栃木県日光市鬼怒川エリアは関東屈指の大型温泉地。鬼怒川が育む豊かな自然はもちろん、近隣には日光江戸村や東武ワールドスクウェアなどのテーマパークも多くあります。
今回は、そんな日光市 鬼怒川エリアの観光名所を7箇所ご紹介します。

この記事の目次

鬼怒川温泉

豊かな自然、渓谷に囲まれた関東屈指の温泉街

江戸時代に発見され、当時は日光詣の僧侶や大名のみが入ることを許されたという由緒正しき温泉。

明治以降に一般開放されてからは多くの観光客が訪れ、鬼怒川渓谷沿いには旅館やホテルが建ち並ぶ関東有数の大型温泉地として発展しました。

お湯は神経痛や五十肩、疲労回復や健康増進に効くというアルカリ性単純温泉で、肌にも優しい軟らかな泉質です。

夏には新緑、秋には美しい紅葉が彩をもたせます。

924d833d9863f391

大自然を一望。鬼怒川温泉山麓駅より標高差300mを3分半で昇るロープウェーです。

山頂には温泉神社や猿園があり、猿にエサ(100円)をあげることができますよ。

4987ff1b5da7a06e

鬼怒川温泉

お問い合わせ

0288-22-1525


アクセス

バス: 

東武鉄道鬼怒川線「鬼怒川温泉駅」からバスで約5分


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/51/

EDO WONDERLAND日光江戸村

EDO WONDERLAND日光江戸村は、江戸時代の文化を肌で体感できるカルチュラルパークです。広大な敷地には、街道、宿場、商家街、忍者の里、武家屋敷など実物さながらの町並みが再現されています。江戸人たちとのふれあいや体験イベントを通して、活きた江戸の息吹に触れることができるほか、お客様ご自身もお着替えをして江戸人になりきることもできます。

お芝居が見られる7つの劇場、歴史や文化を学ぶことができる展示館、そして、ここでしか味わえないお食事など、まさに百花繚乱の「EDO」があなたの旅の思い出を彩ります。

B96fd762f6fea8ab

EDO WONDERLAND日光江戸村

お問い合わせ

0288-77-1777

営業時間

①3月20日~11月30日 9:00~17:00(最終入村は閉村1時間前) 

②12月1日~3月19日 9:30~16:00(最終入村は閉村1時間前) 

③定休日 水曜(春休み・夏休み・祝日・年末年始は除く)


利用料金

・子供 2,400円 

・大人 4,700円


アクセス

バス: 

東武鉄道鬼怒川線「鬼怒川温泉駅」からバスで約15分 

車: 

日光宇都宮道路「今市IC」から約20分


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/45/

龍王峡(りゅうおうきょう)

荘厳な雰囲気と清涼感を感じられるパワースポット的存在

今から2200万年前に海底火山の活動によって噴出した火山岩が鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような景観になったと言われています。その名の通り、まるで龍がのたうつような姿を思わせる圧巻の景色は、川治温泉と鬼怒川温泉の間およそ3kmに及びます。昭和25年に「龍王峡」と名付けられたこの渓谷は、鬼怒川・川治随一の景勝地として有名で、紅葉が鮮やかな10月下旬から11月上旬には特に多くの観光客が訪れます。川治温泉からは起伏の少ない遊歩道が整備されており、約7km(3~4時間程度)の行程で歩くことができるので、のんびりとハイキングを楽しむにはもってこいのコースです。

F83e6b9ae66a5d0b

龍王峡(りゅうおうきょう)

住所

日光市藤原1357


お問い合わせ

0288-76-4111


アクセス

バス: 

野岩鉄道会津鬼怒川線「龍王峡駅」からバスで約5分


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/42/

とりっくあーとぴあ日光

見るだけではなく実際に触れて遊べる美術館!  

                 

目の錯覚を利用した通常ではあまり体験することがない、立体的に絵を楽しむ感覚を楽しむことができるのが「とりっくあーとぴあ日光」です。飾られている作品は世界の名画や彫刻などさまざまなものがあり、額縁ごと飛び出してくるかのような立体感を楽しむことができます。その凄さは実際には絵だと分かっていても、本当にそうなのかと疑い触りたくなる程です。

観て、触れて、写真を撮って楽しめる体験型ミュージアム、とりっくあーとぴあ日光で新しい芸術の形に触れてみませんか?

