新着記事

建築家「隈研吾」の国内にある代表的な建築作品5選!

日本を代表する建築家「隈研吾」。新国立競技場のデザインを手掛けた建築家として、聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

土地の環境や文化に溶け込むことを目指した「負ける建築」「自然な建築」など独自の理念を持っており、木材などの日本古来の素材を活かた「和」をイメージしたデザインが特徴的です。

隈研吾氏は国内だけでなく世界各国で活躍しており、これまでに20ヶ国以上の国々で建築を設計しています。今回は国内にある隈研吾の代表的な建築作品5選をご紹介します。

暑さ吹き飛ぶ!中国・四国のひまわりの名所・見頃おすすめ5選

夏の花の代表として誰もが真っ先に思い浮かべるのがひまわり。ひまわりが畑の中で一斉に太陽の方向を向いて黄色い花を咲かせる様子には息を飲み、その時間だけ暑さのことは忘れてしまいますよね。

今回は、中国・四国のひまわりのおすすめの名所や見頃を5つご紹介します!

暑さ吹き飛ぶ!九州・沖縄のひまわりの名所・見頃おすすめ5選

夏の花の代表として誰もが真っ先に思い浮かべるのがひまわり。ひまわりが畑の中で一斉に太陽の方向を向いて黄色い花を咲かせる様子には息を飲み、その時間だけ暑さのことは忘れてしまいますよね。

今回は、九州・沖縄地域のひまわりのおすすめの名所や見頃を5つご紹介します!

夏の朝に見に行こう!関西の蓮や睡蓮の名所・見頃おすすめ5選

初夏から見頃を迎えてくる蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)。どちらも同じ水生の植物ですが、おおまかな違いを2つ挙げると、蓮の花は水面から茎をのばし高いところで咲き、睡蓮は水面近くで花を咲かせること。また、蓮の葉には切れ込みはありませんが、睡蓮の葉には切れ込みがあります。

そんな蓮と睡蓮、種類にもよりますが、見頃の時間帯はともに朝~午前中が多いです。今回は、気持ちのいい初夏~夏の朝に見に行けそうな、関西の蓮や睡蓮の名所・見頃のおすすめを5つご紹介します!

建築家「安藤忠雄」の国内にある代表的な建築作品5選!

日本を代表する建築家「安藤忠雄」。建築に詳しくない人でも、名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。安藤忠雄氏は国内だけでなく世界各国で活躍しており、住宅や教会、美術館、商業施設など多くの作品を生み出しています。今回は国内にある安藤忠雄の代表的な建築作品から5選をご紹介します。

夏の朝に行く!中国・四国の蓮や睡蓮の名所・見頃おすすめ5選

初夏から見頃を迎えてくる蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)。どちらも同じ水生の植物ですが、おおまかな違いを2つ挙げると、蓮の花は水面から茎をのばし高いところで咲き、睡蓮は水面近くで花を咲かせること。また、蓮の葉には切れ込みはありませんが、睡蓮の葉には切れ込みがあります。

そんな蓮と睡蓮、種類にもよりますが、見頃の時間帯はともに朝~午前中が多いです。今回は、気持ちのいい初夏~夏の朝に見に行けそうな中国・四国の蓮や睡蓮の名所・見頃のおすすめを5つご紹介します!

夏の朝に行く!九州・沖縄の蓮や睡蓮の名所・見頃おすすめ5選

初夏から見頃を迎えてくる蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)。どちらも同じ水生の植物ですが、おおまかな違いを2つ挙げると、蓮の花は水面から茎をのばし高いところで咲き、睡蓮は水面近くで花を咲かせること。また、蓮の葉には切れ込みはありませんが、睡蓮の葉には切れ込みがあります。

そんな蓮と睡蓮、種類にもよりますが、見頃の時間帯はともに朝~午前中が多いです。今回は、気持ちのいい初夏~夏の朝に見に行けそうな、九州・沖縄地域の蓮や睡蓮の名所・見頃のおすすめを5つご紹介します!

梅雨が楽しみに!北海道・東北の花菖蒲の名所・見頃おすすめ5選

梅雨は雨の日が続き毎日ジメジメとして、どうしても外出しづらい時季。でも、梅雨時期に見ごろを迎えるお花もあります。その中の一つが花菖蒲。花菖蒲の魅力は、その凛とした美しさ。
ここでは、北海道・東北地方でその美しさを楽しめる花菖蒲の名所・見頃を5つご紹介します!

バラのフォトコンテストに参加しよう!!ロコナビで「バラの名所」投稿コンテストを開催中!

日本国内の素敵な「バラ」と「撮影場所」を募集。誰もが知っている場所はもちろんのこと、あなたしか知らない隠れた名所まで!みなさんのバラの思い出や写真を沢山お待ちしています!

甲信越・北陸で見たいポピーの花畑の名所・見頃おすすめ5選!

春はさまざまな花が咲き誇る季節。その中でも花畑一面に咲くポピーの光景は壮観です。
そんなポピーの季節は、桜の季節も過ぎ、陽気もぽかぽかとしてくる頃。
今回ご紹介するのは、そんなポピーの名所や見頃5つ。春の陽気に誘われて訪れる名所だけでなく、高地に咲くため夏ごろに見頃を迎える「幻の花」ブルーポピーの名所もご紹介します。

Banner