京都は言わずと知れた紅葉スポット。観光客にはあまり知られていない穴場スポットから定番の名所もご紹介します!

この記事の目次

高桐院(北区)

石畳の参道に散るもみじが美しい


京都市北区紫野にある「高桐院」は、大本山大徳寺の塔頭のひとつでもあり、臨済宗大徳寺派の寺院です。江戸時代初期の武将で、茶人としても有名な細川忠興(三斎)が創建しました。 高桐院は、地面を埋め尽くす散り紅葉が有名となっています。11月中旬から12月上旬にかけて見頃を迎え、見頃を過ぎた後も散りもみじを楽しむことができます。石畳の参道の両側にはカエデの木が並び、散った紅葉が赤いじゅうたんのような美しい景観をつくりだします。また、庭園を眺めながらゆったりとお抹茶をいただくこともできますよ!

1aa016873f3ae57f

源光庵(北区)

思わず写真を撮りたくなる!2つの窓から眺める絶景


光悦寺にもほど近い源光庵は、庭にある見事なカエデで有名な紅葉の名所となっています。

本堂には丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」があり、丸い窓は何事にもとらわれないおおらかな気持ちを「禅と円通」の心で表し、四角い窓は、生きることや病・死ぬことなど日々の様々な苦しみの「人間の生涯」という仏意を表しています。

どちらの窓からも、秋の絶景を眺めることができるため、この窓からの景色を求めに紅葉シーズンは多くの人で混雑します。例年11月中旬ごろに紅葉の見頃を迎えます。

705fdf22ecc620db

東福寺(東山区)

一度は訪れたい!渓谷を覆う赤い雲海が絶景


京都市・東山区にある「東福寺」は、月輪山麓にある臨済宗東福寺派の大本山です。本堂と普門院、開山堂を結ぶ通天橋には、通天紅葉と呼ばれる、葉が3つに分かれて黄金色になるカエデが見られ、約2000本の紅葉が境内を鮮やかに染め上げる紅葉の名所として知られています。紅葉は、例年11月下旬から12月上旬に見頃を迎えます。通天橋から見下ろす、一面紅葉で埋め尽くされた渓谷美は必見です!

瑠璃光院(左京区)

紅葉シーズンだけの幻の絶景に息を呑む


京都市左京区上高野の「瑠璃光院」。毎年新緑と紅葉の時期の年2回だけ特別公開されており、紅葉期には、大変多くの人が訪れる人気スポットです。特に、「瑠璃の庭」数奇屋造りの書院の2階から眺めるもみじの紅葉は息を呑む美しさ!廊下の板張りや写経用の机に映り込む紅葉が幻想的な空間を作り出しています。窓の外に映る、黄色、オレンジ、緑の葉が混ざりあう自然美を思う存分味わうことができます。例年見頃は11月中旬から下旬となっています。

B78b5ad9b8d8356c

善峯寺(西京区)

山寺ならではのダイナミックな紅葉が魅力


京都市にある京都西山の中腹に位置する「善峯寺」。善峯寺は、天台宗の単立寺院であり、「京都・西山三山」の1つでもあり、春は桜、初夏は紫陽花、秋は紅葉、冬は山茶花の名所としても知られています。秋にはオオモミジ、ノムラモミジ、イロハモミジなどが11月上旬から色づき、11月中旬から12月上旬に見頃を迎えます。日本一の長さを誇り、天然記念物に指定されている樹齢600年の「遊龍の松」の緑と紅葉の絶妙なコントラストが見どころとなっています。広大な境内と山全体が鮮やかに色づき、山寺ならではの壮大な紅葉の風景を楽しむことができますよ!

A0eafd1da45901b6

三千院(左京区)

苔に映える真っ赤な紅葉が美しい


大原の中でも、特に紅葉の美しい場所として知られているのが「三千院」。苔が美しい池泉回遊式庭園。背に小野山を負い、呂川(りょせん)と律川(りつせん)に挟まれた静寂の地にたたずんでいます。境内には、客殿や宸殿が建ち、有清園・聚碧園と呼ばれる京都有数の二つの美庭でした。両園とも紅葉の最盛期で、青々とした木立や苔と紅葉とが絶妙の調和を見せます。特に苔庭と紅葉の美しさは思わず息を呑むほどの美しさとなっています。例年紅葉の見頃は11月中旬から12月上旬となっています。

C2209838db27a6de

永観堂 禅林寺(左京区)

古今集でも詠われた美しい紅葉を鑑賞できる


東山のふもとに建つ永観堂(正式名称は禅林寺)は、古来より古今集に「もみじの永観堂」と詠まれるほど、数ある京都の紅葉スポットのなかでも屈指の紅葉の名所となっています。垣のようにはりめぐらした岩に紅葉が映える様から、「岩垣もみじ」と呼ばれています。例年11月中旬から下旬にかけてイロハモミジを中心とした約3000本が見頃を迎えます。秋の特別拝観では境内中がライトアップされ、境内中央にある放生池をはじめ、昼とは異なる幽玄な雰囲気の紅葉を楽しむことができます。山の中腹にあり境内の最も高い場所にある多宝塔を、真っ赤に燃え上がった紅葉が包み込む様子は幻想的!

