#展示の記事一覧

現代美術やマンガへの影響まで検証 オディロン・ルドンの展覧会

ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)は、2018年7月22日(日)~12月2日(日)に、オディロン・ルドン(1840-1916)の展覧会「ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ」を開催します。

国立博物館で縄文時代の「美」を体感する特別展「縄文」開催

2018年7月3日(火)~9月2日(日)、東京国立博物館の平成館で特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」が開催されます。本展は「縄文の美」をテーマに、時期や地域を超えた優品が集結し、1万年にわたる壮大な美のうねりを体感することができます。

毎年約6万人が来場!「デザインフェスタ」が東京ビッグサイトで

例年約6万人が来場する、アジア最大級のクリエーターの祭典「デザインフェスタ」が、東京ビッグサイトで今年も2018年5月12日(土)、13日(日)の2日間にわたり開催されます。

「minne」史上最大規模のハンドメイドマーケットが東京ビッグサイトに!

21万点以上のハンドメイド作品が大集結する3日間!2018年4月27日(金)〜29日(日・祝)の期間で、「minne」史上最大規模の販売イベント「minneのハンドメイドマーケット2018」が東京ビッグサイトで開催されます。

会場では、3日間で合計3,000ブース以上が出展され、 21万点以上の作品が大集結。
また、女優でモデルの高橋 愛さんや14歳の似顔絵作家・モンドくんなどのゲストが登壇するイベントも予定されており、ハンドメイドマーケットがいっそう盛り上がります。

日本最大級の花の祭典!「フラワードリーム2018 in 東京ビッグサイト」開催

一般社団法人 JFTDは、2018年4月14日(土)~4月15日(日)の2日間、東京国際展示場で、花の持つ魅力や花文化の醸成をテーマに、日本最大級の花の祭典「フラワードリーム2018 in東京ビッグサイト」を開催します。

【麻布十番・六本木】麻布十番駅から六本木までブラ歩き!途中で立ち寄りたいスポット6つ!!

麻布十番といえば「麻布十番商店街」が思い浮かぶ人も多いと思いますが、今回は麻布十番駅から、六本木までぶらり散歩をします。その途中にある、よりみちにおススメの施設やお店をご紹介!最近運動不足だなぁと感じている方にもピッタリなウォーキングコースですよー!

有名お花見スポットで桜と共にアートを楽しむ!中目黒アート花見会「Sakura Pink」展

MDP GALLERYで、「中目黒桜まつり」期間に併せて実力派アーティストが桜の美や桜色「Pink」をテーマとし造り上げる中目黒アート花見会「Sakura Pink」展が、2018年3月23日(金)から開催します。

アートな花見体験で春を楽しむ!「日本橋 桜フェスティバル〜新たに出会う、日本橋、八重洲、京橋〜」開催!

日本橋地域において2018年3月16日(金)から4月15日(日)の期間、一足早くアートなお花見を楽しめるイベント「日本橋 桜フェスティバル〜新たに出会う、日本橋、八重洲、京橋〜」が開催します。
日本橋には江戸桜通りや浜町緑道など古くから桜の名所が多く存在し、桜を愛でる文化が根付いています。5回目の開催となる今年は「アーティスティックに楽しむ、春。」をテーマとし、江戸の芸術文化である切り絵をモチーフにしたアートな花見体験や、桜をテーマにしたフォトジェニックなグルメ食べ歩き、音楽祭や絵画展といった連携アートイベントなどが実施されます。

好評につき期間延長決定!ナマケモノの展示も開始!「ざんねんないきもの展」 サンシャイン水族館

サンシャイン水族館では現在開催中の特別展「サンシャイン水族館×高橋書店『ざんねんないきもの事典』シリーズ ざんねんないきもの展」の会期を、好評につき5月6日(日)まで延長することが決定しました。
更に、3月20日(火)から新たな“ざんねんないきもの”として自分の体毛に生えたコケをおやつにする「ナマケモノ」の展示を開始します。

【築地駅発、場外市場散歩】市場が移転しても築地は永遠におもしろい!

築地市場の移転が正式に決定しましたが、移るのは場内だけで場外の市場はそのまま残ります。狭い通りの両わきに魚介類、野菜、乾物など、ありとあらゆる食材を売る店がぎっしりと軒を連ねる場外市場。雑多で賑やかな市場は、訪日外国人にも人気です。
築地の歴史を伝える神社仏閣もあわせて巡り、国内外から人がやってくる街の魅力にぐぐっと迫りましょう。