「福島県国見市」は、「奥州合戦」における最大の激戦場として知られています。平安時代、奥州藤原氏と源頼朝が大激突したのが、現在の国見町にある阿津賀志(あつかし)山です。また、当時から時を経て咲かせた奥州藤原氏ゆかりのハスの花や、復興のシンボルともなっている道の駅など、見どころがたくさん。
今回は、そんな福島県国見町のおすすめ観光名所をピックアップして5箇所ご紹介いたします!

この記事の目次

中尊寺ハス

平安時代の香りを伝える大輪のハス


岩手県平泉町にある中尊寺。最後の奥州藤原氏、四代目泰衡(やすひら)の首級が納められていた首桶からハスの種子が発見され、800年もの長い間の眠りから目を覚まして平成の世に一輪の花を咲かせたことがはじまりでした。


平成21年4月、平泉町とゆかりがある街としてハスの株が分けられ、福島県国見町の町民の方々が丁寧に栽培を行ってきました。東日本大震災以降は水田に移植を行いましたが、毎年美しい花を咲かせ続けています。


ハスは、淡い紅色をした大輪の花を咲かせるのが特徴です。その大きさに、初めて見ると驚く方も多くいます。見ごろを迎える7月~8月にかけて、たくさんの観光客が足を運び、ハスの花に魅了されています。

65ac2b825e00742e

中尊寺ハス


住所

国見町大字西大枝字原前地内


アクセス

車:

JR「藤田駅」から約10分


駐車場

なし


ウェブサイト

http://www.town.kunimi.fukushima.jp/site/kanko/1992.html

阿津賀志山防塁

日本三大防塁を歩いて散策できる!


1189年の奥州合戦における最大の激戦場として知られているのが「阿津賀志山防塁」です。奥州藤原氏が、源頼朝が率いる鎌倉軍を迎え撃つために築いたとされる防塁(ぼうるい、防御用の砦のこと)の跡で、厚樫山の中腹から滝川までの3.2kmにわたり存在しています。


日本の三大防塁の一つとされており、1981年には国指定の史跡にもなっているため、福島県国見町でも有名な観光スポットです。凹凸が2重3重になっていることから、騎馬隊の侵入を防ぐ役目をもっていたと言われています。防塁はきちんと整備されており、説明看板も設置されているため、わかりやすく歴史をたどることができます。


防塁跡は山の中から国道まで続いていますので、奥州合戦の当時に思いを馳せながら、散策をしてみてはいかがでしょうか。

阿津賀志山防塁


住所

福島県伊達郡国見町大木戸,石母田,森山地区、西大枝地区


アクセス

車:

JR「藤田駅」から約20分


駐車場

なし


ウェブサイト

http://www.town.kunimi.fukushima.jp/site/kanko/1991.html

あつかし歴史館

国見町の歴史や防塁について学ぼう!


「あつかし歴史館」は、平成24年に並行となった大木戸小学校を改修して造られました。福島県国見町の歴史や文化を継承していくことを目的としています。


発掘調査で出土した埋蔵品や、歴史・文化遺産の展示を中心としています。阿津賀志防塁が築かれた理由なども読み取れる展示や、福島大学の学生が研究した資料なども見ることができますよ。


館内展示物のガイダンスもありますので、国見町の歴史をわかりやすく学ぶことができます。建物には、福島県国見町の貝田地区から切り出された木材がふんだんに使われており、木のぬくもりが優しい空間になっています。


雨の日でも安心して見学することができますので、観光プランの一つに加えてみてはいかがでしょうか。

あつかし歴史館


住所

福島県伊達郡国見町大字大木戸字霞原3番地


営業時間

①営業時間

9:00~16:30

②定休日

・毎週月曜日(ただし月曜日が祝日・休日の場合は開館し、翌平日に休館)

・年末年始


利用料金

無料


アクセス

東北自動車道「国見IC」から約20分


駐車場

あり


ウェブサイト

http://www.town.kunimi.fukushima.jp/site/kanko/2582.html

阿津賀志山展望台

信達平野の絶景を堪能できる!


美しい眺めを堪能できる人気スポットが、「阿津賀志山展望台」です。国見町のシンボルにもなっている「あつかし山」は標高289.4mのそう高くはない山ですが、展望台に上れば信達平野を見渡すことができます。360度のとても美しいパノラマ風景が見られる、穴場スポットともいえる場所です。


あつかし山には豊かな自然もありますので、のんびりと散策しながら登るも良し、ドライブの休憩ポイントとしても活用するも良し。展望台近くにはあづまやなども整備されているので、ゆっくりひと息つけますよ。


毎年12月23日~元旦にかけて、あつかし山をクリスマスツリーのように飾るイベントも行われています。福島県国見町の絶景を眺めに、一度は足を運んでおきたいスポットです。

526eb3a1b77ac294

阿津賀志山展望台


住所

福島県伊達郡国見町大木戸


アクセス

車:

JR「藤田駅」から約20分


駐車場

あり(無料)


ウェブサイト

http://www.town.kunimi.fukushima.jp/site/kanko/2872.html

道の駅国見 あつかしの郷

泊まれる道の駅!ウェディングも可能!


2017年5月にオープンした、福島県初の宿泊型道の駅が「道の駅国見 あつかしの郷」です。復興のシンボルとして、訪れる全ての方がしあわせになれるような施設を目指して造られました。国見の桃畑でウェディングを挙げられるとあって、全国でも珍しい施設です。

A0d18a6b428d4d1a

国見市の特産品を扱っている「くにみ市場」では、新鮮な野菜や果物はもちろん、福島県のお土産品まで購入することができます。24時間営業のコンビニもありますので、夜間移動の休憩ポイントとしても活用されています。また、1日4組限定という高級感がある宿泊施設もあるのも魅力。


施設内にある「こども木育広場つながる~む」では、温かみを感じる木のおもちゃがたくさんそろえられているため、お子様連れでも安心して行くことができますよ。

Fe5998500e794b83

道の駅国見 あつかしの郷


住所

福島県伊達郡国見町大字藤田字日渡二18-1


お問い合わせ

024-585-2132


営業時間

①営業時間

9:00~17:30(店舗により異なる)

②定休日

店舗により異なる


アクセス

電車:

JR「藤田駅」から徒歩で約15分


車:

東北自動車道「国見IC」から約15分


駐車場

あり


ウェブサイト

http://www.michinoeki923.com/

いかがでしたか?

今回は、福島県国見町の観光名所を5箇所ご紹介しました。

福島県国見町には、平安の歴史に触れることができる観光スポット以外にも、絶景を楽しめる展望台や、ウェディングまで挙げられる珍しい道の駅など、楽しめるスポットがたくさんあります。

たくさんの思い出を増やしに、足を運んでみてはいかがでしょうか。