全国有数の漁港である『銚子港』を擁し、近代日本を港町として支えてきた銚子市。そんな海の町には、文豪にも愛されてきた景勝地がたくさんあります。水平線の広がる絶景や、漁港の活気をじかに感じられるスポットなど、いろいろな側面から海と港を楽しめる観光名所をご紹介いたします。

この記事の目次

犬吠埼

泊りでもゆったり楽しめる風光明媚な名所


風光明媚な景勝地として、長年親しまれてきたエリアです。国木田独歩や高浜虚子をはじめとする日本の文豪・歌人にゆかりのある土地としても知られ、海岸沿いを中心に設置された文学碑巡りも人気となっています。


太平洋に向けて突出している地形のため、展望台からは海の水平線をパノラマで見渡す景色が楽しめます。また、関東平野の最東端という位置でもあり、富士山頂や離島を除いて日本で最も早く初日の出を拝める場所として、毎年大晦日から元旦にかけてテレビ中継がされている場所です。


また、このエリアで特に有名なのが『犬吠埼灯台』です。1874年に建てられ、日本に5つしかない大きさの第1等レンズを使用しているとともに、日本では2番目に高いレンガ造りの建物でもあります。このほか、『日本の渚百選』に選ばれた『君ヶ浜』や、近海の魚から熱帯魚・イルカ・アシカまでいる水族館の『犬吠埼マリンパーク』、温泉にホテルなども犬吠埼近辺にそろっており、ゆったり数日間にわたって滞在しても十分に楽しめる観光地となっています。

F778628622a2a73f

犬吠埼


住所

千葉県銚子市犬吠埼


営業時間

(犬吠埼灯台)

①営業時間

8:30~16:00

②定休日

年中無休


利用料金

(犬吠埼灯台)

・大人200円

・小学生以下無料


アクセス

電車:

銚子電鉄「犬吠駅」から徒歩で約10分


車:

東関東自動車道「大栄IC」から約1時間


ウェブサイト

http://www.choshikanko.com/extra/toudai/

銚子電鉄

経営危機と『ぬれ煎餅』が有名な観光鉄道


全長6.4kmで10駅、片道20分という小規模な鉄道。『お化け屋敷電車』『イルミネーション電車』などのイベントも積極的に行なっており、「日本一のエンタメ鉄道を目指す」という目標を掲げた観光鉄道の一面ももっています。


前身となった路線の開業は1913年と、さかのぼれば100年以上の歴史がある鉄道です。ただし、銚子電鉄の名を全国に広めたのは、その歴史がさまざまな理由からくる経営危機の連続という点でした。現在も鉄道事業は赤字が続いており、銚子の名産品でもある醤油を使った『ぬれ煎餅』や、2018年に新名物として売り出した『(経営が)まずい棒』など食品販売が収入のほとんどを占め、鉄道の運行を支えているという状況にあります。


また終点の外川駅は、1923年の開業当時から修復を繰り返してきた木造駅舎が特徴的。他ではなかなか見られないレトロなたたずまいで、ドラマのロケ地に使われたこともあります。さらに最近ではすぐ近くの漁港からネコが集まる駅としても知られるようになり、ひそかな観光名所として人が集まっています。

銚子電鉄


住所

銚子駅(千葉県銚子市西芝町1438)~外川駅(千葉県銚子市外川町二丁目10636)


アクセス

電車:

JR総武本線「銚子駅」から乗り換え


車:

東関東自動車道「潮来IC」より約50分(銚子駅)


利用料

初乗り180円


Webサイト

http://www.choshi-dentetsu.jp/

ウオッセ21

銚子漁港に隣接する、水産物の総合施設


全国有数の水揚げ量を誇り、銚子市の代名詞ともいえるのが『銚子漁港』。「ウオッセ21」は、その第3卸売場に隣接する形で建設された水産物即売センターを中心とする観光施設です。


銚子漁港は、イワシやサバ、サンマ、マグロなど身近な魚の水揚げ量がいずれも全国上位。そんな港が目の前にあるため、鮮度バツグンの豊富な種類の鮮魚とその加工品を購入したり、魚料理を味わったりすることができます。また、マグロ解体ショーなどのイベントも開催されており、休日には親子連れのお客さんで大いににぎわいます。


