#公園の記事一覧

全て駅から徒歩10分以内! フォトジェニックから教養系まで揃う「両国」の楽しみ方

東京都墨田区にある両国駅。国技館や江戸東京博物館など、日本らしさを味わえるスポットが多く、毎日、国内外からたくさんの人が訪れています。そんな両国には、フォトジェニックなスポットや、楽しく芸術に触れられる施設があります。短時間でも楽しめる、両国駅周辺の素敵なスポットをご紹介します。

「明大前駅発、学生街&商店街&公園の散歩道」路地を抜けてよりみち散歩!

明大前駅は、京王線と井の頭線が交わるため、当駅下車や乗換えをする通勤・通学の人で大変混雑します。駅名にもなっている明治大学の学生さんはもちろんのこと、周辺には高校なども多く、制服の学生さんをよく見かけます。乗換え利用以外では駅を降りたことがない人も、途中下車してランドマークの明治大学ほか、この街の見どころを訪ねましょう。

「ヒビヤガーデン2018」今年は日本初上陸・イベント初上陸などレア度満載のビールが飲める!

東京のど真ん中日比谷公園に「日本最大級」「日本最速」のビアガーデンが出現!!
外ビールが、気持ちイイ!をテーマに、「上質なビール」「特別な空間」「プレミアムなパフォーマンス」を会場内で体験!既存のフードイベントでは味わえない、ヒビヤガーデンならではのイベントを提供します。
春の風薫る新緑の季節にヒビヤガーデンで素敵な乾杯!素敵な時間をお過ごし下さい。

「水天宮前駅発、赤ちゃんまみれの散歩道」水天宮~人形町~浜町をいいとこ取りで歩く。

東京メトロ半蔵門線の水天宮前駅は、その名の通り安産祈願で有名な「水天宮」の最寄り駅です。リムジンバスで行く成田や羽田への空の玄関口「T-CAT(ティーキャット)」へも直結しています。江戸の昔から賑わう人形町や、隅田川に面した浜町も近く、見どころたっぷりのよりみち散歩ができます。

「茗荷谷駅発、お茶大・拓大の学生街散歩」池袋から2駅、文化的で落ち着く街はファミリーにも!

東京メトロ丸ノ内線で、大ターミナル・池袋駅から2駅、東京駅からも10分前後という交通至便なのにちょっとマイナー!? でも、今回の目的地・茗荷谷駅は丸ノ内線以外に乗り入れがないので、すてきな場所もあまり混まず散歩の穴場です。みんながこの街の魅力に気づく前に、ターミナル駅とは違った魅力いっぱいの茗荷谷駅の癒やしスポットを求めてお散歩しましょう。

「清澄白河駅発、コーヒー&公園、庭園散歩」大名庭園も焙煎工場もある下町を巡る。

東京都現代美術館のオープンをきっかけにギャラリーが増え、アートの街となった清澄白河。第三のコーヒーブーム“サードウェーブ”を先駆けるコーヒーショップも誕生し、あちこちでカフェやショップを見かけるようになりました。
とはいえ、下町の親しみやすい街並みや、緑が気持ちいい公園や庭園も健在。この街の楽しさはあなた次第です!

「赤坂見附駅発、江戸城外堀跡・歴史散歩」自然あふれる歴史スポットを行く。

赤坂見附駅は東京メトロ銀座線と丸ノ内線が停まり、さらには永田町駅にも接続しています。この2駅は同一駅扱いなので全部で5路線が乗り入れていることになります。
地上の赤坂見附交差点も五差路の上に立体交差が絡み合う複雑さです。かつて江戸城赤坂御門があったこの場所は、江戸の昔から交通の要所だったのでしょう。

“女子ラーメン”旋風が日本へ拡大中!最強ラインナップが集結!「ラーメン女子博 2018」が開催決定!

ラーメン女子博実行委員会は、4月26日から5月6日までの10日間、とことん女性に特化した女性のためのラーメンイベント『ラーメン女子博 2018-Ramen girls Festival-』の開催を発表!日本全国から選ばれた18店舗のラーメン店が出店します。

「早稲田駅発、大人が憩う散歩道」学生気分で魅力発見、明治の文豪に思いを馳せよう!

早稲田駅は、私大の雄、早稲田大学のおひざもと。キャンパスは開放的で、誰でも出入りすることができます。また、周辺には学生街が形成され、安くてボリューム満点の飲食店がたくさんあります。趣のある古書店街も健在です。
東京メトロ東西線の早稲田駅からは、都内唯一の路面電車、都電荒川線(東京さくらトラム)の終点駅「早稲田停留場」も近いので都電の旅の起点にもいいですよ。

「東京ミッドタウン日比谷」ついにオープン!!新たなお出かけスポットが3月29日に誕生!!

三井不動産が千代田区有楽町一丁目エリアに「新日比谷プロジェクト(仮称)」と題し、進行していた新プロジェクト。2018年3月ついに、新商業施設「東京ミッドタウン日比谷」が誕生します。

Banner

ランキング

ピックアップ