D49b5fd24949b074

二瀬川渓流(福知山市)

吊り橋から見下ろす自然美が絶景


大江山の奇岩と清流が織りなす自然豊かな「二瀬川渓流」。一帯には鬼の足跡、鬼飛岩など「大江山酒呑童子」伝説にまつわる旧跡が点在しています。特に11月上旬から11月下旬にかけての紅葉のシーズンは渓谷が鮮やかに色づきます。渓谷に架けられた吊り橋「新童子橋」から見下ろす渓谷は絶景!渓流を巡る散策路があるので、紅葉を鑑賞しながら散策するのもおすすめです!

高雄(右京区)

渓流沿いの隠れ里で真っ赤な紅葉に包まれる


高雄・槇尾・栂尾は三尾といわれ、いずれも京都市北西部の紅葉の名所として知られています。清滝川に沿って、高雄から清滝の間には約1.3kmに及ぶ渓谷錦雲渓が続き、清滝から下流の保津川合流地点までは金鈴渓(約2km)が広がっています。清らかな水に映える紅葉はまさに錦の帯な光景!また北山杉の美しい林を背景に、燃えるような深紅の紅葉が続く山里の風景も格別となっています。また、錦雲渓に沿って東海自然歩道も整備されているので、渓谷の紅葉を鑑賞しながらハイキングするのもおすすめです!

6f24941bb632f158

醍醐寺(伏見区)

落葉広葉樹がつくりだす圧巻の景観


京都市にある「醍醐寺」は、醍醐山の山麓から山頂にかけて広大な敷地内に金堂、五重塔、薬師堂などが立ち並ぶ京都市内最大の寺院で、真言宗醍醐派の総本山です。国宝、重要文化財を含む10万点以上の文化財を所蔵し、世界文化遺産にも登録されています。春の桜で有名な醍醐寺にはモミジ、ドウダンツツジ、イチョウなども多く紅葉スポットとしても人気です。11月中旬から色づきが始まり、11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。特に弁天道付近の紅葉が人気で、鮮やかな紅葉が圧巻の美しさで境内を彩ります。見頃の時期にはライトアップ拝観も行われており、昼とは違った幻想的な景観をみることができますよ!

2a0c175acbe85df2

北野天満宮(上京区)

真っ赤に染まる300本の紅葉が絶景!夜のライトアップも!


京都市左京区にある北野天満宮は、天神信仰発祥の地であり、日本中に約12,000社もあるといわれる全国天満宮・天神社の総本社です。梅とともにモミジが有名で、境内西側のもみじ苑には史跡「御土居」があり、モミジが約300本、中には樹齢350年から400年のものも現存しており、11月下旬から12月上旬にかけて例年見頃を迎えます。もみじ苑北側には鶯橋があり、その下を流れる清流紙屋川の水面に映える紅葉は幻想的で思わずうっとりしてしまうこと間違いなし!また、11月中旬から12月上旬にはライトアップが実施され、昼間とは違った風景を楽しむことができます。

8e4ccfd60b3d017b

清水寺(東山区)

王道の紅葉スポット!秋の夜空に浮かびあがる紅葉が美しい


京都観光の中でも人気のスポットの「清水の舞台」で知られる東山区の「清水寺」。清水の舞台や三重塔、放生池の周辺に約1000本ものヤマモミジがあり、11月下旬から12月上旬にかけて見頃を迎えます。現在清水寺の本堂は改修工事中なので、本堂全体がシートで覆われた状態になってはいますが、真っ赤に染まった紅葉を変わらず楽しむことができます。夜にはライトアップが行われ、 光に照らされた紅葉と建造物の織りなす絶景を楽しむことができますよ!

