2016年4月、東京・六本木にオープンしたスヌーピーミュージアムは、9月24日に予定通りの会期を終え、多くの惜しむ声を受けながらも閉館します。
そしてこの度、六本木に代わる新たな場所として、南町田グランベリーパークに移転することを決定しました!

この記事の目次

スヌーピーミュージアムが新しく生まれ変わる!

六本木の約2倍の規模となる館内には魅力的なコンテンツが充実し、緑あふれる環境を活かしたアウトドア・プログラムを提供するなど、スヌーピーミュージアムは新しく生まれ変わります。

F7cab21daad7f5c7

スヌーピーミュージアムが開館する「パークライフ・サイト」エリアは、鶴間公園と商業施設の中間に位置し、ミュージアムの他には、「まちライブラリー」、ワークショップスペース、子どもクラブ(児童館)、カフェを備えます。

これらの施設と、隣接する公園と商業施設が互いに連携することで、まち全体を一体的に活用しながら、大人から子どもまでの幅広い世代の方が楽しめる場所になる予定です。

5afd053f6f99d850

最寄駅名は「南町田」から「南町田グランベリーパーク」に改称

2019年度中に最寄駅名を「南町田」から「南町田グランベリーパーク」に改称し、急行停車駅になります。

さらなる利便性向上を図る他、エスカレーターやホームドアの設置、南北自由通路の整備など駅施設の大型改修を実施される予定です。

C770273dd1901f21

「スヌーピーミュージアム」の概要

スヌーピーファンの聖地「チャールズ M. シュルツ美術館」(米カリフォルニア州)の世界で唯一のサテライトミュージアム(分館)。


世界中の新聞に掲載されたコミック「ピーナッツ」やスヌーピーの魅力を貴重な原画や資料で紹介し、この場所でしか手に入れることのできないオリジナルグッズを販売、隣接するアネックスにはカフェも併設します。六本木の約2倍の規模となる館内には魅力的なコンテンツが充実し、緑あふれる環境を活かした多彩なエンタテインメントやアウトドア・プログラムを提供します。

「パークライフ・サイト」の概要

「パークライフ・サイト」は、鶴間公園と商業施設の中間に位置し、2つの複合施設と広場で構成されます。スヌーピーミュージアム、ライブラリー、ワークショップスペース、子どもクラブ(児童館)、カフェを備え、多世代が活動・交流するパークライフ拠点の創出に取り組みます。公園と商業施設を繋ぎ、まち全体での回遊や憩いを促し、訪れる人の心と身体が健康になる、新たな「パークライフ」の体現を目指します。

本計画では、「パークライフ・サイト」を中心に、まち全体を一体的に活用したイベントやワークショップを展開し、繰り返し訪れたくなるにぎわいを創出していきます。