#相撲部屋の記事一覧

「相撲に人生を捧げた若者に夢を」親方・九重龍二の責任と決意

国技「相撲」の聖地である両国駅から徒歩15分ほど、住宅街の中にある「九重部屋」に伺ったのは、去年の年末のこと。

「そういえば来てくれるのは今日だったね」と言いながら、稽古中に温かく迎えてくれたのは、九重部屋の親方である元大関「千代大海」九重龍二さん。

1992年11月場所で初土俵を迎え、生涯戦歴は771勝528敗115休。幕内最高優勝を3回するという結果を残し、2010年1月場所を最後に引退した。
基本的には九重部屋後援会メンバーしか受け付けていない朝稽古の見学だが、今回特別にのぞかせていただくことに。

相撲自体、生で見学するのは初めてだったのだが、目の前で繰り広げられる激しいぶつかり合い、まげが取れてもひたむきに相手へと立ち向かう姿など、見れば見るほど魅了された。

聞けば、ここにいる九重部屋の弟子たちは、ほとんどが10代〜20代前半の若者なんだそう。中学を卒業してすぐに、相撲部屋の門を叩く弟子もいるとか。
そんな弟子たちがぶつかり合う稽古も終盤に差し掛かったところで、九重親方に相撲部屋の環境や指導にかける想いについて伺った。

ランキング

ピックアップ