さらに、『銚子ポートタワー』も隣接。4階の展望室からは太平洋の海や利根川の眺望とともに、行き交う漁船や水揚げの様子など銚子漁港の活気を手に取るように見ることができます。

E7f6b64467cbdeea

ウオッセ21


住所

千葉県銚子市川口町2-6529-34


営業時間

①営業時間

8:30~17:00

②定休日

年中無休


アクセス

電車:

銚子電鉄「笠上黒生駅」から徒歩で約22分


車:

①東関東自動車道「潮来IC」から約60分

②JR総武本線・銚子電鉄「銚子駅」より13分


駐車場

約200台(無料) ※車椅子可


Webサイト

http://www.wosse21.net/

屏風ヶ浦

迫力の景色は、人呼んで“東洋のドーバー”


「屏風ヶ浦」は銚子市から隣の旭市まで約10kmにわたり、高さ60mにもなる断崖が続く景勝地です。その壮大な景観がイギリスとフランスの間にあるドーバー海峡の『白い崖(ホワイトクリフ)』にも匹敵すると言われ、“東洋のドーバー”などと呼ばれています。海岸にそって遊歩道が設けられており、遠浅の静かな海と夕日の眺めを楽しむ人もたくさんいます。


広く地層を見渡せることから地質学的にも興味深いスポットとなっています。屛風ヶ浦に見える縞模様の断崖は、300万年前から海の中で堆積していった砂や泥で形成されており、崩落した石のなかにはたくさんの化石が含まれています。その化石から、180万年前には約1500mもの深海にあったものが長い時間をかけて隆起し、さらに波や風に侵食されて今の地形になったということがわかります。


また、7月から8月にかけては、そんな屛風ヶ浦を見渡せる位置に『銚子マリーナ海水浴場』が開設されます。水深1mほどの遠浅が続く地形のため、波も高くならず親子で海水浴を楽しみたいという人々に人気のスポット。また、無料駐車場やシャワー・トイレなどの設備も整っています。

93d5ec164f9c5d41

屏風ヶ浦


住所

銚子市名洗町~旭市上永井刑部岬


アクセス

バス:

JR総武本線「銚子駅」からバスで20分


ウェブサイト

http://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/3239/

地球の丸く見える丘展望館

視界いっぱいの海と、丸い水平線


周りからひときわ高い愛宕山の頂上に位置する展望施設。太平洋に向けて突出した犬吠埼のすぐ近くのため、屋上に上がれば視界360度のうち330度までが水平線という眺望を楽しむことができます。


その光景は、まさに「地球が丸いことを実感できる」というもの。眼下には犬吠埼灯台や漁師町として栄えてきた外川の風景が、少し先には景勝地として有名な屛風ヶ浦が、そして晴れた日には富士山まで見通すこともできます。季節によっては、流星群の観測会なども行なわれています。


なお、1階には銚子市の特産品などを扱うお土産コーナー、2階では写真展や絵画展などを行うイベントホール、3階には喫茶コーナーでもある展望ラウンジがあります。

E4c1fc10e4b2aee9

住所

千葉県銚子市天王台1421-1


営業時間

①営業時間

4月~9月 9:00~18:30

10月~3月 9:00~17:30

②定休日

年中無休


利用料金

・大人:380円

・小・中学生:200円

・65歳以上:330円


アクセス

電車:

銚子電鉄「犬吠駅」から徒歩で約15分


車:

①東関東自動車道「佐原・香取IC」より1時間25分

②JR総武本線・銚子電鉄「銚子駅」から約10分


駐車場

大型バス5台、普通車126台(無料)


Webサイト

http://www.choshikanko.com/tenbokan/

いかがでしたか?

近代日本の歴史にも触れられる「犬吠埼」や、移動にも一風変わった雰囲気を味わえる「銚子鉄道」は有名ですし、新鮮な海の幸を味わうなら「ウオッセ21」、景色を楽しむなら「屛風ヶ浦」や「地球の丸く見える丘展望館」など、隠れた観光名所がまだまだたくさんあるエリアです。今回ご紹介したスポットも参考に、銚子市への旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。