2e2bc8320da7af74
49f94d5a10357aec

とりっくあーとぴあ日光

住所

栃木県日光市小佐越1-4

お問い合わせ

0288-77-3565


営業時間

① 営業時間

9:30~17:00

(7月中旬~8/31は9:00~17:30)


② 定休日

臨時休業有り

利用料金

大人1,900円

小人(3才~小学生)1,100円


アクセス

電車:

東武鉄道鬼怒川線「鬼怒川温泉駅」からバスで約20分


車:

「今市IC」より国道121号線約20分


駐車場

有り

100台(無料)


ウェブサイト

http://trickart-pia.com/

鬼怒楯岩大吊橋(きぬたていわおおつりばし)

鬼怒川温泉街と楯岩を結ぶ大パノラマの絶景

栃木県日光市の鬼怒楯岩大吊橋。鬼怒川温泉街と楯岩を結ぶ全長約140m、高さ約40mの歩道専用吊橋。吊橋からは鬼怒川の清流と温泉街、遠くに鶏頂山をはじめとする高原山系の美しい山並みを眺めることができます。また男性的な鬼怒川と女性的な楯岩を結んでいることから「縁結びの橋」とも呼ばれています。

日頃とは違う場所から見る紅葉には、また異なる美しさを発見できそうですね。

40e4a8a10e954b98

鬼怒楯岩大吊橋(きぬたていわおおつりばし)

住所

日光市鬼怒川温泉大原1436


お問い合わせ

0288-22-1525

アクセス

電車:

東武鉄道鬼怒川線「鬼怒川温泉駅」から徒歩で約15分


駐車場

有り


ウェブサイト

http://www.nikko-kankou.org/spot/41/

東武ワールドスクウェア

世界の有名スポットをミニチュア体験!                          

「世界の遺跡と建築文化を守ろう」というテーマのもと、スフィンクスや万里の長城、パルテノン神殿といった遺跡、サグラダファミリアやホワイトハウスなどの建築物を25分の1の縮尺で精巧に再現し展示しているテーマパーク。その展示数は100を超えます。人間も25分の1サイズになっており、その目線の高さから建物を見上げると本物そっくり! 建物を飾る彫刻やレリーフ、ステンドグラスはまさに職人技です。また、建築物を彩るように咲き誇る2万本以上の植物は、四季により表情を変え、見る者を楽しませてくれます。

Dafae59123995e3c

東武ワールドスクウェア

住所

日光市鬼怒川温泉大原209-1

お問い合わせ

0288-77-1055

営業時間

①3/20 ~ 11/30 9:00~17:00 

②12/1 ~ 3/19 9:30~16:00 

※入園は閉園の30分前まで 

③イルミネーション期間(11月上旬〜3月下旬) 

・平日 16:30~19:30 

・土日祝日・年末年始 16:30〜20:30 

④休業 無休


利用料金

①当日券 

・大人 2,800円 

・子供 1,400円 

②前売券 

・大人 2,500円 

・子供 1,200円 

③イルミネーション営業時間料金 

・大人1,500円 

・子供1,000円

アクセス

バス: 

東武鉄道鬼怒川線「鬼怒川温泉駅」からバスで約5分

駐車場

あり

ウェブサイト

http://www.tobuws.co.jp/

鬼怒川ライン下り

鬼怒川が育んだ大自然の迫力

大自然の迫力を船上から楽しむ、鬼怒川の名物『鬼怒川ライン下り』。船頭の操る乗合船で豊かな渓谷や数々の奇岩の織り成す迫力ある風景をたっぷり味わいながら南下します。

春は八汐つつじ、夏には新緑、秋には美しい紅葉に包まれ四季折々の絶景を楽しめます。

Af9ca66ead0a2842
E00efe4a8319e525

鬼怒川ライン下り

住所

栃木県日光市鬼怒川温泉大原1393-8


お問い合わせ

0288-77-0531


営業時間

4月中旬~11月下旬(期間中は無休)

9:00~15:45(1日12便)


利用料金

大人(中学生以上) 2,700円

子供(4才から小学生まで) 1,200円


アクセス

電車:

東武鉄道鬼怒川線「鬼怒川温泉駅」から徒歩で約4分


車:

日光宇都宮道路「今市IC」から約20分


駐車場

有り(120台)


ウェブサイト

http://linekudari.com/

いかがでしたか?

今回は栃木県日光市 鬼怒川エリアの観光名所を7箇所ご紹介しました。

関東屈指の大型温泉地。鬼怒川が育む豊かな自然の中で季節を感じながらゆったり散策を楽しんでみませんか?