0524efa3c6d09c94

光悦寺(北区)

竹垣に映える真っ赤な紅葉が見どころ


京都・北区にある「光悦寺」は、江戸時代初期の文化人・本阿弥光悦が築いた芸術村跡に建つ寺院で、京都の紅葉の名所としても高い人気を誇ります。特に光悦寺の参道は頭上でモミジが重なり合うため、紅葉のトンネルをくぐるような経験を楽しめます。また、光悦寺独特の竹垣と紅葉の調和も風情があります。紅葉は、例年11月中旬から12月上旬に見頃を迎えます。

常寂光寺(右京区)

市内を一望できる絶景紅葉スポット


京都市・嵯峨野の、古くから紅葉で有名な小倉山の中腹にある「常寂光寺」。カエデ、イロハモミジ、オオモミジ、イチョウなどが11月中旬から色づき始め、11月中旬から11月下旬にかけて見頃を迎えます。 重要文化財の、高さ12mの多宝塔周辺の紅葉は特に絶景で、嵐山・嵯峨野など市内を一望することができます。また、苔が美しいことでも有名なので、散った紅葉と青々とした苔の絶妙なコントラストも必見です!

737881c40c9e61ba

二尊院(右京区)

参道を染め上げる紅葉のトンネルを見よう


京都でも有数の人気を誇る観光地、嵐山・嵯峨野エリアの小倉山のふもとにある「二尊院」。京都でも有数の紅葉の名所として知られ、2012年の「そうだ、京都に行こう。」のポスターにも採用されています。二尊院の紅葉の見頃は、例年11月中旬から11月下旬にかけてとなっています。最大の見どころは、総門から続く約100mの参道!「紅葉の馬場」と呼ばれており、両側で真っ赤に色づいた紅葉がトンネルを作ります。また、背景の小倉山の紅葉と参道沿いのカエデ、2つの紅葉を楽しむことができるのも魅力です。

5c19f056a7cb2c98

下鴨神社(左京区)

晩秋の京都を彩る美しい紅葉


ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録されている、京都府京都市の「下鴨神社」。下鴨神社の境内に広がる「糺の森」は、原生林の自生する太古の森で、広大な敷地に約40種類、樹齢200年以上の樹木が約600本、直径10cm以上の樹木は約4,700本も群生しています。下鴨神社の紅葉は、京都市内の他の紅葉スポットと比べると、見頃が12月上旬から12月中旬と比較的遅く、紅葉を楽しむ観光客で賑わいます。河合神社付近の潮見の小川にかかる「紅葉橋」付近の紅葉は特に見どころです!

06a27d7f0fce7b8f

西明寺(右京区)

橋の赤い欄干と真っ赤な紅葉が織りなす絶景


京都市街地から離れた山中、紅葉の名所として知られる栂尾山にある「西明寺」。春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季を通じて豊かな自然の風景を楽しむことができます。清滝川にかかる指月橋の赤い欄干と、真っ赤に色づいた紅葉が風趣漂う雰囲気をつくりだしています。また、紅葉に飾られた三門をくぐると、西明寺の境内全体が赤いカエデに包まれます。市街地よりも一足先に見頃を迎え、11月上旬から下旬にかけては多くの人で賑わいます。

6b99ed8c75626463

神護寺(右京区)

一足先に風趣あふれる紅葉を堪能できる


京都北西部の高雄山(神護寺)・槇尾山(高山寺)・栂尾山(西明寺)は三尾といわれ、京都でも一足早く紅葉を迎えるエリアとして知られています。高雄山の中腹にある神護寺は、京都でも屈指の紅葉の名所として有名です。山門への古びた石段には赤や黄のカエデがふりかかり、境内に入ると葉の合間にお堂や塔が見え隠れする風情あふれる光景を鑑賞することができます。例年見頃は11月上旬から下旬となっています・また厄除けができることで有名な「かわらけ投げ」は、ここ神護寺が発祥とされており、境内西の地蔵院から谷に飛ばすことで家内安全を祈ることができますよ!

Deb74e476bdac42d

成相寺(宮津市)

五重塔を紅葉が美しく彩る、天橋立が一望できる絶好ビュー


京都府宮津市にある1300年の歴史をもつ古刹「成相寺」。成相山の山腹に位置し、境内から日本三景のひとつ天橋立が一望できることで知られています。成相寺には、悲話を伝える撞かずの鐘、奇怪な話の底なし池、美人観音として名高い聖観世音菩薩などがあり、春はしゃくなげの名所としても親しまれています。10月下旬からカエデ、ナラ、シデなどが色づき、見頃は11月上旬から11月中旬です。見頃の時期にはライトアップも開催され、幻想的な雰囲気に包まれます。

6843f3f0d4d072ab

鍬山神社(亀岡市)

荘厳な雰囲気が漂う穴場スポット


京都府亀岡市にある「鍬山神社」は、丹波の国を造った神を祭る神社で、紅葉の名所として知られています。ヤマモミジ、ドウダンツツジ、イチョウ、カンレンボクなどが11月上旬から11月中旬にかけて見頃を迎え、見頃に合わせて紅葉のライトアップも開催されています。荘厳な雰囲気の境内で真っ赤に染まった紅葉は、その鮮やかな美しさから「矢田の紅葉」と賛えられています。京都市内の紅葉スポットよりも少し早く見頃を迎えるので、市内がまだ見頃を迎えてなかった!という時に訪れてみるのも手です。紅葉シーズンは、京都市内だと混雑しているところが多いので、ゆっくりと紅葉狩りを楽しみたい方に穴場のスポットです。

