#神社仏閣の記事一覧

「大宮」の東側で懐かしい時間にタイムスリップする、よりみち散歩

埼玉県でもっともにぎわう都市、大宮。高島屋やSOGOなどの大きな商業施設が立ち並び、大宮駅には新幹線も含め14路線が乗り入れています。

そんな大宮は、ふたつある駅の出口「西口」「東口」がまったくと言っていいほど違う顔を持つのも特徴です。西口は近代的で、東口は下町な雰囲気を持っています。

大宮は私にとって故郷のような存在で、特に東側は幼い頃からの思い出が詰まっただいすきな場所。今回は、大宮駅東口をよりみち散歩してみます。

「水天宮前駅発、赤ちゃんまみれの散歩道」水天宮~人形町~浜町をいいとこ取りで歩く。

東京メトロ半蔵門線の水天宮前駅は、その名の通り安産祈願で有名な「水天宮」の最寄り駅です。リムジンバスで行く成田や羽田への空の玄関口「T-CAT(ティーキャット)」へも直結しています。江戸の昔から賑わう人形町や、隅田川に面した浜町も近く、見どころたっぷりのよりみち散歩ができます。

【柴又駅】おもちゃ博物館にレトロ喫茶!!下町柴又でホッコリお散歩♪

「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です」・・・と、思わず口にしたくなる「柴又」は、映画「男はつらいよ」の舞台、ロケ地としても知られています。“帝釈天”の周辺には、創業50年以上になるお土産店やレトロな飲食店が多く点在しており、街全体がノスタルジックな雰囲気。今回は、そんな下町柴又の『昭和の思い出』がギュッと詰まったスポットをご紹介します。

「赤坂見附駅発、江戸城外堀跡・歴史散歩」自然あふれる歴史スポットを行く。

赤坂見附駅は東京メトロ銀座線と丸ノ内線が停まり、さらには永田町駅にも接続しています。この2駅は同一駅扱いなので全部で5路線が乗り入れていることになります。
地上の赤坂見附交差点も五差路の上に立体交差が絡み合う複雑さです。かつて江戸城赤坂御門があったこの場所は、江戸の昔から交通の要所だったのでしょう。

「早稲田駅発、大人が憩う散歩道」学生気分で魅力発見、明治の文豪に思いを馳せよう!

早稲田駅は、私大の雄、早稲田大学のおひざもと。キャンパスは開放的で、誰でも出入りすることができます。また、周辺には学生街が形成され、安くてボリューム満点の飲食店がたくさんあります。趣のある古書店街も健在です。
東京メトロ東西線の早稲田駅からは、都内唯一の路面電車、都電荒川線(東京さくらトラム)の終点駅「早稲田停留場」も近いので都電の旅の起点にもいいですよ。

「明治神宮前駅発、パワースポットと表参道散歩」明治神宮御苑内の井戸は、今ならパワーを独り占め!

明治神宮前駅はその名の通り明治神宮への参拝に便利な駅。パワースポットブームも落ち着き、今ならそれほど並ばずに、明治神宮境内の清正井でパワーチャージ可能。
この駅は原宿・表参道観光にも便利だし、特に目的を決めずになんとなく歩いているだけでも知らないお店を見つけたりして、常に新しい発見があります。表参道ヒルズかいわいも日本人だけでなく訪日外国人もたくさん。人気のほどがうかがえます。

【麻布十番・六本木】麻布十番駅から六本木までブラ歩き!途中で立ち寄りたいスポット6つ!!

麻布十番といえば「麻布十番商店街」が思い浮かぶ人も多いと思いますが、今回は麻布十番駅から、六本木までぶらり散歩をします。その途中にある、よりみちにおススメの施設やお店をご紹介!最近運動不足だなぁと感じている方にもピッタリなウォーキングコースですよー!

アートな花見体験で春を楽しむ!「日本橋 桜フェスティバル〜新たに出会う、日本橋、八重洲、京橋〜」開催!

日本橋地域において2018年3月16日(金)から4月15日(日)の期間、一足早くアートなお花見を楽しめるイベント「日本橋 桜フェスティバル〜新たに出会う、日本橋、八重洲、京橋〜」が開催します。
日本橋には江戸桜通りや浜町緑道など古くから桜の名所が多く存在し、桜を愛でる文化が根付いています。5回目の開催となる今年は「アーティスティックに楽しむ、春。」をテーマとし、江戸の芸術文化である切り絵をモチーフにしたアートな花見体験や、桜をテーマにしたフォトジェニックなグルメ食べ歩き、音楽祭や絵画展といった連携アートイベントなどが実施されます。

【築地駅発、場外市場散歩】市場が移転しても築地は永遠におもしろい!

築地市場の移転が正式に決定しましたが、移るのは場内だけで場外の市場はそのまま残ります。狭い通りの両わきに魚介類、野菜、乾物など、ありとあらゆる食材を売る店がぎっしりと軒を連ねる場外市場。雑多で賑やかな市場は、訪日外国人にも人気です。
築地の歴史を伝える神社仏閣もあわせて巡り、国内外から人がやってくる街の魅力にぐぐっと迫りましょう。

「とうきょうスカイツリー駅発、ツリー足元の下町散歩」ツリーを見上げる街をぶらり歩く。

東京スカイツリーの開業に合わせて旧「業平橋」から「とうきょうスカイツリー駅」に駅名も一新。おしゃれなショップやレストランが並ぶ東京スカイツリータウンのエリアは、長らく東武鉄道の貨物駅だったところです。今や東京観光のシンボルの一つとなった東京スカイツリーですが、今回はあえて見落とされがちなツリーの“足元”周辺の寄り道スポットを散策です。

Banner

ランキング

ピックアップ