#重要文化財の記事一覧

国立博物館で縄文時代の「美」を体感する特別展「縄文」開催

2018年7月3日(火)~9月2日(日)、東京国立博物館の平成館で特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」が開催されます。本展は「縄文の美」をテーマに、時期や地域を超えた優品が集結し、1万年にわたる壮大な美のうねりを体感することができます。

歴史をたどる散歩、思わずよりみちしたくなる「雑司が谷」

こんにちは、かしみんです。

今回のよりみち散歩は、池袋駅と目白駅の間に挟まれた「雑司が谷」。そこには都会の騒がしさから離れ、ゆったりと時間が流れる空間が広がっていました。情緒あふれる街でよりみちし、歴史あるスポットを巡ってみては?

まだ間に合う!箱根「岡田美術館」で開催中の日本陶磁の歴史の中で最も有名な「野々村仁清」と「尾形乾山」二大巨匠の名品一挙公開中!

箱根の岡田美術館では、2017年11月3日(金・祝)から2018年4月1日(日)まで、特別展「仁清と乾山 ―京のやきものと絵画―」を開催しています。

野々村仁清(ののむらにんせい)(生没年不詳)は、鮮やかな色絵陶器を完成させた人物とされ、「京焼の祖」とも言われています。仁清の作り出す端正で雅やかな器は、公家や大名家に重用されました。

一方、尾形乾山(おがたけんざん)(1663~1743)は、仁清に続いて京焼を発展させ、兄・光琳(こうりん)との合作の絵皿など、絵画とやきものを融合させた、これまでにない革新的な器を生み出しました。

本展では、重要文化財を含む岡田美術館収蔵の仁清と乾山の全作品を一堂に展示。この貴重な機会を体験していない方は4月1日までの開催なのでまだ間に合います!是非訪れてみましょう!