D7a3ce751cf1f513

平等院の紅葉(宇治市)

平等院は、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている、平安時代に栄華を誇った藤原氏ゆかりの古寺です。

10円硬貨のデザインにも使用されて広く知られている鳳凰堂をはじめ、阿弥陀如来坐像など多くの国宝が存在しています。阿字池周辺に沿って植えられたカエデ、イチョウが鮮やかな赤に色づき、鳳凰堂とともに水面に映り込む様は訪れた人々を魅了します。


見頃の11月下旬~12月上旬の期間中には、紅葉と鳳凰堂をライトアップする夜間特別拝観も行われますので日中とはまた違った景色を楽しめますよ。

7d2ffb3a8af29369

あじろぎの道の紅葉(宇治市)

平等院の東側、宇治川沿い堤防の道はモミジの多い場所で、赤いモミジのトンネルを眺めながらの散策も良し、フォトスポットとしても人気です。

11月中旬から色づき、11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。

B4c4af3531391699

朝霧橋の紅葉

1972年に宇治川に架けられた長さ74m朱色が美しい朝霧橋。平等院と宇治神社を繋いでいます。

その朱色と相まった色彩豊かな景色が見られるのが、この紅葉の時期。11月中旬からモミジ等が色づき、11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。


また、宇治川右岸の朝霧橋のたもとにある、源氏物語「宇治十帖モニュメント」もお見逃しなく!ヒロイン浮舟(うきふね)と匂宮(におうのみや)が小舟で宇治川に漕ぎ出す有名な情景をモチーフとしています。

8146dbf0d9881cdf
C354cdc8dfef71e9

三室戸寺の紅葉(宇治市)

京都府宇治市にある「三室戸寺」。西国三十三カ所巡礼の十番札所で、あじさい寺として知られている寺院です。


隠れた紅葉の名所としても知られ、「三室戸の紅楓」として宇治十二景の一つに数えられています。

11月中旬からモミジやイチョウが色づき、11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。


特に本堂東側の三重塔を中心とし、美しい赤に染まるモミジと黄金に輝くイチョウの鮮やかな紅葉が見事です。

78ff4ea23a38308e

興聖寺の紅葉(宇治市)

京都府宇治市にある「興聖寺」。1648年に永井尚政によって宇治の地に再興された寺院で、紅葉の名所として親しまれています。

興聖寺石門から山門に至る200mほどの参道「琴坂」は、細長い坂の形と傍の谷川のせせらぎが琴の音のように響くところからこの名が付いたと言われています。


「琴坂」の両側にはモミジが植えられ、見頃の11月下旬~12月上旬にはモミジのトンネルとなります。

撮影スポットとしても人気が高く、訪れる人々を魅了します。また、前庭のツツジ、サツキも美しく、琴坂のモミジ、カエデとあわせて宇治の十二景の1つとなっています。

Cb9671b32f9c5832

宇治市源氏物語ミュージアムの紅葉(宇治市)

平安時代中期を代表する古典文学として、日本だけでなく世界的にも有名な作品である「源氏物語」。時を超えて源氏物語の世界を実体験できるのがこのミュージアムです。


施設周辺では11月中旬からモミジが色づき、11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。

2ac671e99b7ae84b

黄檗宗大本山 萬福寺の紅葉(宇治市)

JRと京阪電鉄の黄檗駅近くにある黄檗山萬福寺は、1661年に隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師により創建。そんな萬福寺は建物は中国の明時代末期頃の様式で造られ、一歩足を踏み入れると、まるで異国に来たかのような景色が広がっています。


11月中旬からモミジが色づき、11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。

C4a23219dc1ca293

天ヶ瀬ダムの紅葉(宇治市)

その形が緑の渓谷に翼を広げた鳥のような美しい姿に見えることから、鳳凰湖(ほうおうこ)と呼ばれる天ヶ瀬ダム。

上流の「天ヶ瀬吊り橋」は開放的にその景色を楽しめる絶景スポットとなっています。


11月中旬からモミジが色づき、11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。

24160dd015594354

いかがでしたか?

今回は、観光客が多く訪れる「清水寺」のような定番の名所から、あまり観光客には知られていない紅葉の穴場スポットまで、京都の紅葉スポットをご紹介しました。あなたのお気に入りの場所は見つかりましたか?今年の秋、京都の紅葉を見におでかけしてみてください!