蓬莱の一つに数えられ、約1,200年前に日光二荒山を開山した勝道上人によって開かれ一大霊場として栄えた山です。例年11月中旬から下旬にかけて見頃を迎え、佐野市街から車で1時間弱の距離にも関わらず、紅葉を見ようと多くの人で賑わいます。周辺には遊歩道が整備されているので、ゆったりと散策して秋の訪れを感じることができますよ!


Bafdf141e34153e7

蓬莱山

住所

栃木県佐野市作原町 蓬莱山


アクセス

車: 

北関東自動車道 「佐野田沼IC」から約45分


駐車場

10台 無料


例年の紅葉見ごろ

11月中旬〜11月下旬

⑮日光東照宮

神橋と紅葉は相性抜群

おなじみの世界遺産・二社一寺(日光東照宮・日光二荒山神社・日光山輪王寺)は、日光を代表する観光スポットですが、紅葉シーズンには、紅葉を目当てにより多くの観光客で賑わいます。黄・赤など鮮やかに色づく木々と神社が風情あふれる景色を作り出します。見どころは、二荒山神社の建造物である「神橋」の赤い欄干と紅葉です。赤い欄干と鮮やかな葉が絶妙にマッチしています!普段は人が渡ることができない橋なので、紅葉の絶景写真を思う存分撮影しちゃいましょう!

9eb7550d803c90d5

日光東照宮


住所

栃木県日光市山内2301 日光東照宮


アクセス

電車: 

①東武鉄道日光線「東武日光駅」から徒歩で約30分 

②浅草 ~ 東武日光(特急けごん)所要時間 約1時間50分 

③浅草 ~ 下今市~東武日光(特急きぬ+各駅停車)所要時間 約1時間50分 

④浅草 ~ 東武日光(東武鉄道快速)所要時間 約2時間5分 

⑤新宿 ~ 東武日光(JR特急日光)所要時間 約2時間 

⑥宇都宮 ~ 日光(JR日光線)所要時間 約45分 

車: 

日光宇都宮道路「日光IC」から約2km


駐車場

有り 

①約200台(年中無休) 

②普通車 600円(1日)


営業時間

①営業時間 

・4月1日~10月31日 8:00〜17:00 

・11月1日~3月31日 8:00〜16:00 

※各期間とも受付は閉門30分前に終了 


定休日

無し


利用料金

(1)日光東照宮単独拝観券 

①大人・高校生 

・個人(1~34名)1,300円 

・団体(35名以上)1,170円 

②小・中学生 

・個人(1~34名)450円 

・団体(35名以上)405円 

(2)セット料金(東照宮拝観券+宝物館入館券) 

①大人・高校生 

・個人(1~34名)2,100円 

・団体(35名以上)1,970円 

②小・中学生 

・個人(1~34名)770円 

・団体(35名以上)725円


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/2/


⑯間欠泉(かんけつせん)

川俣温泉の名物「間欠泉」と紅葉のコラボレーション

川俣温泉街の中心、鬼怒川沿いの岩と岩との間から勢いよく熱湯が噴き上がる間欠泉。60~70分おきに約1、2分間、白い蒸気や高温の温泉を噴き上げ、湯柱は20~30mの高さにも到達することも。噴泉橋の他には、間欠泉展望台からも見ることができます。

足湯につかりながら噴泉のタイミングをじっくりと眺めるのも風情があって良いですね。白い蒸気と紅葉のコラボを見ようと、紅葉シーズンも観光客でにぎわいます。

4a9ce39aedf3ebdd

間欠泉(かんけつせん)

住所

栃木県日光市川俣 間欠泉


アクセス

バス:

東武鉄道鬼怒川線「鬼怒川温泉駅」から市営バス女夫渕温泉行きで1時間30分、「間欠泉」下車すぐ


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/57/ (日光市観光協会公式サイト)

いかがでしたか

たくさんの紅葉名所がある栃木県。今回は、自然の豊富な栃木県の紅葉スポットを16ヶ所紹介しました。栃木県は、日光、鬼怒川など関東でも有数の紅葉名所が揃う県。見ごろも様々なので、長く楽しめるのも魅力ですね。紅葉シーズンのドライブや、旅行にあなたもぜひ訪れてみてください!