#美術館の記事一覧

箱根の岡田美術館で春を感じよう!「初公開 田中一村の絵画」展開幕 観る・聴く・味わう

箱根・小涌谷にある美の殿堂「岡田美術館」では、田中一村の生誕110年を記念した特別展「初公開 田中 一村の絵画 ― 奄美を愛した孤高の画家―」を開催中です。
ここでは田中一村の特別展を、より一層楽しむためのイベント情報をご案内いたします!

全て駅から徒歩10分以内! フォトジェニックから教養系まで揃う「両国」の楽しみ方

東京都墨田区にある両国駅。国技館や江戸東京博物館など、日本らしさを味わえるスポットが多く、毎日、国内外からたくさんの人が訪れています。そんな両国には、フォトジェニックなスポットや、楽しく芸術に触れられる施設があります。短時間でも楽しめる、両国駅周辺の素敵なスポットをご紹介します。

奄美を愛した孤高の天才画家「田中一村」の特別展が箱根の岡田美術館にて開催!

箱根の岡田美術館では、2018年4月6日(金)から9月24日(月・祝)まで、田中一村(たなかいっそん)(1908年〜1977年)の生誕110周年を記念し、特別展「初公開 田中一村の絵画―奄美を愛した孤高の画家―」を開催。
一村は、江戸時代の奇想の画家伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)と、画風や生き方が時代を超えて通じ合う点が多く、「昭和の若冲」とも称される画家です。50歳で奄美大島へ移住してからは、生涯最後を飾る絵を描くという決意のもと、亜熱帯の鳥や植物などを題材にして、生命力あふれる新しい日本画の世界を切り拓きました。生前は無名に等しかったものの、2010年に千葉市美術館で開催された「田中一村 新たなる全貌」展では、同館で過去最高の入館者数を記録するほど、人気と評価が高まりました。
本展では、「白花と赤翡翠(あかしょうびん)」、「熱帯魚三種」をはじめとする岡田美術館収蔵の一村作品を初公開し、最高傑作と名高い「アダンの海辺」(展示期間8/24〜9/24、個人蔵)を特別に展示します。奄美時代に制作された稀少な作品のほとんどは、奄美大島にある田中一村記念美術館か個人蔵であるため、奄美の地以外で鑑賞できる数少ない機会です。併せて、伊藤若冲や、東京美術学校の同級生であった東山魁夷(かいい)、一村が学んだ中国絵画、文人画などの名画を展示し、一村の世界を辿ります。

開館8周年イベントが三菱一号館美術館にて開催!プレゼント企画や限定メニュー販売

三菱一号館美術館は、4月6日(金)に開館8周年を迎えます。感謝の気持ちを込めて、8周年イベントが開催されます。この日限定のプレゼントやCafé 1894にて限定メニューの販売など、盛りだくさんの企画になっています。

「スヌーピーミュージアム」ついにお別れ!最後の展覧会「ともだちは、みんな、ここにいる。」開催!

2016年4月に開館し、2018年2月時点で約95万人の方が来場したスヌーピーミュージアムは、2018年9月、予定の期間を終え、閉館を迎えます。2018年4月21日(土)から 2018年9月24日(月・祝) の期間、いよいよ最終回の展覧会「ともだちは、みんな、ここにいる。」が開催します。

桜を描いた名作と、桜の名所「皇居・千鳥ケ淵」をあわせて楽しむ!「美術館の春まつり」、東京国立近代美術館にて開催!

東京国立近代美術館は皇居や千鳥ケ淵、北の丸公園といった桜の名所エリアに立地しており、散策で巡るにも絶好のロケーション。
展覧会では、桜が描かれた名作「行く春」「小雨ふる吉野」をはじめ、船田玉樹「花の夕」を収蔵後初公開します。名作を鑑賞し、評判のガイドプログラムに参加してその魅力に深く迫り、飲食も楽しめて、周辺散策ではリアルなお花見を・・そんな素敵な1日をお過ごしください。期間中の4月1日は無料観覧日で、年に1度の特別企画「春まつりトークラリー」も開催します。

まだ間に合う!箱根「岡田美術館」で開催中の日本陶磁の歴史の中で最も有名な「野々村仁清」と「尾形乾山」二大巨匠の名品一挙公開中!

箱根の岡田美術館では、2017年11月3日(金・祝)から2018年4月1日(日)まで、特別展「仁清と乾山 ―京のやきものと絵画―」を開催しています。

野々村仁清(ののむらにんせい)(生没年不詳)は、鮮やかな色絵陶器を完成させた人物とされ、「京焼の祖」とも言われています。仁清の作り出す端正で雅やかな器は、公家や大名家に重用されました。

一方、尾形乾山(おがたけんざん)(1663~1743)は、仁清に続いて京焼を発展させ、兄・光琳(こうりん)との合作の絵皿など、絵画とやきものを融合させた、これまでにない革新的な器を生み出しました。

本展では、重要文化財を含む岡田美術館収蔵の仁清と乾山の全作品を一堂に展示。この貴重な機会を体験していない方は4月1日までの開催なのでまだ間に合います!是非訪れてみましょう!

「六本木駅発、展望台と庭園散歩」六本木ヒルズと東京ミッドタウンを探検気分で散歩する。

2003年に六本木ヒルズ、2007年に東京ミッドタウンが誕生。戦後は進駐軍の街として発展した“夜”のイメージの街でしたが、ヒルズとミッドタウンという2大ランドマークのおかげで、昼も楽しい街に変貌を遂げました。
洗練されたショップやレストランがたくさんありますが、子連れでも楽しめる公園や庭園、ビルの中の緑化空間もありますよ!

植物モチーフのルドン作品が世界各地から集結 世界初の「ルドン―秘密の花園」展が三菱一号館美術館にて開催

三菱一号館美術館では2018年2月8日(木)〜5月20日(日)まで「ルドン―秘密の花園」展を開催します。オディロン・ルドン(1840-1916年)は、印象派の画家たちと同世代でありながら、幻想的な内面世界に目を向け、その特異な画業は、今も世界中の人の心を魅了して止みません。なかでも本展は植物に焦点をあてた、前例のない展覧会となります。

「外苑前駅発、スポーツと文化の街散歩」スタジアム周辺の穴場スポットを行く!

東京メトロ銀座線の外苑前駅を利用する人は、野球観戦に神宮球場、秩父宮ラグビー場や日本青年館を訪れる目的が多いのではないでしょうか。現在建設中の新国立競技場へもアクセス良好です。そんなスポーツと文化を集約したエリアの中で、知る人ぞ知る穴場スポットを巡ります。試合観戦や観劇の前後にぜひチェックしてみてください。

Banner

ランキング

ピックアップ